函館の夜景&裏夜景スポット10選

函館と言えばナポリ、香港と並ぶ日本三大夜景! 最近は日本新三大夜景の札幌の方が認知度が上がっていますが、函館夜景にも魅力はあります。 函館山を中心にベイエリアや裏夜景まで函館の夜景をたっぷり紹介します!

1. 函館山

日本三大夜景・世界三大夜景で有名な夜景名所
函館山からのトワイライトビュー(北東方向)
函館山からのトワイライトビュー(北東方向)

日本三大夜景・世界三大夜景・北海道三大夜景の3つのブランドを称し、北海道内に限らず、全国的にも有名な夜景スポット。展望台からは函館市内を中心とした夜景が広がり、地形の形も特徴的で、一度見るとなかなか頭から離れません。休日はロープウェイが混雑しますが、夜22時以降の空いた時間を狙って、車で訪問するカップルも多いようです。

■所在地:北海道函館市函館山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:4月25日~10月15日(下り最終22:00) 10月16日~4月24日(下り最終21:00) ※登山道がロープウェイ営業終了後に開放されている時期は終日観賞可
■入場料金など:ロープウェイの普通運賃 大人1名往復:1,500円 片道:1,000円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hakodateyama/

2. 函館西波止場

波止場や赤れんが倉庫のライトアップが美しい観光名所
西波止場から函館港を一望する
西波止場から函館港を一望する

はこだて海鮮市場やスターバックスなどが入居する商業施設でお土産なども充実しています。波止場の付近に展望スペースがあり、函館ベイエリアのライトアップを中心とした夜景を見渡せます。

■所在地:北海道函館市末広町24-6  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nishihatoba/

3. 元町公園

函館港の夜景を一望できる開放的な展望公園
函館ベイエリアを中心に望む北東方向)
函館ベイエリアを中心に望む北東方向)

函館で観光地として有名な元町公園。付近にはライトアップされた旧函館区公会堂もあり、夜景スポットを案内するタクシーの姿も目立ちます。公園が高台にあることから見晴らしが良く、函館ベイエリアを一望できます。周りの雰囲気も良いので、散歩しながら夜景デートを楽しんでみては?

■所在地:北海道函館市元町12-18  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/motomachi_park/

4. 八幡坂

函館ベイエリアの夜景を眺められる有名な坂
八幡坂の雰囲気(北東方向)
八幡坂の雰囲気(北東方向)

CMの影響で「チャーミーグリーンの坂」と呼ばれた時期があり、遠くに函館ベイエリアの夜景が見渡せます。視界はさほど広くありませんが、雰囲気が良くお散歩デートにもおすすめ。

■所在地:北海道函館市元町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hachimanzaka/

5. 金森赤レンガ倉庫

オレンジ色にライトアップされる暖かい雰囲気の倉庫街
ライトアップされた赤レンガ倉庫を眺める
ライトアップされた赤レンガ倉庫を眺める

金森赤レンガ倉庫にはショッピングモールやレストランがあり、函館を代表する観光名所です。オレンジ色にライトアップされた倉庫街が美しく、暖かみを感じさせてくれます。

■所在地:北海道函館市末広町14-12  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:ライトアップの点灯時間は原則22:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kanemori_akarenga/

6. 東浜桟橋

函館ベイエリアを一望できるライトアップされた桟橋
函館ベイエリアを望む(東方向)
函館ベイエリアを望む(東方向)

1871年(明治4)に作られた歴史ある桟橋で、函館ベイエリアの夜景を一望できます。函館中心地から少し離れた場所にあるためか混雑感も少なく、ゆったりと夜景を楽しめます。

■所在地:北海道函館市末広町24-22  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放 ※函館ベイエリアのライトアップは原則22:00で消灯
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/higashihama_sanbashi/

7. ともえ大橋

函館湾を中心に函館市内の夜景を一望できる橋の歩道
歩道から函館港を中心に望む(北方向)
歩道から函館港を中心に望む(北方向)

函館ベイエリアを縦断する全長約2kmの道路で、海側に歩道が整備されており、函館港を中心とした広大な夜景を見渡せます。歩道は高度があることから視界が広く、散歩をしながら美しい夜景が楽しめます。

■所在地:北海道函館市若松町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tomoe_bridge/

8. 五稜郭タワー

函館市内の夜景を360度眺望できる展望台
日没後の函館山・函館港方面の眺め
日没後の函館山・函館港方面の眺め

高さ107mの五稜郭タワーに「五稜郭歴史回廊」と呼ばれる五稜郭の歴史を学べるスペースが設けられており、景色を楽しめるだけでなく、博物館並みに充実した展示が整っています。歴史ファンにもオススメしたいスポットと言えます。

■所在地:北海道函館市五稜郭町43-9  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:年中無休 4月21日~10月20日 8:00~19:00 10月21日~4月20日 9:00~18:00 五稜星の夢期間中(冬季) 9:00~19:00
■入場料金など:大人1名:900円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/goryokaku_tower/

9. きじひき高原

函館市内を中心とした夜景を観賞できる裏夜景スポット
函館山を中心に函館市内を望む(南方向)
函館山を中心に函館市内を望む(南方向)

函館山を望む夜景を「裏夜景」と呼び、裏夜景スポットは北斗市周辺に点在しています。きじひき高原も代表的な場所の一つで、函館市内を一望できます。開放時間は限られますが、展望台も整備されていて、夜景だけでなく昼間のドライブも心地良いですよ。

■所在地:北海道北斗市村山  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放(キャンプ場は21:00まで)
■注意点:北海道内は冬季は通行禁止となる道路が多く、時期によっては夜景が観賞できないことがあります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kijihiki/

10. 城岱牧場展望台駐車場

函館の裏夜景スポットの代表格とも言える夜景名所
函館山を中心とした夜景(南方向)
函館山を中心とした夜景(南方向)

函館の裏夜景スポットで最もスケールが大きい場所。牧場の展望台に駐車場が整備されており、駐車場から函館山方面の夜景を広範囲に見渡せます。函館市内からは少し離れていますが、レンタカーを借りてでも訪問する価値はあるでしょう。なお、冬期は通行が禁止されるので、予め公式サイトなどで確認されることをオススメします。

■所在地:北海道七飯町上藤城  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:毎年11月~4月頃まで通行禁止 屋内展望の開放期間 5中旬~10月中旬 9:00~17:00 7~8月の土曜日のみ21:00まで開放
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shirotai_farm/

函館は北海道内でも気候が高く、他の地域に比べて雪の影響も受けにくいので、年間を通じて安定的に観光が楽しめるはず。もし、函館で宿泊されるなら露天風呂から夜景を楽しめて朝食が美味しい「ラビスタベイ函館」もおすすめですよ。