ドライブデートにオススメ!山形夜景スポット10選

山形県は東北地方の中でも、山や高台から観賞できる夜景スポットが多く、山梨の甲府盆地に近いイメージのパノラマ夜景が楽しめます。車で訪問できる場所が中心ですが、車内から夜景を見れるスポットも多く、ドライブやデートにもおすすめ。今回は夜景INFOで紹介する20ヶ所以上の夜景スポットから、厳選して10ヶ所を紹介。

1. 西蔵王公園 展望広場

山形市内の夜景を一望できる整備された展望広場
日没直後に山形市内を一望する
日没直後に山形市内を一望する

山形県内で最も有名な夜景スポット。西蔵王公園には展望ポイントがいくつかありますが、中でも展望広場は最も環境が整っていて、雰囲気が良くてデートにもおすすめ。山形市内の大パノラマの美しさは誰もが圧倒されることでしょう。車内からはそれほど夜景が見えませんが、ベンチに座ってゆったりと夜景を楽しむのがおすすめ。

■所在地:山形県山形市岩波  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nishizaoutenbou/

2. 市道三本木線 展望所

山形市内を一望できるアクセスに優れた展望所
山形市内の夜景を望む(西方向)
山形市内の夜景を望む(西方向)

山形市内中心部から西蔵王公園 展望広場に向かう途中にある展望台で、市街地からアクセスしやすい場所にあり、夜景も美しく、ドライブデートにおすすめの展望台。フェンスが視界を少し遮るものの、車内からも夜景を見れるのも嬉しいポイント。

■所在地:山形県山形市中桜田  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shidousanbongi/

3. 悠創の丘

山形市内を中心とした夜景を眺める雰囲気に優れた広場
山形市内を一望する(西方向)
山形市内を一望する(西方向)

山形市内の夜景スポットの中でも特に雰囲気が優れており、丘の上にはビューポイントが点在。おすすめは駐車場の最前列で、フロントガラス越しに山形市内のパノラマ夜景が広がります。もちろんベンチに座っての夜景観賞もおすすめ。ただし、22時以降は訪問できないので(2021年9月時点)、訪問する時間には注意しましょう!

■所在地:山形県山形市上桜田366  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yusonooka/

4. ふれあい展望台

山形市内を中心とした夜景を楽しめる展望台
山形市内の夜景を一望する
山形市内の夜景を一望する

山形市内中心部から車で30分ほど離れた場所にあり、アクセスは少々時間がかかりますが、遠くから眺める山形のパノラマ夜景は格別の美しさ。遠くは天童市方面も見渡せるぐらい眺望に優れています。駐車場に車を停めれば、フロントガラス越しに夜景が見渡せるのもポイント。

■所在地:山形県山形市村木沢  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fureaitenboudai/

5. 花咲山展望台

恋人の聖地にも認定された上山市街地を眺められるビューポイント
上山温泉街を中心とした夜景
上山温泉街を中心とした夜景

恋人の聖地にも選定された花咲山展望台は、市街地との距離が近く、大パノラマ夜景を楽しめます。道が狭いため、アクセスが少々大変ですが、プロポーズにふさわしい雰囲気の中で夜景をゆったりと楽しめます。運転に慣れている方向けのスポットになりますが、夜景自体のスケールは充分にあるので、ちょっと遠方からでも訪れる価値は充分にありますよ。

■所在地:山形県上山市河崎  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hanasakiyama/

6. 御成山公園

米沢市内の夜景を車内から眺められる展望公園
米沢市を中心とした夜景(東方向)
米沢市を中心とした夜景(東方向)

桜の名所としても知られている公園で、市街地からも比較的アクセスがしやすいことから、昼間はもちろん夜間も訪れる人の姿が目立ちます。展望台からは南陽市の夜景を見渡せますが、街との距離が比較的近いため、見ごたえのある夜景が楽しめます。

■所在地:山形県米沢市大字舘山御成山1783  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/onariyama_park/

7. 蔵王みはらしの丘公園 展望台

新興住宅地の夜景を一望できる開放感ある公園
みはらしの丘の住宅街の夜景
みはらしの丘の住宅街の夜景

「蔵王みはらしの丘」と呼ばれる閑静な新興住宅地にある公園で、見晴らしが良く、開放感もあって、夜景を見ながら静かに語り合ったりするシチュエーションにおすすめ。展望台はライティングされていて雰囲気も抜群。駐車場が夜20時に閉まる(2021年9月時点)ので、20時以降の訪問はミュージアムパークの駐車場(徒歩約4分)がおすすめ。

■所在地:山形県山形市みはらしの丘2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/zao_miharashi/

8. 霞城セントラル 展望ロビー

360度の夜景が楽しめる無料開放された展望ロビー
霞城公園と山形市役所方面の夜景(北東方向)
霞城公園と山形市役所方面の夜景(北東方向)

山形駅の西側にある超高層ビルで、24階が展望ロビーとして無料開放されていて、エレベーターホールと展望ロビーの2箇所からは360度の夜景が楽しめます。展望ロビーは23時まで営業していて、夜遅くでも夜景が楽しめるのが嬉しいポイント。夜景のスケールも大きく、山形県で唯一の屋内型夜景スポットと言えそう。

■所在地:山形県山形市城南町1丁目1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:7:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kajo/

9. 寒河江公園 展望広場

寒河江市内の夜景が一望できる公園の展望広場
寒河江市内の住宅街の夜景(南東方向)
寒河江市内の住宅街の夜景(南東方向)

つつじや桜の名所として知られる公園で、公園の中心にある駐車場の横が展望広場になっていて、広場はもちろん、駐車場の最前列に車を停めれば、フロントガラス越しに夜景を楽しめます。夜景のスケールは控えめですが、公園は開放感があって雰囲気も良いので、夜景デートにもおすすめ。

■所在地:山形県寒河江市大字寒河江  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sagae_tenbo/

10. 楯山公園

最上川を中心に大江町の夜景が楽しめる公園
寒河江市内西部の夜景(南方向)
寒河江市内西部の夜景(南方向)

別名日本一公園とも呼ばれる公園で、大江町では絶景スポットとして紹介されています。駐車場から展望台までは少し歩きますが、展望台からは最上川を中心に大江町の夜景が広がります。光量は控えめですが、落ち着きある夜景が楽しめます。ベンチもあるので、夜景を見ながら語り合うのも良さそう。

■所在地:山形県大江町大字左沢  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tateyama_park/

夜景とは関係の無い話題ですが、遠方から山形県に出かけることがあれば、とんかつのローカルチェーン店の「とん八」がおすすめ!とんかつが美味しいのはもちろん、値段も手頃できっと満足しますよ!
















【保存版】飛行機夜景が美しい空港の展望デッキ10選

多くの空港には展望デッキ(送迎デッキ)があり、飛行機や街明かりを見渡せる場所が多いです。そこで、今回は全国の空港で特に夜景がキレイな場所をピックアップ。空港で待ち時間を有意義に使ったり、デートで空港夜景を楽しんでみてはいかが?

1. 新千歳空港ターミナルビル 展望デッキ

離着陸する飛行機が見渡せる道内最大の空港
ANAの飛行機を望む
ANAの飛行機を望む

千歳市と苫小牧市にまたがる空港で、北海道の玄関として機能しています。ターミナルビルはレストランやお土産店だけでなく、温泉施設なども充実しており、搭乗客以外も楽しめる施設となっています。展望デッキは開放時期が限られますが、滑走路や飛行機を中心とした夜景も楽しめます。

■所在地:北海道千歳市美々  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:8:00~20:00 ※12月~3月の冬期間は閉鎖
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinchitose/

2. 仙台空港

スマイルテラスから望む美しい滑走路のライトアップ
展望デッキからトワイライトタイムの夜空を望む
展望デッキからトワイライトタイムの夜空を望む

東北地方の玄関である仙台空港は、国内線だけでなく国際線も就航しているため、ターミナルビルの規模感も大きく、展望デッキも整備されています。スマイルテラスと呼ばれる展望デッキからは仙台市内の夜景や離着陸する飛行機を眺められ、雰囲気も良いのでカップルにもおすすめ。

■所在地:宮城県名取市下増田字南原  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6:45~20:00まで ※悪天候により閉鎖する場合もあり
■注意点:展望デッキにトイレは併設されていません
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sendai_airport/

3. 羽田空港 第1旅客ターミナル 展望デッキ

滑走路だけでなく、富士山・横浜方面も見渡せる展望デッキ
都心方面の夜景とJALの航空機
都心方面の夜景とJALの航空機

JALを中心とした飛行機の滑走路がある 第1旅客ターミナル。6階と屋上階が展望デッキとなっており、22時まで開放されています。西向きに視界が広がることから、夕暮れの景色も美しく、天気が良ければ富士山が見えることも。遠くは横浜ランドマークタワーが見えるほど奥行きがあり、見応えのある夜景が楽しめますよ。

■所在地:東京都大田区羽田空港3-3-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6:30~22:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport1/

4. 羽田空港 第2旅客ターミナル 展望デッキ

滑走路だけでなく東京湾の夜景も眺められる展望デッキ
ANAの飛行機と東京湾を望む
ANAの飛行機と東京湾を望む

ANAの飛行機側となる第2旅客ターミナルにも22時まで開放された展望デッキがあり、国際線ターミナルと並んで雰囲気は抜群。同じ5階には「FLIGHT DECK TOKYO」と呼ばれる屋内の展望フロアがあり、寒さを気にせずに夜景が楽しめます。

■所在地:東京都大田区羽田空港3-3-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6:30~22:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport2/

5. 羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ

国際線の滑走路と東京夜景が眺められる羽田の新名所
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む

3つのターミナルにある展望デッキの中でも唯一24時間開放されているのが、国際線の展望デッキ。国内線と異なり、様々な国や地域の機体を眺められ、雰囲気も抜群。北東方向の視界が広がることから、東京都心も見渡せ、東京スカイツリーや東京タワーも見えるほど。時間を気にせず、ドライブデートの途中に気軽に訪問できるのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24時間営業(通常時)
■注意点:展望デッキは特別な行事などがある際に閉館する場合があるそうです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport3/

6. セントレア スカイデッキ

伊勢湾の夜景から滑走路の明かりまで楽しめる展望デッキ
国内線滑走路と飛行機を望む(北西方向)
国内線滑走路と飛行機を望む(北西方向)

日本国内の空港で最も滑走路に近づける展望デッキとして知られているセントレア。長さが約300mと広大なデッキは開放感があり、フェンス越しに離着陸する飛行機や伊勢湾方面の街明かりが見渡せます。冬にはイルミネーションも施されるようなので、夜景デートにもおすすめ。

■所在地:愛知県常滑市セントレア1丁目1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:7:00~21:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/centrair/

7. 関空展望ホール スカイビュー

ライトアップされた美しい滑走路と飛行機を一望
日没後に空港ターミナルビル方向を望む
日没後に空港ターミナルビル方向を望む

関西国際空港の手前に「展望ホール」があり、ターミナルビルとは建物が別れています。展望ホールからは空港の滑走路や離着陸する飛行機を見渡せ、空港とは距離がありますが、滑走路が宝石のように光り輝くのも特徴です。

■所在地:大阪府泉佐野市泉州空港北1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kansai_airport/

8. 伊丹空港 展望デッキ ラ・ソーラ

全長400mに及ぶデッキから楽しめる空港夜景
南デッキから滑走路を眺める1
南デッキから滑走路を眺める1

丹空港の展望デッキは全長400m・総面積7,700平方メートルと国内の空港の展望デッキの中では最大規模のスケールとなります。2018年以降にリニューアルされた開放感あるデッキからは、滑走路や伊丹市内の夜景を見渡せます。

■所在地:大阪府豊中市螢池西町3-555  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(最終入場時間21:30)
■注意点:年中無休
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/osakaairport/

9. 神戸空港 展望庭園

神戸夜景を見渡せる開放感ある展望庭園
飛行機と滑走路を見渡す
飛行機と滑走路を見渡す

愛称「マリンエア」で親しまれている神戸空港。スカイマークが主に運航しています。神戸市が運営する小規模な地方空港ですが、屋上階には展望庭園があり、街明かりと距離はあるものの、北向きは神戸市街地の夜景、南向きは間近に滑走路や飛行機が見渡せます。寒い時期は3Fにあるスカイコートからの観賞もおすすめ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区神戸空港1丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_airport/

10. 福岡空港国内線 送迎デッキ

福岡市街地の夜景と滑走路を眺められる整備された送迎デッキ
飛行機と滑走路を望む
飛行機と滑走路を望む

福岡空港は、福岡市街地からも近く、地下鉄でアクセスできるほど利便性に優れています。送迎デッキからは飛行機と国際線ターミナルが見渡せ、展望室も設けられているため、寒さを気にせず夜景を楽しめるのも嬉しいポイント。

■所在地:福岡県福岡市博多区大字下臼井  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:7:00~21:30
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fukuokaairport_kokunai/

今回は主要都市の空港をピックアップしましたが、地方都市にも夜景のキレイな空港があるはずなので、旅行のついでにも是非足を運んでみてくださいね。
















夜景デートにおすすめ!仙台・名取の夜景スポット7選

東北最大の人口を有し、唯一の政令指定都市である仙台市。仙台市・名取市周辺には高層ビルだけでなく、眺望の優れた公園が充実していて、ドライブをしながら夜景が楽しめるスポットも多々あります。そこで今回は、仙台・名取のおすすめ夜景スポットをセレクト。

1. SS30

仙台市街地の夜景を間近で観賞できる眺望に優れた展望スペース
仙台駅方面を望む(北東方向)
仙台駅方面を望む(北東方向)

SS30はオフィスやレストランが入居する高層ビルで、28階から30階はレストランフロアになっており、30階の南側には無料開放された展望施設があります。仙台市街地を中心に夜景が見渡せ、光量もスケールも東北最大級と言えます。ディナーと合わせて夜景を楽しむプランも良さそうです。

■所在地:宮城県仙台市青葉区中央4-6-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ss30/

2. 青葉城址

仙台市内の夜景を一望できる観光名所
仙台市内の夜景を一望する(北東方向)
仙台市内の夜景を一望する(北東方向)

伊達政宗が築城した青葉城(仙台城)の跡地として知られている公園で、昼間は観光客で賑わい、夜はカップルで賑わいます。仙台市街地を中心とした眺めが素晴らしく、ゆったりと夜景を楽しめます。時間帯によっては伊達政宗像がライトアップされ、記念撮影を楽しむ人の姿も目立ちます。

■所在地:宮城県仙台市青葉区川内  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aobacastle/

3. 愛宕神社

仙台総鎮守としても知られる夜景名所
仙台駅方面の夜景(北方向)
仙台駅方面の夜景(北方向)

神社の敷地内に小さな展望デッキがあり、仙台の高層ビル群を中心とした夜景が見渡せます。市街地と比較的距離が近いこともあり、光量ある夜景を楽しめます。夜間は駐車場が閉鎖されてしまうので、地下鉄南北線の愛宕橋駅から15分前後歩いて訪問するコースも検討の余地がありそう。

■所在地:宮城県仙台市太白区向山4-17-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/miyagiatago_shrine/

4. AER

仙台の市街地を観賞できる無料開放された展望テラス
東北本線と仙台の市街地を見下ろす(東方向)
東北本線と仙台の市街地を見下ろす(東方向)

高層ビルの31階に無料開放された展望テラスがあり、仙台駅周辺の夜景が見渡せます。デッキは開放感があり、夜風を浴びながら夜景を楽しめます。仙台駅から徒歩圏にあり、アクセスも良いので車を持たない学生や観光客にもおすすめ。

■所在地:宮城県仙台市青葉区中央1-3-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望テラス営業時間 10:30~20:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aer/

5. 海の見える丘公園

仙台市街地を中心とした夜景を眺められる展望公園
名取川を中心とした夜景(北方向)
名取川を中心とした夜景(北方向)

近隣住民の憩いの場として整備された公園で、プロムナードを歩いた先に展望広場があり、仙台・名取の夜景を広範囲に見渡せます。雰囲気も良く、カップルにもおすすめ。なお、駐車場はありますが、夜間は閉鎖されるようなのでご注意を。

■所在地:宮城県名取市ゆりが丘5-100  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/uminomieruoka_park/

6. 仙台空港

スマイルテラスから望む美しい滑走路のライトアップ
展望デッキからトワイライトタイムの夜空を望む
展望デッキからトワイライトタイムの夜空を望む

東北地方の玄関である仙台空港は、国内線だけでなく国際線も就航しているため、ターミナルビルの規模感も大きく、展望デッキも整備されています。スマイルテラスと呼ばれる展望デッキからは仙台市内の夜景や離着陸する飛行機を眺められ、雰囲気も良いのでカップルにもおすすめ。

■所在地:宮城県名取市下増田字南原  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6:45~20:00まで ※悪天候により閉鎖する場合もあり
■注意点:展望デッキにトイレは併設されていません
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sendai_airport/

7. 那智が丘

仙台市内・名取市内を一望できる住宅街の奥にある展望台
仙台・名取方面の夜景を一望する
仙台・名取方面の夜景を一望する

名取市内では有名な夜景スポットで、付近に駐車場が無いため、アクセスは少々困難ですが、遠くは仙台方面が見渡せるほど視界が広く、自然に囲まれて夜景を楽しめます。真っ暗な階段を少し上るため、動きやすい服装だと安心です。なお、周囲が住宅街なので、深夜の訪問は控えて、静かに夜景を楽しみましょう。

■所在地:宮城県名取市高舘熊野堂  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nachigaoka/

宮城県には岩沼市や気仙沼市などにも夜景の美しい場所があるので、機会があれば是非足を運んでみてくださいね。












新潟のドライブ&デートにオススメ夜景10選

本州の日本海側で唯一の政令指定都市がある新潟県。新潟市を中心に夜景スポットが充実しており、弥彦山も含めると山間部、市街地、工場と幅広いシチュエーションの夜景が楽しめます。そこで、今回は新潟市&弥彦村でおすすめの夜景スポットを10ヶ所セレクト。

1. 朱鷺メッセ Befcoばかうけ展望室

日本海側でも随一の高さを誇る展望室からの夜景
日没後に信濃川と万代橋方面を望む(南西方向)
日没後に信濃川と万代橋方面を望む(南西方向)

日本海側では随一の高さを誇る朱鷺メッセ。地上約125mの高さに展望室があり、信濃川を眼下に新潟市内の街明かりが広がります。日本海側最大の都市だけあって、光量も多く、見ごたえのある夜景が楽しめます。ただし、室内が明るいため窓ガラスに映り込みがしやすいので、なるべく窓に近づいての観賞がおすすめ。

■所在地:新潟県新潟市中央区万代島5-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望室開館時間 [通常]8:00〜22:00(最終入場 21:30) [金曜]8:00〜17:00(最終入場 16:30) ※都合により休館する場合あり
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokimesse/

2. 朱鷺メッセ エスプラナード&リバーフロントパーク

朱鷺メッセに隣接した雰囲気の優れた遊歩道
リバーフロントパークと夜景
リバーフロントパークと夜景

朱鷺メッセに隣接するエスプラナード&リバーフロントパークはからは、信濃川に架かる柳都大橋や対岸の街明かりが見渡せ、フットライトで照らされた遊歩道は雰囲気も抜群。展望室で夜景を見たあとに、散歩を楽しんでみてはいかが?

■所在地:新潟県新潟市中央区万代島5  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokimesse-park/

3. メディアシップ 展望フロア

新潟市内の夜景を360度見渡せる展望施設
朱鷺メッセ方面の夜景
朱鷺メッセ方面の夜景

2013年に竣工された新しい高層ビルで、最上階(20F)に展望回廊が設けられています。無料とは思えないほど雰囲気が良く、朱鷺メッセに比べて高度は低くなりますが、街明かりと近いため、迫力ある夜景が楽しめます。なお、写真撮影をされる方は、三脚の利用が禁止されているのでご注意を。

■所在地:新潟県新潟市中央区万代3丁目1−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:8:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/mediaship/

4. NEXT21

新潟市街地を中心とした夜景を眺められる展望ラウンジ
新潟市中心部を望む
新潟市中心部を望む

朱鷺メッセ、メディアシップと並ぶ新潟市内の三大高層ビルと言えるNEXT21は公共施設と商業施設が入居した複合ビルであり、19階には無料で入場できる展望ラウンジが設けられています。ラウンジからは新潟駅方面を中心に市街地の夜景を見渡せ、照明が控えめなので夜景もキレイに見えます。夜遅くまで営業しているのも嬉しいポイントです。

■所在地:新潟県新潟市中央区西掘通六番町866  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:30まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/next21/

5. やすらぎ堤(左岸)

萬代橋などのライトアップが美しいリバーサイド
メディアシップと萬代橋
メディアシップと萬代橋

信濃川の両岸に整備されたやすらぎ堤は、左岸と右岸で景色が異なり、左岸からはメディアシップや万代シテイ、高層マンションの明かりが見渡せます。雰囲気も良く、夜間でも安心して夜景を楽しめるでしょう。

■所在地:新潟県新潟市中央区下大川前通5ノ町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yasuragitei-left/

6. やすらぎ堤(右岸)/万代テラス

萬代橋のライトアップが見渡せる整備されたテラス
やすらぎ堤の雰囲気
やすらぎ堤の雰囲気

信濃川の両岸に整備されたやすらぎ堤の右岸には「万代テラス」があり、ライトアップされた萬代橋やホテルオークラ方面の夜景が見渡せます。テラスにはベンチが設けられており、ゆったりと夜景を観賞できます。メディアシップからも近いため、展望回廊で夜景を鑑賞した後に散歩しながら訪れるコースもおすすめ。

■所在地:新潟県新潟市中央区万代3丁目3  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yasuragitei-right/

7. 弥彦山頂公園

燕市・三条市の夜景が見渡せる新潟県内最大級の夜景
燕市・三条市の夜景
燕市・三条市の夜景

弥彦山の太平公園と並んで、スケール感ある夜景が楽しめますが、駐車場から真っ暗な道を7分ぐらい歩くため、懐中電灯と動きやすい服装が欠かせません。ロープウェイの夜間営業時期以外は訪問するハードルが少し高いですが、三条市方面の夜景が美しく、多少の苦労をしてでも訪問する価値は充分にありそうです。

■所在地:新潟県新潟市西蒲区間瀬  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:弥彦山スカイラインの営業時間は23時まで (冬期は通行止め)
■注意点:駐車場からの階段は足元が滑りやすいので注意
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yahiko-park/

8. 弥彦山 太平公園

三条市の夜景を一望できる県内有数のドライブ名所
三条市の夜景を一望(南東方向)
三条市の夜景を一望(南東方向)

弥彦山スカイラインは総延長13.7kmの無料開放されたドライブウェイで、昼間は多くの観光客や家族連れで賑わいます。駐車場から暗い山道を5分ほど歩くと開放感ある広場にたどり着き、三条市内を中心としたパノラマ夜景を楽しめます。途中の道は真っ暗なので、懐中電灯をお忘れなく。

■所在地:新潟県弥彦村弥彦  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:弥彦山スカイラインは23:00まで通行可 ※12月1日~3月31日(雪融け)まで通行止
■注意点:二輪車は全線終日通行止め。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yahikoyamatubame/

9. 大山ポンプ場(フレスポ赤道)

旭カーボンの工場夜景を楽しめるベストポイント
旭カーボンを間近に望む
旭カーボンを間近に望む

旭カーボンの工場夜景を間近で眺められるビューポイントとして有名で、新潟市はもちろんのこと、新潟県内を代表する工場夜景スポットと言っても過言ではありません。フレスポ赤道の裏手にあり、真っ暗な道を歩きますが、目の前に広がる工場の明かりには、誰もが圧倒されるはずです。もちろん工場夜景撮影スポットとしてもおすすめ。

■所在地:新潟県新潟市東区上王瀬町1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/frespo-akamichi/

10. 大山台公園

工業地帯と住宅地の明かりが360度見渡せる公園
北越コーポレーション方面の夜景
北越コーポレーション方面の夜景

どこにでもありそうな、住宅地にある近隣住民向けの公園ですが、展望台からの見晴らしが良く、360度のパノラマ夜景が楽しめます。街明かりは少ないものの、遠くの方に工場が見えるため、工場夜景スポットとしても楽しめそうです。付近に駐車場が無いため、訪れるのはちょっと大変ですが、他の夜景スポットと合わせての訪問もおすすめ。

■所在地:新潟県新潟市東区大山2丁目13  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ooyamadai-park/

新潟市内に限らず、長岡や魚沼にも夜景スポットがあり、上越や糸魚川には工場夜景スポットも多数あるので、県内の他の夜景スポットにも興味があれば「夜景INFO(新潟県)」でも探してみてくださいね。
















富士山+夜景が美しいスポット12選(静岡・山梨・神奈川編)

富士山が見えるビュースポットは関東・静岡県・山梨県等に数え切れないほどありますが、夜景と一緒に見える場所となると数は限られます。そこで今回は、静岡県・山梨県・神奈川県で富士山と夜景をキレイに見渡せるスポットを厳選して紹介します。

1. ふじのくに田子の浦みなと公園

富士山のシルエットと漁港の夜景が楽しめる公園
富士山のシルエットと田子の浦港の夜景(北方向)
富士山のシルエットと田子の浦港の夜景(北方向)

田子の浦の漁港近くに整備された公園で、富士市を代表する工場夜景スポットとしても高い認知度を誇ります。展望台からは天気が良ければ富士山を中心にセメント工場や製紙工場の明かりも見渡せます。休日の夕方は混雑することが多いので、平日が狙い目。

■所在地:静岡県富士市前田  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tagonoura/

2. 日本平ホテル スカイテラス

トワイライトタイムの富士山と夜景が美しいテラス
富士山と清水区の夜景を望む(北東方向)
富士山と清水区の夜景を望む(北東方向)

静岡市の観光名所である日本平にある日本平ホテルは2012年10月に全面リニューアルされ、美術館のような雰囲気のホテルになっています。ホテルの6階にあるスカイテラスからは富士山と清水港を見渡せ、雰囲気も抜群。ホテルのレストランからも富士山が眺められるので、絶景と共に食事を楽しむプランも良さそう。

■所在地:静岡県静岡市清水区馬走1500-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:19時頃(不定)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nihondaira_hotel/

3. 薩捶峠

富士山と光跡夜景を眺められる絶景ポイント
遠くに富士山を望む
遠くに富士山を望む

東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置する峠で知られており、東名高速道路と国道1号線が交差する交通の要になっています。さった峠には展望台があり、天気が良ければ富士山と往来する車を観賞できます。写真撮影スポットとしても人気があり、富士山が見える日は写真愛好家で混雑しますが、真っ暗になると混雑感は無くなるはずです。なお、駐車場までは険しい道が続くので、初心者ドライバーは特に注意して運転しましょう。

■所在地:静岡県静岡市清水区由比西倉澤  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/satta_touge/

4. 無線塔下駐車場

車内から沼津市や駿河湾方面の夜景を楽しめる穴場スポット
富士山と沼津方面の夜景(西方向)
富士山と沼津方面の夜景(西方向)

伊豆スカイラインの無線塔下駐車場は、案内板が無いため見落としてしまいそうな場所にありますが、駐車場からの眺めが良く、沼津市内を中心とした夜景と天気が良ければ富士山も見渡せます。車内からも夜景を楽しめるので、夕暮れから訪れて富士山と夜景を楽しむのもおすすめ。

■所在地:静岡県熱海市熱海  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/musentou_parking/

5. 三国峠

芦ノ湖スカイラインで最も視界が開ける展望台
富士山と御殿場市方面の夜景(北西方向)
富士山と御殿場市方面の夜景(北西方向)

1962年に開通した芦ノ湖スカイラインは富士山を見渡せるドライブウェイとして人気があり、三国峠やフジビューから駿河湾の夜景と富士山を見渡せます。なお、営業時間が早いため、訪問する場合は日没の時間を確認してからでかけましょう。

■所在地:静岡県裾野市深良  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/mikunitouge/

6. 誓いの丘

富士山のシルエットと小山町の夜景が美しい整備された丘
富士山と誓いの鐘(北西方向)
富士山と誓いの鐘(北西方向)

「金太郎ふじみライン」に富士山が見渡せるポイントがいくつかあり、富士山の撮影スポットとしても知られる誓いの丘は特におすすめです。広場には誓いの鐘が設置されていて、カップル向けのスポットとも言えます。駐車スペースからも夜景が見えるので、プライベート空間で夜景を楽しむのも良さそうですね。

■所在地:静岡県小山町竹之下  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chikai_hills/

7. 乙女峠

富士山と御殿場の夜景が楽しめる峠道
御殿場方面の夜景(西方向)
御殿場方面の夜景(西方向)

静岡県御殿場市と神奈川県箱根町の境に位置する乙女峠からは、天気が良ければ御殿場方面の街明かりと富士山のシルエットが楽しめます。車を停めて数分程度、暗い道を歩く必要があるため、できるだけ夕暮れから訪れ、懐中電灯を忘れないようにしましょう。

■所在地:静岡県御殿場市深沢  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/otometouge/

8. 新倉山浅間公園

富士山と富士吉田市の夜景を観賞できる絶景スポット
忠霊塔と富士山を望む(南西方向)
忠霊塔と富士山を望む(南西方向)

桜の名所としても知られる新倉山浅間公園ですが、天気が良ければ正面に富士山が見えることから、外国人観光客にも写真愛好家にも人気があるようで、週末は大変混雑します。日没後の忠霊塔のライトアップと富士山のシルエットが美しく、遠くからでも訪れる価値が十分にあります。

■所在地:山梨県富士吉田市新倉3353-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakura_sengen/

9. パノラマ台

富士山と山中湖を見渡せる絶景ビュースポット
富士山と山中湖を望む(西方向)
富士山と山中湖を望む(西方向)

パノラマ台は、富士山と山中湖を眺望できる絶好のロケーションで、特に休日は多くの写真・カメラ愛好家で賑わいます。街明かりは少ないものの、天気が良い日は富士山がきれいに見えます。

■所在地:山梨県山中湖村平野  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fuji_panorama/

10. チェックメイトC.C.

神奈川県内トップレベルの夜景が観賞できる穴場スポット
富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)
富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)

チェックメイトカントリークラブへ向かう途中の道路がビューポイント。大井町や小田原方面の夜景が視界一面に広がり、車を停めて夜景を楽しむカップルの姿が目立ちます。パノラマ系の夜景スポットの中では県下最大級で、週末にもなると大勢の人であふれかえるほど。神奈川で夜景ドライブをするなら一度は訪問しておきたい。

■所在地:神奈川県松田町松田惣領3033-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/checkmatecc/

11. ヤビツ峠 菜の花台

秦野・松田町を中心に夜景が見渡せる定番の夜景スポット
夕暮れに富士山を望む
夕暮れに富士山を望む

神奈川県内では「湘南平」「チェックメイトC.C.付近」に並んで有名な夜景スポット。平日・週末問わず夜景を目的に若者グループやカップルが訪れ、思い思いに夜景を楽しんでいます。秦野・伊勢原方面が中心ですが、視界が広く、県内最大級のパノラマ夜景に誰もが圧倒されます。駐車場からも夜景が見えるので、寒い時期でも安心。天気が良い日であれば、富士山もキレイに見えます。

■所在地:神奈川県秦野市羽根1079-5  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nanohanadai/

12. 引法山公園 権現山 公園展望台

標高235mの山から眺める県内トップクラスの穴場スポット
富士山のシルエットと街明かりを写す
富士山のシルエットと街明かりを写す

浅間山、権現山、弘法山の3つの山一帯に整備された公園。桜の名所としても有名ですが、富士山のビューポイントとしても有名。駐車場から暗い道を歩いた先にある展望台からは秦野市街地を中心に、横浜・藤沢方向の夜景も見渡せます。ただし、公園内は真っ暗なので懐中電灯を忘れずに。昼間の下見もしておくとより安心ですよ。

■所在地:神奈川県秦野市南矢名  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/koubouyamagongenyamaview/

今回は、静岡県・山梨県・神奈川県のスポットを紹介しましたが、東京都や千葉県にも富士山が見えるスポットは多数あるので、富士山と夜景のコラボを色々な場所から楽しんでみて下さいね。














マニア必見!東京の夜景ジャンクション12選!

一時期、ジャンクションの観賞や撮影がブームになりましたが、今でもジャンクションは撮影ジャンルとして人気があり、特に東京や大阪に有名スポットが点在します。そこで、今回は東京都内に特化してジャンクションの名所から穴場まで厳選して紹介します。

1. 新都橋

迫力ある有明ジャンクションを眺められる歩道
東京タワーと有明JCTを望む
東京タワーと有明JCTを望む

有明ジャンクションを見渡せ、ジャンクション愛好家にも有名な歩道。東京タワーや高層マンションも見渡せ、ジャンクションだけでなく、これらの建物と一緒に観賞できます。訪問するなら特にトワイライトタイムがおすすめ。

■所在地:東京都江東区台場2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinto_bridge/

2. 荒川河川敷(江北橋付近)

五色桜大橋を観賞できる河川敷の公園
江北ジャンクションを見上げて写す
江北ジャンクションを見上げて写す

江北橋付近の河川敷からは江北ジャンクションを正面から眺めたり、見上げるように観賞できます。五色桜大橋のライトアップも楽しめ、撮影だけでなく、散歩デートにもおすすめ。

■所在地:東京都足立区江北  [ 地図 ]
■注意点:五色桜大橋のライトアップは22時まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kasenjiki/

3. 西新宿ジャンクション

高層ビルとジャンクションのコラボが楽しめる場所
東京オペラシティビルと西新宿ジャンクションを写す
東京オペラシティビルと西新宿ジャンクションを写す

東京都内のジャンクションの中でも、新宿副都心に近いことから、都会的なイメージが漂い、パークハイアット東京や東京オペラシティビルと一緒にジャンクションを観賞できます。人通りが多いため、落ち着いての観賞は難しいですが、アクセスの良さは魅力です。

■所在地:東京都新宿区初台1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nishishinjuku_jct/

4. 辰巳ジャンクション

辰巳駅を降りてすぐの場所にあるジャンクション
渡橋の雰囲気
渡橋の雰囲気

辰巳駅の出口を出てすぐの場所にある歩道橋からは辰巳ジャンクションの夜景を楽しめます。ジャンクションの出口を正面に眺めたり、見上げたりして様々な角度の景観を楽しめます。

■所在地:東京都江東区辰巳2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tatsumi_jct/

5. 東雲ジャンクション

見上げても見下ろしても楽しめるジャンクション
首都高湾岸線の車の光跡を写す
首都高湾岸線の車の光跡を写す

東雲ジャンクションは2009年2月に供用された比較的新しいジャンクションで、角乗り橋の歩道から見上げて楽しむのもはもちろん、フェンス越しになりますが、車の往来と共にジャンクションを眺める楽しみ方もあります。

■所在地:東京都江東区有明3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinonome_jct/

6. 箱崎ジャンクション

東西両横綱とも称される東京を代表するジャンクション
箱崎ジャンクションを写す(南東方向)
箱崎ジャンクションを写す(南東方向)

1980年2月に供用開始された歴史あるジャンクションで、見た目のインパクトがすごく、ヤマタノオロチと揶揄されることも。そのインパクトは東京どころか東日本を代表すると言っても過言ではありません。水天宮駅から降りてすぐの好立地にあり、隅田川の夜景と一緒に楽しむのもおすすめ。

■所在地:東京都中央区日本橋箱崎町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hakosaki_jct/

7. 両国ジャンクション

曲線美の美しいジャンクションが見渡せる公園
屋形船の光跡と両国ジャンクション
屋形船の光跡と両国ジャンクション

箱崎ジャンクション等の有名スポットに比べて、知名度はありませんが、隅田川の両側のテラスから夜景を楽しめます。高層マンションの明かりや新大橋のライトアップも一緒に楽しんでみては?

■所在地:東京都中央区日本橋浜町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hamacho_park/

8. 荒川河川敷

葛西ジャンクションや東京スカイツリーを見渡せる河川敷
葛西臨海公園の観覧車と葛西ジャンクションを写す
葛西臨海公園の観覧車と葛西ジャンクションを写す

葛西ジャンクション付近の荒川河川敷はアクセスがしづらい場所にありますが、葛西臨海公園の観覧車や東京スカイツリーと合わせてジャンクションの夜景を楽しめます。

■所在地:東京都江戸川区臨海町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kasai/

9. 荒川河口橋

葛西ジャンクションを一段高い場所から見渡せる橋
葛西ジャンクションを写す
葛西ジャンクションを写す

荒川河口橋の北側の歩道橋(自転車も通行可)がビューポイントで、正面に葛西ジャクソンを見渡せます。遠くには東京スカイツリーも見渡せますが、自転車の通行も多いため、落ち着いて夜景を楽しむには少し不向きかもしれません。

■所在地:東京都江戸川区臨海町6丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kakou_bridge/

10. 浜崎橋ジャンクション

首都高の中でも特に歴史あるジャンクション
浜崎橋ジャンクションと東京ポートシティ竹芝を写す
浜崎橋ジャンクションと東京ポートシティ竹芝を写す

首都高の中でも、創設期からの歴史がある浜崎橋ジャンクションは、外観からも古さを感じますが、その反面、周囲は高層ビルに囲まれており、過去と未来が調和した不思議な感覚の中で夜景を楽しめます。

■所在地:東京都港区海岸1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hamasaki_bridge/

11. 荒川河川敷(堀切小橋)

ゆったりジャンクション鑑賞を楽しめる緑地公園
正面に堀切ジャンクションを写す
正面に堀切ジャンクションを写す

東京のジャンクションが見える夜景スポットの中でも、特にマイナーな場所ですが、ゆったりと散歩をしながらジャンクションや東京スカイツリーを観賞できます。京成電鉄「 堀切菖蒲園駅」からも徒歩圏にあり、気軽に訪問しやすい場所です。

■所在地:東京都葛飾区堀切4丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_horikiri_jct/

12. 両国ジャンクション

両国ジャンクションを見渡せる穴場スポット
両国ジャンクションを写す
両国ジャンクションを写す

両国ジャンクションは隅田川の両側から観賞でき、浜町公園の対岸の隅田川テラスからも夜景を楽しめます。浜町公園以上に訪問者が少ないので、周りを気にせずゆったりと夜景を観賞できます。

■所在地:東京都墨田区両国2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumidagawa_ryogoku/

東京に限らず、横浜や他の地方都市にもジャンクション撮影や観賞が楽しめる場所はあるので、地図などを参考にお気に入りのポイントを見つけてみてはいかが?


















日本の三大夜景ブランドをまとめて紹介!(全9エリア)

日本三大夜景と言えば「函館、神戸、長崎」が知られていますが、三大夜景は3つのブランドがあり、「山梨、奈良、北九州」の新日本三大夜景、「札幌、北九州、長崎(数年置きに入れ替わる?)」の日本新三大夜景があります。ここでは、三大夜景のブランドごとに夜景スポットを紹介します。※日本新三大夜景はエリア単位の認定なので、ここでは代表的なスポットをピックアップ

1. 函館山

日本三大夜景・世界三大夜景で有名な夜景名所
函館山からのトワイライトビュー(北東方向)
函館山からのトワイライトビュー(北東方向)

日本三大夜景・世界三大夜景・北海道三大夜景の3つのブランドを称し、北海道内に限らず、全国的にも有名な夜景スポット。展望台からは函館市内を中心とした夜景が広がり、地形の形も特徴的で、一度見るとなかなか頭から離れません。休日はロープウェイが混雑しますが、夜22時以降の空いた時間を狙って、車で訪問するカップルも多いようです。

■所在地:北海道函館市函館山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:4月25日~10月15日(下り最終22:00) 10月16日~4月24日(下り最終21:00) ※登山道がロープウェイ営業終了後に開放されている時期は終日観賞可
■入場料金など:ロープウェイの普通運賃 大人1名往復:1,500円 片道:1,000円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hakodateyama/

2. 摩耶山 掬星台

日本三大夜景に数えられる関西一の感動夜景スポット
月明かりと神戸の夜景
月明かりと神戸の夜景

日本一の夜景と言っても過言ではないほど、美しい夜景が見渡せる絶好のロケーション。標高699mと日本三大夜景(函館・神戸・長崎)の中で最も高い位置にあり、街明かりとの距離が近いためか、視界一面に街明かりが広り、その規模は1,000万ドルの夜景とも言われています。大阪湾を中心に遠くは和歌山方面まで見渡せる視界の広さに誰もが驚きや感動の声を上げます。 駐車場から15分ほど歩くため、初心者向けの夜景スポットではありませんが、遠方からでも訪れる価値は十分にあります。時期や時間帯によってはケーブルカー「まやビューライン」でもアクセスできます。一生のうちに一度は絶対に見て欲しい夜景スポットの1つです。

■所在地:兵庫県神戸市灘区大石長峰山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:※まやビューラインで訪問される方は時刻表を要確認
■入場料金など:※まやビューライン利用時の運賃(往復):大人1名1,640円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/maya/

3. 稲佐山

函館山、摩耶山と並ぶ感動間違い無しの日本三大夜景
トワイライトタイムに長崎市内の夜景を一望(東方向)
トワイライトタイムに長崎市内の夜景を一望(東方向)

函館・神戸と並んで日本三大夜景で知られる夜景名所。標高333mの山頂には展望台が設けられており、360度近い大パノラマが見渡せます。長崎らしい立体感ある夜景が楽しめ、まるで光に包まれているかのような感覚になります。屋上だけでなく、屋内からも夜景が楽しめるため、寒さを心配する必要もありません。なお、長崎港には海外からのクルーズ船の来港が多く、長崎の夜景を彩ってくれます。山頂の駐車場は混雑することが多いので、週末や観光シーズンはロープウェイで訪問された方が良さそうです。

■所在地:長崎県長崎市淵町8−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:ロープウェイでの訪問の場合は9:00~22:00まで ※12月上旬は定期整備のため運休予定
■入場料金など:ロープウェイの運賃 淵神社駅-稲佐岳駅(往復) 大人1名:1,250円
■注意点:営業時間・料金などの最新情報は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/inasayama/

1. 笛吹川フルーツ公園

甲府盆地の夜景を一望できる雰囲気に優れた公園
トワイライトタイムの甲府盆地(南東方向)
トワイライトタイムの甲府盆地(南東方向)

新日本三大夜景(山梨・奈良・福岡)で有名な笛吹川フルーツ公園は、物産館・ホテル・レストランなどが充実した複合公園で、甲府盆地の夜景が美しいのはもちろん、ガラスドームや噴水のライトアップが美しく、夜景ドライブやデートを楽しむのに最高のロケーション。周囲には露天風呂から夜景が見える天然温泉もあるので、デートの締めに訪れてみては?

■所在地:山梨県山梨市江曽原1488  [ 地図 ]
■注意点:くだもの館・トロピカル温室は入場料400円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fruits_park/

2. 若草山

新日本三大夜景に選ばれた日本を代表する奈良の山夜景
奈良市内中心部を望む(西方向)
奈良市内中心部を望む(西方向)

新日本三大夜景に選定されてから全国的にも認知度が上がり、展望台からは約200度のパノラマ夜景が楽しめます。大阪や神戸の夜景に比べると、街明かりは控えめですが、落ち着きのある夜景をゆったりと楽しめます。

■所在地:奈良県奈良市雑司町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/wakakusayama/

3. 皿倉山

九州最高峰のスケールと美しさを誇る極上パノラマ夜景
日没後に若松港を中心に北九州市内の夜景を望む(北西方向)
日没後に若松港を中心に北九州市内の夜景を望む(北西方向)

新日本三大夜景にも選定された九州を代表する夜景スポットの1つ。ケーブルカーとスカイリフトで山頂までアクセスでき、展望台からは北九州市内を中心とした大パノラマが視界に広がり、夜景の美しさに圧巻されます。天気が良ければ下関や関門橋まで見渡せるほど視界が良く、遠方からでも訪れる価値は十分過ぎるぐらいありますよ。

■所在地:福岡県北九州市八幡東区尾倉  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:<ケーブルカー> 平日 10:00~上り最終17:20/下り最終18:00 土日祝・特別夜間運行期間 10:00~上り最終21:20/下り最終22:00 <スロープカー> 平日 10:08~17:50 土日祝・特別夜間運行期間 10:08~21:50 ※特別夜間運行期間 4・5・7・9・10月の金曜日 GW:4月26日~5月6日 夏休み:7月19日~8月31日 12月24~25日、1月2日
■入場料金など:ケーブルカー・スロープカー往復通し券 大人1名:1.230円 ケーブルカー往復券 大人1名:820円 スロープカー往復券 大人1名:420円
■注意点:9合目の皿倉山ビジターセンター駐車場までは毎週金・土・日の18:00~翌日10:00通行禁止です。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sarakurayama/

1. 藻岩山

札幌を中心とした夜景を一望できる北海道三大夜景の地
ライトアップされた展望台の雰囲気
ライトアップされた展望台の雰囲気

北海道三大夜景&日本新三大夜景で有名な札幌の夜景。藻岩山は北海道では有名ですが、本州など他のエリアの方には少し馴染みがありません。北海道で最も光量ある夜景が楽しめる場所としてカップルから観光客まで人気があり、まるで宝石箱をひっくり返したかのような光輝く夜景が楽しめます。

■所在地:北海道札幌市南区藻岩山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:夏期(4/14〜11/20)10:30~22:00 冬期(12/1〜4/7)11:30~21:00 ※年末年始は営業時間が異なる場合があります 4月上旬に10日間程度の運休期間があります
■入場料金など:ロープウェイ&もーりすカーセット料金 大人1名:1,700円(往復)900円(片道) ※藻岩山観光自動車道を経由(中腹まで)する場合は通行料が1,200円必要
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/moiwayama/

2. 高塔山公園

若戸大橋を中心とした光量ある夜景が楽しめる展望公園
若戸大橋を中心に戸畑区の夜景を望む(東方向)
若戸大橋を中心に戸畑区の夜景を望む(東方向)

標高124mの高塔山は夜景スポットとしても有名で、カップルで賑わいます。大きな展望台があり、若戸大橋を中心に北九州市内の夜景を一望でき、皿倉山に次いでスケール感ある夜景が楽しめます。遠くには製鉄所などの工場も見渡せ、バリエーション豊かな景観です。

■所在地:福岡県北九州市若松区修多羅  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/takatouyama_park/

3. 鍋冠山公園

稲佐山の対岸から長崎港を一望できる名夜景スポット
展望台の雰囲気
展望台の雰囲気

2016年4月にリニューアルオープンした鍋冠山公園。稲佐山と並んで有名な夜景スポットで、駐車場も整備されていてアクセスしやすくなっています。長崎市街地を中心に女神大橋も見渡せるほど視界が広く、標高が稲佐山の半分程度のため、街が近く感じられます。稲佐山と合わせて訪問されるのがおすすめ。

■所在地:長崎県長崎市出雲2丁目144-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nabekanmuriyama_park/

合計で9つのエリア(3*3)ごとに夜景スポットを紹介しましたが、これらを全部空で言えるようになれば立派な夜景マニア!夜景デートの雑学ネタとして盛り上がること間違い無し!?















ドライブデートにおすすめ!福岡の夜景スポット10選

福岡県内の夜景と言えば、真っ先に北九州をイメージしますが、福岡市内周辺にも夜景スポットが数多くあります。そこで、今回は福岡市内から車で1時間圏内の夜景スポットを厳選して紹介します。

1. 米の山展望台

福岡県内トップクラスの夜景が楽しめる展望広場
展望広場に車を停めて夜景を観賞
展望広場に車を停めて夜景を観賞

米の山は全国区の夜景スポットではありませんが、九州では有名な夜景スポットで、稲佐山・皿倉山に並ぶスケールの絶景が見渡せます。車窓越しに夜景も楽しめ、遠方からでも夜景を見に来る価値は十分過ぎるほどあります。なお、週末は混雑するので、夕暮れからの訪問がベター。

■所在地:福岡県篠栗町篠栗  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで(以後通行禁止)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/komenoyama/

2. 油山 片江展望台

福岡市内を一望でき、週末はカップルで賑わう展望台
福岡市内を一望する(北方向)
福岡市内を一望する(北方向)

標高597mの油山には展望台が整備されており、片江展望台からは120度近い眺望が広がり、福岡市内の夜景を一望できます。市街地からもほど近く、車でアクセスがしやすいことから、カップルに人気の夜景スポットとなっています。

■所在地:福岡県福岡市城南区片江  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aburayamakatae/

3. 南公園

福岡市街地を中心とした夜景が広がる高台の展望公園
福岡タワーを中心とした夜景
福岡タワーを中心とした夜景

高級住宅地の近くにある広大な公園で、マンションのような外観をした展望台からは福岡市内の夜景を広範囲に見渡せます。高度はそれほどありませんが、街明かりが近いため、十分に迫力が感じられます。雰囲気も良く、夜間でも比較的安心しやすい夜景スポットと言えそうです。

■所在地:福岡県福岡市南区輝国1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/minami_park/

4. 福岡タワー

福岡県内を中心に360度の夜景が眺められる展望タワー
クリスマス時期の福岡タワーの外観
クリスマス時期の福岡タワーの外観

福岡県内を代表する電波塔としても知られており、地上123mの位置に展望室があり、福岡市内を中心とした夜景が360度広がります。 恋人の聖地にも認定されていることからカップルの姿も多く、まさに夜景デートにオススメの場所と言えます。

■所在地:福岡県福岡市早良区早良区百道浜2-3-26  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(21:30最終入場) ※休館日は公式サイト確認
■入場料金など:大人1名:800円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fukuoka_tower/

5. 福岡空港国内線 送迎デッキ

福岡市街地の夜景と滑走路を眺められる整備された送迎デッキ
飛行機と滑走路を望む
飛行機と滑走路を望む

福岡空港は、福岡市街地からも近く、地下鉄でアクセスできるほど利便性に優れています。送迎デッキからは飛行機と国際線ターミナルが見渡せ、展望室も設けられているため、寒さを気にせず夜景を楽しめるのも嬉しいポイント。

■所在地:福岡県福岡市博多区大字下臼井  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:7:00~21:30
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fukuokaairport_kokunai/

6. 愛宕神社

福岡市内の夜景を眺められる人気の夜景名所
福岡タワーを中心とした夜景(北東方向)
福岡タワーを中心とした夜景(北東方向)

日本三大愛宕神社で知られており、高台にあることから福岡タワーを中心に福岡市内の夜景も見渡せます。市街地から近い場所にあるため、街明かりが近く、迫力ある夜景を楽しめます。

■所在地:福岡県福岡市西区愛宕2-7-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/atagoshrine/

7. 博多ポートタワー

博多港を中心とした夜景を楽しめる無料開放された展望室
博多港を中心とした夜景
博多港を中心とした夜景

博多ポートタワーは、博多港のシンボルとして市民に親しまれており、地上70mの展望室からは博多港を中心とした夜景が360度広がります。市街地から近いこともあり、見ごたえのある夜景が楽しめます。無料開放されている点も嬉しいポイント。

■所在地:福岡県福岡市博多区築港本町14-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00(入場は20分前まで)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hakataport_tower/

8. 生松台中央公園

福岡市内を一望できる住宅地の公園
グラウンドと福岡市内の夜景(東方向)
グラウンドと福岡市内の夜景(東方向)

生松台中央公園は傾斜している住宅地の一角にあり、眺望も優れていることから、福岡市内の郊外を中心とした夜景が広がります。遠くにはシーサイドももち・福岡タワー方面も見渡せ、公園の雰囲気も良いのでカップルにもおすすめできそうです。

■所在地:福岡県福岡市西区生松台3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ikumatsudai/

9. シーサイドももち海浜公園

トワイライトビューが美しい海浜公園
夕暮れのマリゾン・福岡タワー方面の風景(西方向)
夕暮れのマリゾン・福岡タワー方面の風景(西方向)

シーサイドももち海浜公園の周辺には結婚式場や飲食店が入居するマリゾン等の商業施設があり、デートスポットとして人気があります。堤防からは西向きの眺望が美しく、福岡タワーやマリゾンの夜景が楽しめます。なお、堤防は真っ暗なので、懐中電灯をお忘れなく。

■所在地:福岡県福岡市早良区百道浜2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/marizon/

10. ぴあトピア緑地

博多ポートタワーなどを一望できる緑地公園
博多ポートタワーとベイサイドプレイス博多を望む(西方向)
博多ポートタワーとベイサイドプレイス博多を望む(西方向)

ぴあトピア緑地はマリンメッセ福岡に隣接し、ベイサイドプレイス博多や博多ポートタワー方面の視界が広がります。水面に反射した建物の明かりも美しく、開放感もあるので、夜景デートやお散歩にもおすすめ。

■所在地:福岡県福岡市博多区沖浜町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/piatopia/

今回は福岡市内周辺の夜景スポットを紹介しましたが、車で1時間30分ほど離れた北九州も夜景スポットの宝庫なので、機会があれば「夜景INFO(福岡県)」を参考に北九州の夜景も楽しんでみて下さいね!
















九州で感動する絶景夜景スポット12選!

日本三大夜景の稲佐山を筆頭に九州各地には絶景夜景スポットが豊富にあります。 今回は稲佐山はもちろんのこと、新日本三大夜景に選ばれた皿倉山を始め、九州最大級の夜景スポットを厳選して紹介。美しい夜景を見て感動すること間違い無し!

1. 皿倉山

九州最高峰のスケールと美しさを誇る極上パノラマ夜景
宗像市・遠賀町方面を望む(西方向)
宗像市・遠賀町方面を望む(西方向)

新日本三大夜景にも選定された九州を代表する夜景スポットの1つ。ケーブルカーとスカイリフトで山頂までアクセスでき、展望台からは北九州市内を中心とした大パノラマが視界に広がり、夜景の美しさに圧巻されます。天気が良ければ下関や関門橋まで見渡せるほど視界が良く、遠方からでも訪れる価値は十分過ぎるぐらいありますよ。

■所在地:福岡県北九州市八幡東区尾倉  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:<ケーブルカー> 平日 10:00~上り最終17:20/下り最終18:00 土日祝・特別夜間運行期間 10:00~上り最終21:20/下り最終22:00 <スロープカー> 平日 10:08~17:50 土日祝・特別夜間運行期間 10:08~21:50 ※特別夜間運行期間 4・5・7・9・10月の金曜日 GW:4月26日~5月6日 夏休み:7月19日~8月31日 12月24~25日、1月2日
■入場料金など:ケーブルカー・スロープカー往復通し券 大人1名:1.230円 ケーブルカー往復券 大人1名:820円 スロープカー往復券 大人1名:420円
■注意点:9合目の皿倉山ビジターセンター駐車場までは毎週金・土・日の18:00~翌日10:00通行禁止です。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sarakurayama/

2. 福岡タワー

福岡県内を中心に360度の夜景が眺められる展望タワー
福岡都市高速と市街地の夜景
福岡都市高速と市街地の夜景

福岡県内を代表する電波塔としても知られており、地上123mの位置に展望室があり、福岡市内を中心とした夜景が360度広がります。 恋人の聖地にも認定されていることからカップルの姿も多く、まさに夜景デートにオススメの場所と言えます。

■所在地:福岡県福岡市早良区早良区百道浜2-3-26  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(21:30最終入場) ※休館日は公式サイト確認
■入場料金など:大人1名:800円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fukuoka_tower/

3. 米の山展望台

福岡県内トップクラスの夜景が楽しめる展望広場
福岡市方面を見渡す(西方向)
福岡市方面を見渡す(西方向)

米の山は全国区の夜景スポットではありませんが、九州では有名な夜景スポットで、稲佐山・皿倉山に並ぶスケールの絶景が見渡せます。車窓越しに夜景も楽しめ、遠方からでも夜景を見に来る価値は十分過ぎるほどあります。なお、週末は混雑するので、夕暮れからの訪問がベター。

■所在地:福岡県篠栗町篠栗  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで(以後通行禁止)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/komenoyama/

4. 油山 片江展望台

福岡市内を一望でき、週末はカップルで賑わう展望台
福岡市内を一望する(北方向)
福岡市内を一望する(北方向)

標高597mの油山には展望台が整備されており、片江展望台からは120度近い眺望が広がり、福岡市内の夜景を一望できます。市街地からもほど近く、車でアクセスがしやすいことから、カップルに人気の夜景スポットとなっています。

■所在地:福岡県福岡市城南区片江  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aburayamakatae/

5. 鏡山 西展望台

夕景も美しい虹の松原を一望できる観光名所
トワイライトタイムに唐津市内を望む(西方向)
トワイライトタイムに唐津市内を望む(西方向)

日本三大松原である虹の松原の景勝地として有名で、展望台のスカイデッキがベストポイント。デッキからは西向きの唐津市街地を中心に大パノラマが広がり、特にトワイライトタイムの夜景が美しいです。展望台までの道のりは整備されていますが、真っ暗な場所もあるので、懐中電灯の持参をお忘れなく。

■所在地:佐賀県唐津市鏡  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kagamiyama/

6. 稲佐山

函館山、摩耶山と並ぶ感動間違い無しの日本三大夜景
トワイライトタイムに長崎市内の夜景を一望(東方向)
トワイライトタイムに長崎市内の夜景を一望(東方向)

函館・神戸と並んで日本三大夜景で知られる夜景名所。標高333mの山頂には展望台が設けられており、360度近い大パノラマが見渡せます。長崎らしい立体感ある夜景が楽しめ、まるで光に包まれているかのような感覚になります。屋上だけでなく、屋内からも夜景が楽しめるため、寒さを心配する必要もありません。なお、長崎港には海外からのクルーズ船の来港が多く、長崎の夜景を彩ってくれます。山頂の駐車場は混雑することが多いので、週末や観光シーズンはロープウェイで訪問された方が良さそうです。

■所在地:長崎県長崎市淵町8−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:ロープウェイでの訪問の場合は9:00~22:00まで ※12月上旬は定期整備のため運休予定
■入場料金など:ロープウェイの運賃 淵神社駅-稲佐岳駅(往復) 大人1名:1,250円
■注意点:営業時間・料金などの最新情報は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/inasayama/

7. 鍋冠山公園

稲佐山の対岸から長崎港を一望できる名夜景スポット
長崎市内を中心とした夜景を望む(北方向)
長崎市内を中心とした夜景を望む(北方向)

2016年4月にリニューアルオープンした鍋冠山公園。稲佐山と並んで有名な夜景スポットで、駐車場も整備されていてアクセスしやすくなっています。長崎市街地を中心に女神大橋も見渡せるほど視界が広く、標高が稲佐山の半分程度のため、街が近く感じられます。稲佐山と合わせて訪問されるのがおすすめ。

■所在地:長崎県長崎市出雲2丁目144-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nabekanmuriyama_park/

8. 弓張岳展望台

佐世保一のスケールを誇り、佐世保港の夜景を一望できる人気スポット
日没後に佐世保市内中心部を望む(東方向)
日没後に佐世保市内中心部を望む(東方向)

佐世保では最も有名な夜景スポットで、長崎県内の夜景スポットとしては稲佐山に次ぐ知名度だと思われます。展望台からは佐世保港の夜景が広がり、米軍基地の暖色系の明かりや高速道路を走る車の光跡が特徴的です。

■所在地:長崎県佐世保市小野町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yumiharidake/

9. 花岡山

車内からも熊本市街地の夜景を観賞できる地元の人気スポット
熊本駅周辺の夜景を望む
熊本駅周辺の夜景を望む

標高133mの小高い山で、地元カップルにも人気の夜景スポット。公園や道路から熊本市内の夜景が見渡せます。週末にもなると、車を止めて夜景を楽しむカップルの姿も目立ちます。

■所在地:熊本県熊本市西区横手2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hanaokayama/

10. 十文字原展望台

大分県でトップクラスの美しさを誇る名夜景スポット
別府市を中心とした夜景
別府市を中心とした夜景

大分県を代表する夜景スポットで、展望台からは別府湾を中心とした大パノラマが視界一面に広がります。展望台の駐車場からも夜景が見えることから、カップルで賑わいます。

■所在地:大分県別府市湯山  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/zyumonji/

11. 愛宕山公園

300度近くのパノラマ夜景が広がる宮崎一の夜景スポット
南方向の住宅街を中心とした夜景
南方向の住宅街を中心とした夜景

宮崎県を代表する夜景スポットであり、標高251mの愛宕山には展望台が整備されています。展望台からは300度近い眺望が広がり、延岡市内の夜景が一望でき、工業地帯の明かりも見渡せます。市街地からも近く、アクセスも悪くないので、宮崎県内では特におすすめします。

■所在地:宮崎県延岡市愛宕山  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/atagoyama_park/

12. 城山展望台

西南戦争の舞台としても知られ、市内の夜景を観賞できる観光名所
鹿児島市内の夜景を望む
鹿児島市内の夜景を望む

西南戦争の戦場としても知られる城山には展望台が整備されており、夕暮れであれば桜島のシルエットを背景に鹿児島市内の夜景が楽しめます。標高は107mとさほど高さはありませんが、街明かりとの距離の近いため、思った以上に迫力ある夜景が楽しめます。

■所在地:鹿児島県鹿児島市城山町22-13  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shiroyama/

九州地方は冬になっても雪が降ることが少なく、年間を通じて夜景を楽しめるのが嬉しいところ。ドライブやデートに九州の夜景を楽しんで下さいね!














札幌から約1時間!小樽の夜景スポット7選

北海道有数の観光地である小樽は、札幌市内から車や電車で1時間程度の場所にあり、札幌から日帰りで訪問できる距離感も魅力です。ここでは、小樽運河や天狗山など小樽を代表する夜景スポットを含め7箇所紹介します。

1. 天狗山

北海道三大夜景で知られる小樽の夜景観光名所
小樽市内を一望する(北方向)
小樽市内を一望する(北方向)

北海道三大夜景の1つとして知られる天狗山はロープウェイまたは車でアクセスでき、4箇所のビューポイントから小樽市内の夜景を見渡せます。街明かりは函館山や藻岩山に比べて控えめですが、街との距離が比較的近いため、見ごたえのある夜景が楽しめます。なお、レストハウス向かいに「鼻なで天狗さん」が置かれており、鼻を撫でると願いごとが叶うそうな。

■所在地:北海道小樽市天狗山2  [ 地図 ]
■入場料金など:無料(ロープウェイ利用時は大人1名¥1,400)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tenguyama/

2. 毛無山展望所

小樽市内を広範囲に渡って見渡せる標高470mの展望台
小樽方面の夜景を望む(北方向)
小樽方面の夜景を望む(北方向)

標高470mの天狗山に比べて、やや低い位置にありますが、天狗山よりも街の明かりが広範囲に見渡せ、小樽のパノラマ夜景スポットとしては天狗山に次ぐ知名度を誇ります。展望台からは天候が良ければ増毛連山を望めるため、頭髪が気になる人にとって、縁起の良い場所だそうです。

■所在地:北海道小樽市天神4丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放(冬期は道が閉鎖されます)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kenashiyama/

3. 小樽運河

水面に反射した倉庫街のライトアップが美しい運河夜景
浅草橋から小樽運河を望む(北西方向)
浅草橋から小樽運河を望む(北西方向)

戦前は樺太との物流の拠点として使われていた小樽運河ですが、戦後に散策路やガス灯が整備され、小樽を代表する観光スポットとして全国区の知名度を誇ります。ライトアップされた倉庫群が美しく、幻想的な雰囲気に包まれてゆったりと散歩を楽しんだり、倉庫内のレストランで食事を楽しむのもおすすめ。

■所在地:北海道小樽市港町  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:倉庫群のライトアップは22:30まで、ガス灯は24:00で消灯
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/otaruunga/

4. 旭展望台

小樽市内の夜景を眺められる丘陵地にある展望台
月明かりに照らされた小樽港を中心とした夜景(東方向)
月明かりに照らされた小樽港を中心とした夜景(東方向)

小樽市内の夜景スポットで、天狗山と毛無山に次ぐパノラマ夜景の美しい場所。標高190mの丘陵地に展望台が整備され、小樽市内の街明かりが広がります。観光客向けの夜景スポットではないため、混雑感無くゆったりと夜景を楽しめるはず。

■所在地:北海道小樽市富岡2丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:冬期は展望台への道が閉鎖されます
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/asahi_view/

5. 平磯公園

小樽市内の夜景を一望できる高台にある公園の展望台
小樽市内の夜景(北西方向)
小樽市内の夜景(北西方向)

平磯公園は桜の名所としても知られており、駐車場のすぐ横には展望台があり、小樽市内の特にベイエリアを中心とした夜景が見渡せます。視界はそれほど広くありませんが、車内からも夜景が見られるのは嬉しいポイント。

■所在地:北海道小樽市若竹町20  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hiraiso_park/

6. 小樽築港

小樽ベイエリアが一望できる埠頭
ウィングベイ小樽を望む
ウィングベイ小樽を望む

築港臨海公園付近の埠頭からは、対岸のウィングベイ小樽や高層マンションを見渡せ、水面に反射された街明かりも美しく、ゆったりと夜景を楽しめます。

■所在地:北海道小樽市築港3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/otarubay/

7. 毛無峠

小樽市内の夜景を観賞できる道道沿いの駐車スペース
小樽市内の夜景を望む(北方向)
小樽市内の夜景を望む(北方向)

毛無山の南側にある駐車スペースからは、視界は狭いものの小樽市内の夜景を見渡せます。毛無山に比べるとスケール面でかないませんが、訪問者が少ないため貸切状態で夜景を楽しめる可能性が高いです。

■所在地:北海道小樽市天神4丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放(冬季は通行禁止)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kenashitouge/

小樽の夜景も美しい場所が多いですが、より光量ある夜景を楽しみたい方は札幌の藻岩山やJRタワーなどもオススメ!