夜景INFOまとめ|夜景ドライブ&デートスポット

全国2,000ヶ所以上の夜景スポットを巡った夜景写真家が厳選!デートやドライブにおすすめしたい全国の夜景スポット情報をまとめました!

関西出身の夜景写真家が厳選!神戸で誰もが感動する絶景夜景スポットベスト12

関西出身の夜景写真家が厳選!神戸で誰もが感動する絶景夜景スポットベスト12
もしも「日本一夜景が綺麗な都市はどこですか?」と聞かれたら、関西出身の私は迷わず「神戸」と答えるでしょう。
日本三大夜景の摩耶山を有する兵庫県神戸市は全国屈指の夜景観光都市。山から見下ろす大パノラマからベイエリアのライトアップまで、様々な表情や個性を持つ夜景が特徴です。デートや観光はもちろん、夜景撮影も楽しめる名所がたくさんあります。
神戸には数え切れないほどの夜景スポットがありますが、夜景写真家が厳選に厳選を重ねた12のスポットを紹介します。「ここさえ行けば感動間違い無し」と断言できるほどの美しい夜景をお楽しみください!

1. 摩耶山 掬星台

日本三大夜景に数えられる関西一の感動夜景スポット
大阪方面を一望する(東方向)
大阪方面を一望する(東方向)

日本一の夜景と言っても過言ではないほど、美しい夜景が見渡せる絶好のロケーション。標高699mと日本三大夜景(函館・神戸・長崎)の中で最も高い位置にあり、街明かりとの距離が近いためか、視界一面に街明かりが広り、その規模は1,000万ドルの夜景とも言われています。大阪湾を中心に遠くは和歌山方面まで見渡せる視界の広さに誰もが驚きや感動の声を上げます。 駐車場から15分ほど歩くため、初心者向けの夜景スポットではありませんが、遠方からでも訪れる価値は十分にあります。時期や時間帯によってはケーブルカー「まやビューライン」でもアクセスできます。一生のうちに一度は絶対に見て欲しい夜景スポットの1つです。

■所在地:兵庫県神戸市灘区大石長峰山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日可能(まやビューラインで訪問される方は営業時間の確認が必要です)
■入場料金など:無料 まやビューラインの運賃 大人1名:1,540円
■注意点:駐車場からの徒歩は懐中電灯の持参をお勧めします。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/maya/

2. 六甲ガーデンテラス

カップルや観光客にオススメしたい最高の夜景名所
グラニットカフェと神戸夜景を望む
グラニットカフェと神戸夜景を望む

ライトアップが美しい英国調のガーデン。六甲山最大の観光リゾート地として、カップルだけでなく観光客から家族連れまで訪れる人気スポット。ガーデンテラスには夜景の見える展望台はもちろん、カフェレストランや雑貨ショップなどがあり、買い物やグルメを楽しみながらゆっくりと過ごせます。夜景が見える場所はいくつかあり、最も夜景が美しいのは「見晴らしの塔」。ガーデンテラスを見下ろしながら、大阪~神戸方面の街明かりも見渡せ、摩耶山に匹敵するほどの夜景の美しさが自慢です。お出かけの際は公式サイトで事前に営業時間をチェックしておくと安心。

■所在地:兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:六甲ガーデンテラスの営業時間内 (時期によって異なります)
■入場料金など:無料
■注意点:営業時間が日によって異なるので公式サイトで確認されることをお勧めします。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/rokkou_garden/

3. 六甲山天覧台

六甲ケーブルで気軽に行ける六甲山を代表する展望台
神戸ポートアイランド方面の夜景を望む
神戸ポートアイランド方面の夜景を望む

六甲山系を代表する夜景スポットの1つ。昭和天皇がお立ち寄りになられたことから、「天覧台」と名付けられています。展望台からは大阪平野から和歌山方面まで広範囲に視界が広がり、1,000万ドルの夜景が楽しめます。駐車場&入場無料で手軽に訪問できるのも魅力。併設するTENRAN CAFEからは神戸ウォーターのドリップコーヒーや自慢の料理と共に夜景を楽しめるので、寒い時期に店内で温まりながら夜景を観賞するのも良いでしょう。六甲ケーブルでも手軽にアクセスできるので、車が無い方でも安心です。

■所在地:兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:21:00まで
■入場料金など:無料
■注意点:六甲ケーブルの営業時間や運賃は公式サイトを参考にして下さい。 ・トイレはケーブルの営業終了後は使えません。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/rokkou_tenran/

4. 灘丸山公園

灘区の郊外に位置する静かな展望公園
日没後の大阪・神戸方面の夜景(西方向)
日没後の大阪・神戸方面の夜景(西方向)

六甲山・摩耶山まで登らなくても絶景夜景スポットが豊富にあるのが神戸の魅力。灘区の閑静な住宅街にある灘丸山公園は全国的に見ても、公園として名のつく夜景スポットの中ではトップクラスの夜景が観賞できます。 公園からの眺めは素晴らしく、神戸市内を中心とした大パノラマが広がり、天気が良ければ和歌山方面まで見渡せます。1組限定のベンチもあり、夜景を見ながら語り合うようなシチュエーションにもおすすめ。 駐車場も整備されていて、狭い道の運転に慣れている方であればアクセスしやすいのがポイント。なお、猪が出没するようなので、訪問時は注意しましょう。

■所在地:兵庫県神戸市灘区灘区五毛  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:公園内にイノシシが出没することがあるので注意して下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nadamaruyama_park/

5. 神戸ポートタワー

神戸のシンボルから望む360度の夜景
海洋博物館とホテルオークラのライトアップ(東方向)
海洋博物館とホテルオークラのライトアップ(東方向)

神戸を代表するシンボルの1つである神戸ポートタワーはハーバーランドやメリケンパークが立地する神戸ベイエリアにあり、赤色の独特のパイプ構造が特徴で、「鉄塔の美女」とも呼ばれているとか。夜はイルミネーションでライトアップされ、時間帯によってLEDパターンの変化も楽しめるため、建物自体を眺めるのもおすすめです。4階と5階に展望室があり、神戸ベイエリアを中心に360度の眺望が広がります。どの方角も美しく、ずっと眺めていると時間が経つのを忘れてしまうほど。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3月~11月 9:00~21:00(最終入場 20:30) 12月~2月 9:00~19:00(最終入場 18:30)
■入場料金など:大人1名(高校生以上):700円
■注意点:詳細な営業時間・料金は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/port_tower/

6. ビーナスブリッジ

永遠の愛を誓い合ったカップルが訪れる場所
南京錠と夜景観賞を楽しむカップル
南京錠と夜景観賞を楽しむカップル

神戸の夜景スポットの中で、「カップルの聖地」と言える場所がヴィーナスブリッジ。市街地から車で再度山ドライブウェイに入ってすぐにらせん状の歩道橋が視界に入り、その先に駐車場があります。フットライトで照らされた美しい階段を上がると一気に視界が広がり、神戸ベイエリアを中心に大パノラマが広がります。南京錠が架けられる「愛の鍵モニュメント」もあり、プロポーズや告白にもおすすめです。隣接するフレンチレストランも雰囲気が良く、特別な日に利用するのも良さそうです。

■所在地:兵庫県神戸市中央区神戸港地方字前山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/venus_bridge/

7. 神戸市役所 展望ロビー

南北の展望ロビーから神戸の中心部を望む
ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)
ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)

神戸では屋内から無料で夜景を楽しめる貴重な展望ロビー。市役所1号館の24階に上がるとポートアイランド方面と三ノ宮方面が見渡せるロビーがあり、南側のロビーは神戸大橋や美しい高層マンションのまばゆい光が視界一面に広がります。三宮駅から徒歩圏にあるにも関わらず、特に平日であれば訪問者も少なく、ソファに座ってゆったりと寛げます。同フロアには展望レストランがあり、夜景を眺めながらの食事も楽しめるのも嬉しいポイント。なお、ルミナリエの時期は展望ロビーが大混雑するので、ご注意を。

■所在地:兵庫県神戸市中央区加納町6−5−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日 8:15~22:00 土日祝 10:00~22:00 休館日:年末年始(12月29日から1月3日)・設備点検日
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobecity/

8. ポートアイランド北公園

神戸の海岸夜景を一望できるトップレベルの展望公園
ライトアップされた神戸大橋(北方向)
ライトアップされた神戸大橋(北方向)

神戸大橋を眺められる絶好のロケーション。対岸には六甲山系の山々をバックにメリケンパークやハーバーランドなど神戸ベイエリアの街明かりが視界一面に広がります。休日でも混雑感なく、開放感ある公園でゆったりと夜景が楽しめます。神戸大橋の歩道や隣接する「ぽーあいしおさい公園」からも夜景が楽しめるので、合わせての訪問もおすすめ。大型客船が停泊する日や特別日にはブルーのレーザーでライトアップするようなので、ライトアップのタイミングを狙っての訪問も良さそう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区中央区港島2丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/portisland_north_park/

9. 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

ライトアップされたグラスハウスと神戸夜景を一望
日没直後の夜景
日没直後の夜景

ハーブ園の見学やハーブ・スパイスを利かせた料理が楽しめるリゾート地。ナイター営業をしている時期は限られますが、展望プラザから望む神戸市街地の夜景やグラスハウスのライトアップが美しく、園内の雰囲気も抜群なので、デートにもおすすめ。ロープウェイからの夜景も美しく、まさに空中を散歩する気分で大パノラマを楽しめます。また、時期によっては「光の森」をテーマとしたイルミネーションも楽しめるので、公式サイトを要チェック!

■所在地:兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:ナイター営業時のみ21:00まで ※最終のロープウェイ(上り時刻)は20:15まで
■入場料金など:通常営業:大人往復1,400円 ナイター営業:大人往復800円
■注意点:神戸布引ハーブ園には車でアクセスができません。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nunobiki_harb_park/

10. 新港第一突堤緑地

神戸ベイエリアの夜景を一望できる注目の緑地
照明が美しい「神戸みなと温泉 蓮」を望む
照明が美しい「神戸みなと温泉 蓮」を望む

2015年12月にオープンした新港第1突堤緑地。メリケンパークの東側に位置し、「ラ・スイート神戸ハーバーランド」の両側にある遊歩道からはオリエンタルホテル、海洋博物館、神戸ポートタワーなどメリケンパークを中心に神戸ベイエリアの夜景が一望できます。雰囲気の良さは神戸の夜景スポットの中でも指折りで、電車でのアクセスが少々困難な場所にあるためか、休日でも混雑感はほとんどありません。東側に回るとライトアップされた神戸大橋が見渡せ、散歩をしながら景観の変化を楽しむのも良さそう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区新港町  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_1tottei/

11. 高浜岸壁

神戸ベイエリアを見渡せる定番のデートスポット
神戸ポートタワー・神戸海洋博物館方面を望む
神戸ポートタワー・神戸海洋博物館方面を望む

神戸在住の人でも「高浜岸壁」の名前を聞いて、すぐに場所を答えられない人も多いはず。モザイクの手前にある遊歩道一帯が高浜岸壁と呼ばれており、神戸ポートタワーや海洋博物館などメリケンパーク方面を見渡せます。結婚式場「ノートルダム神戸」がオープンしてからは神戸ベイエリアがより華やかになり、夜景も一段と美しさが増しました。岸壁の散歩を楽しんだり、モザイクで夜景を眺めながらディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_takahama/

12. メリケンパーク

モザイクガーデンのライトアップが最も綺麗に見える公園
神戸ポートタワーと遊歩道
神戸ポートタワーと遊歩道

ハーバーランドと並んで神戸ベイエリアを代表するデートスポット。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館など観光施設が充実していますが、海沿いの遊歩道を散歩しながら対岸のモザイクや観覧車を見渡せます。さらに、メリケンパークオリエンタルホテルに続くデッキからは一段高い場所から夜景を眺められ、雰囲気も抜群。対岸のハーバーランドと合わせて訪れると良いでしょう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町2丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放
■入場料金など:無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/meriken_park/

六甲山系からベイエリアまでバランスを取りながら夜景スポットを厳選しましたが、お気に入りの夜景スポットは見つかりましたでしょうか?今後、神戸をエリアやジャンルごとに区切ったまとめ記事もアップしていきますので、楽しみにしててくださいね!


Return Top