夜景INFOまとめ|夜景ドライブ&デートスポット

全国2,000ヶ所以上の夜景スポットを巡った夜景写真家が厳選!デートやドライブにおすすめしたい全国の夜景スポット情報をまとめました!

もう迷わない!関東で絶景夜景が楽しめる展望室15選

もう迷わない!関東で絶景夜景が楽しめる展望室15選
日本の首都・東京を有する関東エリアは展望室の数や規模も日本一。そこで今回は東京に限らず、千葉・神奈川も含めたおすすめの絶景夜景を観賞できる展望室をセレクト。東京や横浜を観光したついでに立ち寄ってみて下さいね。

1. 六本木ヒルズ 東京シティビュー

海抜250mの高さから望むスケール感ある東京夜景
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)

東京を代表する夜景スポットの1つ。海抜250mの高さから、東京タワーを中心に東京都心の夜景が360度見渡せます。展望フロアは照明が控えめで、夜景がとても見やすく、天井が高いため、開放感もあります。東京タワー方面は混雑していることが多いので、渋谷・新宿方面のフロアも狙い目ですよ。別料金になりますが、スカイデッキからの夜景も夜風を浴びながら楽しめてオススメです。

■所在地:東京都港区6-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日および休日 10:00~23:00(最終入館 22:30) 金・土・休前日 10:00~25:00(最終入館 24:00)
■入場料金など:大人1名:1,800円 学生(高・大学生):1,200円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/roppongihillscity/

2. サンシャイン60展望台

都内トップクラスの高さを誇る高層ビルの展望台
新宿方面を望む(南西方向)
新宿方面を望む(南西方向)

都庁が完成する1990年までは日本一の高さを誇る高層ビル。60階の最上階が展望台になっていて、360度の東京夜景を楽しめ、その夜景の美しさは都内最大級。2016年4月に展望台がリニューアルされてからはエンターテイメント施設となり、VRなどの最新技術も楽しめますよ。

■所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00 ※当日券の発売は20:50まで
■入場料金など:大人1名:1200円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunshine60/

3. 東京スカイツリー天望デッキ

迫力ある東京夜景を観賞できる高さ350mの展望台
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)

自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(R)。高さ350mの天望デッキからは東京タワーや東京ゲートブリッジが見渡せるほど視界が広く、まさに絶景が楽しめます。天望デッキからさらに100m上には「天望回廊」があり、入場は別料金になりますが、450mの高さから大パノラマが楽しめますよ。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台 8:00~22:00(最終入場 21:00)
■入場料金など:天望デッキ(大人1名): 事前日時指定券2,570円、当日入場券2,060円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skytree_1st/

4. 東京ソラマチ 30F スカイツリービュー

東京スカイツリーを間近で観賞できる穴場夜景スポット
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)

東京ソラマチの30階と31階にはレストランフロア「スカイツリービュー」があり、夜景とディナーが楽しめるお店があります。レストランの横にある展望ロビーからは正面にライティングされた東京スカイツリーが見渡せ、間近で眺める東京スカイツリーの美しさに誰もが驚くことでしょう。またエレベーターホールからも東京下町の夜景を眺められるので、ディナーと合わせて訪問してみてはいかがでしょうか。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:11:00~23:00
■入場料金など:
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/solamachi_30f/

5. 東京タワー 大展望台

東京を代表するシンボルから眺める迫力ある東京夜景
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)

東京タワーが2018年3月3日からリニューアルされ、名称も「大展望台」から「メインデッキ」に変わるようです。大展望台は地上145mと150mの2フロアに分かれており、東京都心の大パノラマが広がり、六本木ヒルズやレインボーブリッジなどが見渡せます。東京タワーを眺めるのも楽しめますが、展望台からの夜景も素晴らしいので、是非楽しんでみてください。

■所在地:東京都港区芝公園4-2-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~22:00(最終入場21:45)
■入場料金など:大人1人:900円(特別展望室は別料金)
■注意点:混雑状況により早めに券売が終了する場合もあるようです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyo_tower1/

6. 都庁北展望室

地上202mの展望室から東京夜景を一望
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)

外国人観光客にも絶大な人気がある都庁の展望室。北展望室と南展望室の2つありますが、北展望室が休室している日は南展望室から夜景が楽しめます。週末には荷物検査の入場ゲート前に大行列ができるほどの混雑ぶりで、夜景撮影にあたって三脚や暗幕が使えないのもわかる気がします。 高さ202mの展望室からの眺めは絶景で、天気が良ければ富士山のシルエットが浮かび上がり、街の夜景と自然の調和が楽しめます。正面に見渡せるパークハイアットや住友ビルなどの超高層ビルも迫力があります。 レストランからも夜景が見えるので、混雑を避けて食事やお酒と一緒に夜景を楽しむデートプランもおすすめ。

■所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで (第2及び第4月曜日は休室)
■入場料金など:
■注意点:入場前に荷物検査があります。三脚の利用不可。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyoprefnorth/

7. キャロットタワー

東京郊外と神奈川方面の夜景を一望できる雰囲気に優れた展望ビル
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)

ニンジン色に見えるレンガ調の外壁が特徴的なキャロットタワー。最上階に無料開放された展望スペースがあり、世田谷通りを中心に西向きをメインとした夜景が楽しめます。郊外の夜景となるため、他の都心の展望室に比べるとやや光量が控えめですが、向かいにあるレストランからは東京タワーや東京スカイツリーが見渡せます。また、展望スペースに隣接するバー&カフェからは手頃な価格でコーヒーやお酒も楽しめるので、デートにもオススメ!

■所在地:東京都世田谷区太子堂4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:30~23:00まで 休館日 第2水曜日、年末年始
■入場料金など:
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/carrot_tower/

8. 練馬区役所 展望ロビー

富士山・スカイツリーも眺められる無料開放された展望ロビー
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)

本庁舎20階に無料開放された展望ロビーがあり、天気が良ければ富士山も見渡せる絶景スポット。周囲に大きな建物が少ないためか、見晴らしが良く大パノラマが視界一面に広がります。展望ロビーが明るいためか、映り込みが少し気になりますが、訪れる人が少ないためか、静かに夜景を楽しめるのが嬉しいところ。同じフロアにある展望レストランからは東京タワー・東京スカイツリーも見渡せるので、夜景ディナーも心ゆくまで楽しめそう!

■所在地:東京都練馬区豊玉北6-12-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで ※毎月第4日曜日、12月29日~1月3日は閉庁日
■入場料金など:
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nerimacity/

9. 文京シビックセンター 展望ラウンジ

新宿の高層ビルや富士山方面を一望できる人気の展望室
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)

新宿副都心方面を中心に東京都心の夜景が楽しめる定番スポット。高さは142mあり、都内の区役所では最も高いとか。展望ロビーからは270度の視界が広がり、天気が良ければ夕暮れに富士山のシルエットも見渡せ、東向きには東京スカイツリーも見渡せます。窓ガラスが斜めになっていて、室内の反射が押さえられており、夜景観賞者に配慮されているのも嬉しいポイント。公共施設の展望ロビーではテッパンと言える展望レストランもあるので、要チェック!

■所在地:東京都文京区春日1-16-21  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~20:30 ※年末年始(12月29日~1月3日)・5月第3日曜日は休館
■入場料金など:
■注意点:展望ラウンジでは三脚の利用が禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/civiccenter/

10. タワーホール船堀

東京スカイツリーも眺められ、360度の眺望が開けた展望室
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)

都内の無料展望室の中で夜景写真家・岩崎が大絶賛する夜景スポット。東京都心から少し離れていますが、都営新宿線船堀駅から徒歩1分と好アクセスで、高さ115mの展望室からは360度の大パノラマが広がります。都心の展望室に比べて東京スカイツリーが近く、東京ゲートブリッジも良く見渡せます。周囲に大きな建物が無いためか見晴らしが良く、無料で入場できるのが信じられないほど。タワーホール船堀からの夜景を見るためだけに、都心から足を運ぶ価値は十分にありますよ。

■所在地:東京都江戸川区船堀4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで
■入場料金など:
■注意点:暴風など、天候により運行を停止する場合があります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/towerhall/

11. 横浜ランドマークタワー スカイガーデン

東日本一の高層ビルに設けられた360度の視界が広がる展望台
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)

まさに横浜みなとみらいを代表するテッパンの夜景スポット。大阪のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高い超高層ビルで、69階に「スカイガーデン」と呼ばれる展望台があります。360度全方向の夜景が見渡せ、夕暮れには天気が良ければ富士山のシルエットが綺麗に浮かび上がります。特に人気があるのはみなとみらいエリアを見下ろせる東方向のロビーで、遠くには空気が澄んでたら東京タワーや東京スカイツリーが見えるほど視界の広さに誰もが驚きます。

■所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:通常営業は10:00~21:00(最終入場:20:30) 延長営業は10:00~22:00(最終入場:21:30) ※毎週土曜日・月曜日が休みの場合の前日日曜日
■入場料金など:大人1,000円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/landmark_tower/

12. 横浜マリンタワー

地上106mから横浜夜景を眺められる展望台
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)

横浜港の開港100周年を記念してオープンした横浜マリンタワー。2009年5月にリニューアルオープンしてからお洒落な夜景デートスポットに生まれ変わりました。展望台からはみなとみらいエリアを中心に360度の夜景が広がり、横浜ベイブリッジも良く見えます。室内の照明が控えめで、それほど混雑感も無く、大人が落ち着いて夜景デートを楽しめるのもポイント。1階にはお洒落なカフェレストランがあるので、夜景観賞の後にディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:神奈川県横浜市中区山下町15番地  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:30まで(最終受付22:00)
■入場料金など:大人1名:750円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/marine_tower/

13. 江の島シーキャンドル

江の島・湘南エリアのシンボルとして有名な観光・デートスポット
展望室内の雰囲気
展望室内の雰囲気

関東三大イルミネーションでもお馴染みの展望灯台。屋外と屋内に展望台があり、江の島大橋を中心に藤沢市内の夜景が見渡せます。展望台はムードもあり、夜景を眺めながら語り合うようなデートにもおすすめ。毎年冬になるとイルミネーションも楽しめるので、冬の訪問が特におすすめ。

■所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで(最終入場19:30)
■入場料金など:大人500円 (江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
■注意点:荒天時等は営業を中止する場合あり
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/enoshimaseacandle/

14. 千葉ポートタワー

千葉港を中心とした夜景を楽しめる展望タワー
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念にオープンした展望タワー。展望フロアの高さは100m以上あり、360度の大パノラマが見渡せます。室内は照明が控えめで夜景が見やすく、天気の良い日であれば夕暮れに富士山も見渡せるでしょう。無料駐車場も完備されていて、ドライブデートとの相性も抜群。なお、恋人の聖地にも認定された「サンセットプロムナード」では、南京錠を取り付けることもできますよ。

■所在地:千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6月~9月は9:00~21:00 10月~5月は月〜金 9:00~19:00/土日祝 9:00~20:00 ※強風等により臨時休業する場合あり 休館日:12月28日~31日、1月1日~1月4日
■入場料金など:大人1名:420円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chibaport_tower/

15. アイ・リンクタウン展望施設

江戸川を中心とした夜景を楽しめる無料開放された展望ビル
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)

市川駅に隣接する高層マンション「ザ ・タワーズ・ウエスト」の45階に展望施設があり、地上150mの高さから360度の夜景が楽しめます。観賞場所は屋外の展望デッキと、屋内の展望ロビーがあり、季節に応じて観賞場所を使い分けるのも良いでしょう。景観は江戸川や東京スカイツリーが中心で、無料の施設とは思えないほど見応えがあります。

■所在地:千葉県市川市市川南1-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(展望デッキは21:00まで) ※毎月第1月曜(祝日に当たる時は直後の平日)、 年末年始(12月29日~1月3日)は休館 天候不良で予告なく閉鎖する場合あり
■入場料金など:
■注意点:三脚の利用は禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ilink/

東京や横浜には数え切れないほど夜景スポットがありますが、ここでは紹介していない展望室もたくさんあるので、時間があればデートや観光ついでに足を運んで下さいね!


Return Top