MENU

感動夜景

夜景写真家・フォトグラファー 岩崎 拓哉 監修!夜景INFOまとめ

甲信越(新潟・長野・山梨)の夜景スポット15選


甲信越エリアは関西や関東に比べて、夜景スポットのスケールは控えめになりますが、山間部や高台から夜景を見渡せる場所が充実しており、遠方からでも訪れる価値がある夜景スポットが多数あります。本記事では、甲信越エリアで特におすすめしたい夜景スポットを15ヶ所厳選しました。

1. 八代ふるさと公園

日没後に甲府盆地を一望する(北西方向)
日没後に甲府盆地を一望する(北西方向)

御坂山地と甲府盆地の交わる丘陵地に位置する広大な公園。古墳が有名で、駐車場からも夜景が見えますが、古墳の上からは甲府盆地の大パノラマが広がり、ゆったりとした空間の中で夜景が楽しめます。桜のシーズンであれば、夜桜と夜景が一緒に楽しめるとか?駐車場からの夜景も美しいので、プライベート空間で夜景を楽しむのも良さそうですね!

■所在地:
山梨県笛吹市八代町岡2223-1 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/yashiro_park/

2. 甘利山

トワイライトタイムに甲府盆地を一望する(南東方向)
トワイライトタイムに甲府盆地を一望する(南東方向)

レンゲツツジの名所として知られる甘利山は標高が1,731mもあり、駐車場から真っ暗な道を少々歩くため、訪問するハードルは高くなりますが、甲府盆地の大パノラマが見渡せます。天気が良ければトワイライトタイムに富士山のシルエットが見渡せ、写真愛好家にも人気があります。冬期は通行規制で道が通れない場合があるので、予め確認した上で出掛けるようにしましょう。懐中電灯もお忘れ無く。

■所在地:
山梨県韮崎市 付近 [ 地図 ]
■時間:
※11月末~冬期は通行止め。詳細は「山梨県道路規制情報」を参考
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/amariyama/

3. 新倉山浅間公園

忠霊塔と富士山を望む(南西方向)
忠霊塔と富士山を望む(南西方向)

桜の名所としても知られる新倉山浅間公園ですが、天気が良ければ正面に富士山が見えることから、外国人観光客にも写真愛好家にも人気があるようで、週末は大変混雑します。日没後の忠霊塔のライトアップと富士山のシルエットが美しく、遠くからでも訪れる価値が十分にあります。

■所在地:
山梨県富士吉田市新倉3353-1 付近 [ 地図 ]
■近隣の駅:
富士急行線 下吉田駅 徒歩約20分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/arakura_sengen/

4. 笛吹川フルーツ公園

トワイライトタイムの甲府盆地(南東方向)
トワイライトタイムの甲府盆地(南東方向)

新日本三大夜景(山梨・奈良・福岡)で有名な笛吹川フルーツ公園は、物産館・ホテル・レストランなどが充実した複合公園で、甲府盆地の夜景が美しいのはもちろん、ガラスドームや噴水のライトアップが美しく、夜景ドライブやデートを楽しむのに最高のロケーション。周囲には露天風呂から夜景が見える天然温泉もあるので、デートの締めに訪れてみては?

■所在地:
山梨県山梨市江曽原1488 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
一部可
■近隣の駅:
JR中央本線(東京~塩尻) 山梨市駅
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/fruits_park/

5. 立石公園

時計台から諏訪湖を望む
時計台から諏訪湖を望む

諏訪市を代表する公園の一つで、信州サンセットポイント100選にも選定。日中の天気の良い日は北アルプスも眺められ、日が沈んだ後は諏訪市内を中心とした夜景を観賞できます。公園には斜面に沿うように階段があり、街灯もあるため、カップルや家族連れの方でも安心して訪問できる雰囲気です。

■所在地:
長野県諏訪市上諏訪立石町 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
一部可
■近隣の駅:
JR中央本線(東京~塩尻) 上諏訪駅 徒歩約26分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/tateishi_park/

6. 高ボッチ

トワイライトタイムの諏訪湖(南東方向)
トワイライトタイムの諏訪湖(南東方向)

標高1665mの高ボッチ高原は、なだらかな傾斜になった高原で、諏訪湖越しに天気が良ければ富士山を望む素晴らしい夜景を楽しめます。駐車場から真っ暗な道を5分ほど歩く必要があり、道に迷うことは無いと思いますが、懐中電灯は欠かせません。ライブカメラなどで富士山の見え方を確認してから訪問することをおすすめします。

■所在地:
長野県岡谷市今井 付近 [ 地図 ]
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/takabocchi/

7. 城山公園

松本市中心部を望む
松本市中心部を望む

花見の名所としても有名な城山公園は、松本市内では最も古い公園とされており、八角刑の形をした展望台からは、日中であれば北アルプスの山々を一望でき、夜になると松本市を中心とした夜景が視界一面に広がります。松本市を代表する夜景スポットと言え、カップルの姿も目立ちます。

■所在地:
長野県松本市蟻ケ崎 付近 [ 地図 ]
■近隣の駅:
北アルプス線 北松本駅 徒歩約23分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/naganoshiroyama_park/

8. チェリーパークライン

佐久市方面のトワイライト夜景
佐久市方面のトワイライト夜景

チェリーパークラインには高峰高原山頂の手前に、車を10台以上停車できそうな広大な停車スペースがあり、ここから視界を遮ることなく、佐久市・小諸市・東御市方面の大パノラマが広がります。車に乗ったまま夜景を観賞できるのも嬉しいポイント。なお、山頂は標高が2,000m(高低差1,300m)にもなるため、霧などの条件下では夜景が見えないこともあり、注意が必要。

■所在地:
長野県小諸市大字菱平 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/cherry-park-line/

9. 福島てっぺん公園

飯田市・高森町の夜景を望む(西方向)
飯田市・高森町の夜景を望む(西方向)

長野県内でも最大級と言える夜景スポットである福島てっぺん公園は「ほうきジャンプ」で有名ですが、標高805mの高さにあり、昼間であれば棚田や中央アルプスが眺望でき、夜間は飯田市・高森町を中心とした街明かりが見渡せます。 公園内には駐車場・トイレ・展望台などが整備されており、街灯もあるため、カップルでも安心して訪問できる雰囲気です。

■所在地:
長野県豊丘村大字神稲 付近 [ 地図 ]
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/fukushima_teppen/

10. 松本城公園

辰巳附櫓・月見櫓を望む
辰巳附櫓・月見櫓を望む

国宝松本城の周囲に整備された公園で、公園内からはライトアップされた松本城が見渡せます。白色の照明で照らされた松本城は美しく、眺めていてうっとりするほど。眺める場所によっても景観が大きく異なり、堀に反射した明かり(逆さ松本城)も大変美しいです。

■所在地:
長野県松本市丸の内4 付近 [ 地図 ]
■時間:
天守のライトアップは22時まで
■近隣の駅:
北アルプス線 北松本駅 徒歩約12分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/matsumotojo/

11. 名月の里 姪石苑

棚田のライトアップと千曲市の夜景
棚田のライトアップと千曲市の夜景

JR姨捨駅の東側には棚田が広がっており、田植えの時期は美しい棚田の風景が見渡せます。姨捨の棚田では不定期にライトアップがされていますが、ライトアップがされていない時期であっても、千曲川と千曲市内(善光寺平)の夜景を一望でき、夜景だけでも十分に見応えがありそうです。

■所在地:
長野県千曲市大字八幡 付近 [ 地図 ]
■近隣の駅:
JR篠ノ井線 姨捨駅 徒歩約15分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/meishien/

12. 朱鷺メッセ Befcoばかうけ展望室

日没後に信濃川と万代橋方面を望む(南西方向)
日没後に信濃川と万代橋方面を望む(南西方向)

日本海側では随一の高さを誇る朱鷺メッセ。地上約125mの高さに展望室があり、信濃川を眼下に新潟市内の街明かりが広がります。日本海側最大の都市だけあって、光量も多く、見ごたえのある夜景が楽しめます。ただし、室内が明るいため窓ガラスに映り込みがしやすいので、なるべく窓に近づいての観賞がおすすめ。

■所在地:
新潟県新潟市中央区万代島5-1 付近 [ 地図 ]
■時間:
展望室開館時間 [通常]8:00〜22:00(最終入場 21:30) ※都合により休館する場合あり
■近隣の駅:
JR信越本線(直江津~新潟) 新潟駅 徒歩約23分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/tokimesse/

13. メディアシップ 展望フロア

ホテルオークラ新潟・NEXT21方面を望む
ホテルオークラ新潟・NEXT21方面を望む

2013年に竣工された新しい高層ビルで、最上階(20F)に展望回廊が設けられています。無料とは思えないほど雰囲気が良く、朱鷺メッセに比べて高度は低くなりますが、街明かりと近いため、迫力ある夜景が楽しめます。なお、写真撮影をされる方は、三脚の利用が禁止されているのでご注意を。

■所在地:
新潟県新潟市中央区万代3丁目1−1 付近 [ 地図 ]
■時間:
8:00~23:00
■近隣の駅:
JR信越本線(直江津~新潟) 新潟駅 徒歩約12分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/mediaship/

14. 弥彦山頂公園

三条市を中心とした夜景
三条市を中心とした夜景

弥彦山の太平公園と並んで、スケール感ある夜景が楽しめますが、駐車場から真っ暗な道を7分ぐらい歩くため、懐中電灯と動きやすい服装が欠かせません。ロープウェイの夜間営業時期以外は訪問するハードルが少し高いですが、三条市方面の夜景が美しく、多少の苦労をしてでも訪問する価値は充分にありそうです。

■所在地:
新潟県新潟市西蒲区間瀬 付近 [ 地図 ]
■時間:
弥彦山スカイラインは5時~23時通行可 ※12/1~3/31(雪融け)まで通行止
■入場料金など:
<弥彦山ロープウェイ> 大人往復:1,500円
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/yahiko-park/

15. 弥彦山 太平公園

三条市の夜景を一望(南東方向)
三条市の夜景を一望(南東方向)

弥彦山スカイラインは総延長13.7kmの無料開放されたドライブウェイで、昼間は多くの観光客や家族連れで賑わいます。駐車場から暗い山道を5分ほど歩くと開放感ある広場にたどり着き、三条市内を中心としたパノラマ夜景を楽しめます。途中の道は真っ暗なので、懐中電灯をお忘れなく。

■所在地:
新潟県弥彦村弥彦 付近 [ 地図 ]
■時間:
弥彦山スカイラインは5時~23時通行可 ※12月1日~3月31日(雪融け)まで通行止
■車内観賞
一部可
■詳細URL:
https://www.nightview.info/detail/yahikoyamatubame/

甲信越エリアの夜景スポットは「夜景INFO」 でも詳しく紹介しているので、合わせてご覧になって下さいね。
 

エリアで夜景まとめ記事を探す