夜景INFOまとめ|夜景ドライブ&デートスポット

全国2,000ヶ所以上の夜景スポットを巡った夜景写真家が厳選!デートやドライブにおすすめしたい全国の夜景スポット情報をまとめました!

絶景夜景が目の前に!関西のおすすめ夜景展望室10選

絶景夜景が目の前に!関西のおすすめ夜景展望室10選
関西は全国屈指の夜景スポットが数多くありますが、関西の夜景=六甲山・生駒山などのイメージが強く、車が無いと行きづらい場所が多い印象があります。そこで、関西に観光で訪れた時に一緒に訪れたい展望室を厳選!公共交通機関(五老スカイタワーを除く)で訪問しやすい場所を中心に大阪・神戸・京都の夜景名所をセレクトしました。

1. ハルカス300(展望台)

大阪夜景を360度眺望できる日本一の超高層ビル
トワイライトタイムに大阪ベイエリア方向を望む(西方向)
トワイライトタイムに大阪ベイエリア方向を望む(西方向)

日本一高いビルとして知られるあべのハルカス。58階~60階が展望台になっており、360度の大パノラマ夜景が見渡せます。光量も美しさもスケールも他の夜景スポットに比べて圧倒的。特に夕暮れ~トワイライトタイムにかけての西向きの眺望はおすすめ。

■所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~22:00(年中無休) ※当日券の販売は8:50~21:20
■入場料金など:当日券:1,500円 日時指定券:2,000円
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/abenoharukas/

2. 梅田スカイビル 空中庭園展望台

大阪を代表する地上170mの高さを誇る屋上展望台
西梅田・中ノ島方面を望む(南方向)
西梅田・中ノ島方面を望む(南方向)

大阪・梅田で最も知られた夜景スポット。地上170mの高さを誇る超高層ビルの屋上が展望台になっており、大阪市内を中心に360度の絶景が広がります。他の展望ビルと異なり、屋外から夜風を浴びながら夜景を楽しめるが嬉しいところ。寒い時期は屋内の展望ロビーからも夜景を観賞できるので、季節を問わず夜景を楽しめるのもポイント。

■所在地:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:30(最終入場22:00) ※季節によって異なる場合あり
■入場料金など:大人1名:1,000円(2018.7.2以降は1,500円)
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skybldg/

3. 大阪府咲洲庁舎展望台

西日本一の高さを誇る展望タワーから望む大パノラマ夜景
展望ロビーの雰囲気
展望ロビーの雰囲気

大阪府咲洲庁舎(旧WTCコスモタワー)に展望台が整備されており、地上252mの高さを誇る展望台からは360度の大パノラマが見渡せます。大阪ベイエリアを眼下に、天気が良ければ明石海峡大橋や神戸の夜景も見渡せるほど。 窓ガラスが斜めになっていて、映り込みを気にせず夜景を楽しめ、混雑感もなくゆったりと夜景を楽しめるのも魅力。

■所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1-14-16  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:営業時間 11時〜22時(最終入場21:30) 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日振替)
■入場料金など:入場料:大人 700円 中学生・小学生 400円 幼児 無料
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/wtc_osaka/

4. 堺市役所

堺市内を中心に360度の夜景を一望できる展望ロビー
遠くにあべのハルカスを望む(北方向)
遠くにあべのハルカスを望む(北方向)

堺市内を中心に360度の夜景が見渡せる展望ロビー。休日でも混雑感なく、ゆったりと夜景を楽しめるのが嬉しい。遠くは神戸方面、あべのハルカスなども見渡せます。展望ロビーには堺の歴史や文化が学べる展示も充実しており、カフェ「ミエール」も営業していて、ゆったり寛げるのもポイント。

■所在地:大阪府堺市堺区南瓦町3-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:21:00まで(年中無休)
■入場料金など:
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sakaicity/

5. 東大阪市役所 22階展望ロビー

東大阪JCの迫力ある夜景を観賞できる展望ロビー
東大阪JCTとあべのハルカスを望む(西方向)
東大阪JCTとあべのハルカスを望む(西方向)

無料の展望施設とは思えないほど、夜景が美しい人気スポット。東大阪市内を中心に大阪の夜景を大パノラマで楽しめます。特に東大阪ジャンクションが見える西向きは大人気。公共施設でありながら、24時まで開放されているので、時間を気にせずゆっくりを楽しめるのも嬉しい。展望レストラン「スカイラウンジ22」もあるので、夜景ディナーも心ゆくまで楽しめる。

■所在地:大阪府東大阪市荒本北1-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24:00まで(年末年始は休業)
■入場料金など:
■注意点:展望ロビーからの撮影が一部の方角を除いて、原則禁止になっています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/higasiosaka/

6. 泉大津PA

年中開放された展望フロアから望む湾岸夜景
関空・りんくう方面を望む
関空・りんくう方面を望む

阪神高速湾岸線の上下線に設けられたパーキングエリアで、上り側のビルに展望ロビーが設けられており、22時まで無料開放されています。眼下には湾岸線を走る車が見え、遠くは関空・りんくう方面が見渡せるほどの視界の広さが特徴です。ソファも設けられており、ゆっくりと寛げるのも嬉しいポイント。ドライブ途中の休憩ついでに、立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:大阪府泉大津市なぎさ町6-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで
■入場料金など:
■注意点:上下線両方からビルの展望フロアに入ることができます。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/izumi/

7. 神戸ポートタワー

神戸のシンボルから望む360度の夜景
神戸市街地を望む(北方向)
神戸市街地を望む(北方向)

神戸を代表するシンボルの1つである神戸ポートタワーはハーバーランドやメリケンパークが立地する神戸ベイエリアにあり、赤色の独特のパイプ構造が特徴で、「鉄塔の美女」とも呼ばれているとか。夜はイルミネーションでライトアップされ、時間帯によってLEDパターンの変化も楽しめるため、建物自体を眺めるのもおすすめです。4階と5階に展望室があり、神戸ベイエリアを中心に360度の眺望が広がります。どの方角も美しく、ずっと眺めていると時間が経つのを忘れてしまうほど。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3月~11月 9:00~21:00(最終入場 20:30) 12月~2月 9:00~19:00(最終入場 18:30)
■入場料金など:大人1名(高校生以上):700円
■注意点:詳細な営業時間・料金は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/port_tower/

8. 神戸市役所 展望ロビー

南北の展望ロビーから神戸の中心部を望む
神戸ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)
神戸ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)

神戸では屋内から無料で夜景を楽しめる貴重な展望ロビー。市役所1号館の24階に上がるとポートアイランド方面と三ノ宮方面が見渡せるロビーがあり、南側のロビーは神戸大橋や美しい高層マンションのまばゆい光が視界一面に広がります。JRや阪急の三宮駅から徒歩圏にあるにも関わらず、特に平日は訪問者も少なく、ソファに座ってゆったりと寛げます。同フロアには展望レストランがあり、夜景を眺めながらの食事も楽しめるのも嬉しいポイント。なお、ルミナリエの点灯時期は展望ロビーが大混雑するので、ご注意を。

■所在地:兵庫県神戸市中央区加納町6−5−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日 8:15~22:00 土日祝 10:00~22:00 休館日:年末年始(12月29日から1月3日)・設備点検日
■入場料金など:
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobecity/

9. 京都タワー展望室

地上100mの展望室から360度の大パノラマ夜景を観賞
展望室の雰囲気
展望室の雰囲気

京都タワーの展望室は地上100mの高さにあり、京都盆地の大パノラマを360度見渡せます。天気の良い日は大阪方面もキレイに見渡せ、あべのハルカスが見える日もあるほど。展望室内は雰囲気も良く、京都らしい落ち着きある夜景が楽しめます。京都観光の締めに是非立ち寄ってみて下さいね。

■所在地:京都府京都市下京区烏丸七条下‎東塩小路町721-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:00(最終入場20:40)
■入場料金など:大人1名:770円
■注意点:季節によって営業時間が変更される場合があります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kyoto_tower/

10. 五老スカイタワー

舞鶴市街地の夜景が見渡せる展望タワー
夕暮れに舞鶴西港を望む(南西方向)
夕暮れに舞鶴西港を望む(南西方向)

関西で日本海側にある唯一の展望施設。展望室の高さは地上28.2mと低く感じられますが、山の上にあるため海抜では300mを超える高さに位置します。リアス式海岸と市街地の夜景が美しく、夕暮れから訪れるとより美しい景色が楽しめます。夜間に入場できる時期は限られているため、公式サイトを確認すると良いでしょう。

■所在地:京都府舞鶴市上安237  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:4月〜11月 平日 9:00〜19:00 / 土日祝 9:00〜21:00 12月〜3月 平日/土日祝 9:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※年中無休
■入場料金など:大人1名:200円(高校生以上)
■注意点:
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/goro-sky/

関西の展望室は関東圏に比べて数は少ないですが、東京にも負けないほどのスケールが自慢の展望室が数多くあります。関西に来られた際は是非、夜景も楽しんで下さいね。


Return Top