MENU

感動夜景

夜景写真家・フォトグラファー 岩崎 拓哉 監修!夜景INFOまとめ

一生に一度は見たい!東日本の絶景夜景スポット15選


全国には誰もが感動するほど美しい夜景スポットが多数ありますが、日本三大夜景に限らず、絶景夜景スポットが各地に点在します。今回は東日本で一度は見ておきたい、夜景スポットを15ヶ所セレクト。北海道や関東に限らず、地方にも素晴らしい夜景スポットがあるので、是非足を運んでみてくださいね。

1. 藻岩山

日没後に石狩方面の夜景を望む(北方向)
日没後に石狩方面の夜景を望む(北方向)

北海道三大夜景&日本新三大夜景で有名な札幌の夜景。藻岩山は北海道では有名ですが、本州など他のエリアの方には少し馴染みがありません。北海道で最も光量ある夜景が楽しめる場所としてカップルから観光客まで人気があり、まるで宝石箱をひっくり返したかのような光輝く夜景が楽しめます。

■所在地:
北海道札幌市南区藻岩山 付近 [ 地図 ]
■時間:
夏期(4/14〜11/20)10:30~22:00 冬期(12/1〜4/7)11:30~21:00 ※年末年始は営業時間が異なる場合があります 4月上旬に10日間程度の運休期間があります
■入場料金など:
ロープウェイ&もーりすカーセット料金 大人1名:1,700円(往復)900円(片道) ※藻岩山観光自動車道を経由(中腹まで)する場合は通行料が1,200円必要
■近隣の駅:
札幌市電山鼻線 ロープウェイ入口駅 山麓駅まで 徒歩約7分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/moiwayama/

2. 函館山

函館山からのトワイライトビュー(北東方向)
函館山からのトワイライトビュー(北東方向)

日本三大夜景・世界三大夜景・北海道三大夜景の3つのブランドを称し、北海道内に限らず、全国的にも有名な夜景スポット。展望台からは函館市内を中心とした夜景が広がり、地形の形も特徴的で、一度見るとなかなか頭から離れません。休日はロープウェイが混雑しますが、夜22時以降の空いた時間を狙って、車で訪問するカップルも多いようです。

■所在地:
北海道函館市函館山 付近 [ 地図 ]
■時間:
4月25日~10月15日(下り最終22:00) 10月16日~4月24日(下り最終21:00) ※登山道がロープウェイ営業終了後に開放されている時期は終日観賞可
■入場料金など:
ロープウェイの普通運賃 大人1名往復:1,500円 片道:1,000円
■近隣の駅:
函館市電2系統 十字街駅 函館山ロープウェイ「山麓駅」まで 徒歩約10分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/hakodateyama/

3. 釜臥山

日没直後のむつ市方面の夜景(南東方向)
日没直後のむつ市方面の夜景(南東方向)

本州の最北端に位置する夜景スポットで、青森市内から車で約2時間30分もかかるほど離れた場所にあります。夜のアゲハ蝶と称され、街明かりの形がアゲハ蝶に似ていることから、その名前が付けられました。訪問できる時期は限られていますが、青森県内でも最大級の夜景が楽しめます。ドライブついでに立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:
青森県むつ市大湊 付近 [ 地図 ]
■時間:
8:30~21:30 開館日 5月中旬~11月3日 冬季は道路が閉鎖
■車内観賞
一部可
■近隣の駅:
JR大湊線(はまなすベイライン大湊線) 下北駅 車で約40分
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/kamafuseyama/

4. 西蔵王公園 展望広場

日没直後に山形市内を一望する
日没直後に山形市内を一望する

山形県内で最も有名な夜景スポット。西蔵王公園には展望ポイントがいくつかありますが、中でも展望広場は最も環境が整っていて、雰囲気が良くてデートにもおすすめ。山形市内の大パノラマの美しさは誰もが圧倒されることでしょう。車内からはそれほど夜景が見えませんが、ベンチに座ってゆったりと夜景を楽しむのがおすすめ。

■所在地:
山形県山形市岩波 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
一部可
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/nishizaoutenbou/

5. 信夫山 烏ヶ崎展望デッキ

日没後に福島市内の夜景を望む
日没後に福島市内の夜景を望む

信夫山にはいくつか夜景スポットがありますが、烏ヶ崎展望デッキは最も夜景が美しい場所です。駐車場から暗い道を少々歩きますが、県内最大級の見応えある夜景が楽しめます。福島駅を中心に大パノラマが見渡せ、遠方から訪れても感動すること間違い無いでしょう。

■所在地:
福島県福島市御山羽山 付近 [ 地図 ]
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/shinobuyama_torigasaki/

6. 筑波山

つくば市方面の夜景を望む(南方向)
つくば市方面の夜景を望む(南方向)

男体山(標高871m)と女体山(標高877m)の2つの山からなる筑波山。「西の富士、東の筑波」と称されるほど有名で、時期限定でロープウェイが夜間運行され、展望広場からは関東平野の大パノラマが広がります。天気が良ければ東京都心や東京スカイツリーも見えるほど。カップルから家族連れまで幅広い層が楽しめそう。

■所在地:
茨城県つくば市筑波 付近 [ 地図 ]
■時間:
主に10月~2月の週末に夜間運行しています。 詳細は公式ホームページにて。
■入場料金など:
ロープウェイの運賃(大人): 片道630円/往復1,120円
■近隣の駅:
つくばエクスプレス つくば駅 バス乗車
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/tsukubasan/

7. 秩父ミューズパーク展望台

秩父方面の夜景を望む
秩父方面の夜景を望む

秩父ミューズパーク内には夜景が見渡せる場所がいくつかありますが、駐車場から5分ほど歩いた場所にある展望台も夜景スポットの1つで、見晴らしは抜群です。秩父市街地のパノラマ夜景が視界一面に広がり、見応えもあります。震災後に秩父公園橋がライトダウンされてから、少々寂しい夜景となりましたが、街明かりが近いため、今でも十分楽しめるはずです。駐車場からは暗い道を歩くので、懐中電灯を持参しましょう。

■所在地:
埼玉県秩父市田村 付近 [ 地図 ]
■近隣の駅:
西武秩父線 西武秩父駅 秩父ミューズパク循環バス「ぐるりん号」乗車
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/museparktenbou/

8. ヤビツ峠 菜の花台

トワイライトタイムに秦野市内を望む
トワイライトタイムに秦野市内を望む

神奈川県内では「湘南平」「チェックメイトC.C.付近」に並んで有名な夜景スポット。平日・週末問わず夜景を目的に若者グループやカップルが訪れ、思い思いに夜景を楽しんでいます。秦野・伊勢原方面が中心ですが、視界が広く、県内最大級のパノラマ夜景に誰もが圧倒されます。駐車場からも夜景が見えるので、寒い時期でも安心。天気が良い日であれば、富士山もキレイに見えます。

■所在地:
神奈川県秦野市羽根1079-5 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
一部可
■近隣の駅:
小田急線 秦野駅 バス乗車
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/nanohanadai/

9. チェックメイトC.C.

富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)
富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)

チェックメイトカントリークラブへ向かう途中の道路がビューポイント。大井町や小田原方面の夜景が視界一面に広がり、車を停めて夜景を楽しむカップルの姿が目立ちます。パノラマ系の夜景スポットの中では県下最大級で、週末にもなると大勢の人であふれかえるほど。神奈川で夜景ドライブをするなら一度は訪問しておきたい。

■所在地:
神奈川県松田町松田惣領3033-1 付近 [ 地図 ]
■車内観賞
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/checkmatecc/

10. 湘南平

電波塔を入れて湘南の夜景を写す(東方向)
電波塔を入れて湘南の夜景を写す(東方向)

神奈川県内では横浜みなとみらいエリアを除いて最も有名な夜景スポット。カップルの聖地とも言えるほど、夜景を眺めるカップルが多く、ドライブデートスポットとしても絶大な人気を誇る。平塚方面の夜景が美しいのはもちろん、雰囲気も良いため、長居するカップルも多い。告白やプロポーズにもおすすめ。

■所在地:
神奈川県平塚市万田790 付近 [ 地図 ]
■時間:
展望台は21:30まで(電波塔は終日開放)
■近隣の駅:
JR東海道本線(東京~熱海) 平塚駅 バス乗車
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/syonandaira/

11. 甘利山

トワイライトタイムに甲府盆地を一望する(南東方向)
トワイライトタイムに甲府盆地を一望する(南東方向)

レンゲツツジの名所として知られる甘利山は標高が1,731mもあり、駐車場から真っ暗な道を少々歩くため、訪問するハードルは高くなりますが、甲府盆地の大パノラマが見渡せます。天気が良ければトワイライトタイムに富士山のシルエットが見渡せ、写真愛好家にも人気があります。冬期は通行規制で道が通れない場合があるので、予め確認した上で出掛けるようにしましょう。懐中電灯もお忘れ無く。

■所在地:
山梨県韮崎市 付近 [ 地図 ]
■時間:
※11月末~冬期は通行止め。詳細は「山梨県道路規制情報」を参考
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/amariyama/

12. 香貫山

駿河湾を中心とした夜景(西方向)
駿河湾を中心とした夜景(西方向)

静岡県内でトップクラスの美しい夜景が楽しめるスポット。駐車場から20分近く、真っ暗な道を歩く必要があり、訪問するにはハードルが高いのですが、苦労に見合うだけの絶景が楽しめます。駿河湾を中心に大パノラマが広がり、沼津市・静岡市を中心とした街明かりが特徴的です。あまりの美しさに、じっと眺めていたくなること間違いなし。

■所在地:
静岡県沼津市上香貫 付近 [ 地図 ]
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/kanukiyama/

13. 笛吹段公園

東名高速道路を中心とした夜景(南西方向)
東名高速道路を中心とした夜景(南西方向)

高草山に登る途中にある公園で、展望台が整備されており、東名高速を中心に焼津市・藤枝市方面の夜景が視界一面に広がります。見晴らしが良く、地元でも夜景スポットとして人気があるようです。アクセスは少々険しいですが、焼津市を中心とした大パノラマが広がり、駐車場から歩く時間が短いので、手軽に訪問できると思います。

■所在地:
静岡県焼津市坂本 付近 [ 地図 ]
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/fuefukidan_park/

14. 金華山展望台

長良川を中心に岐阜市内の夜景を望む
長良川を中心に岐阜市内の夜景を望む

ロープウェイでアクセスできる金華山展望台は、時期によっては、夜間運行をしています。長良川を中心に岐阜市内の大パノラマが見渡せ、誰もが驚くほどの美しさです。光量も十分にあり、見応えのある夜景が楽しめます。名古屋や関西など遠方からでも訪れる価値は十分にあります。

■所在地:
岐阜県岐阜市槻谷 付近 [ 地図 ]
■時間:
ナイター営業時は22:30または22:00まで ※詳細は公式サイトを確認
■入場料金など:
大人往復1,100円 ※ナイター営業運賃(18:00以降の乗車)は900円 最近の料金は金華山ロープウェーのホームページを参照
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/kinkazanpoint/

15. 池田山

岐阜市中心部の夜景を望む
岐阜市中心部の夜景を望む

山道の途中にあるフライトエリア(発進基地)周辺は広大な展望スペースになっており、岐阜市内を中心とした夜景が見渡せ、カップルやグループに人気があります。天気が良ければ、名古屋方面もきれいに見えます。ただし、冬季は雪が積もることから道路が閉鎖されるようです。

■所在地:
岐阜県池田町小寺 付近 [ 地図 ]
■時間:
毎週土曜日 21時00分~翌5時00分は道路が閉鎖されます。 冬季は雪のために道路が閉鎖されるようです。
■詳細URL:
https://www.nightview.info/yakei/detail/ikedayama/

今回は東日本の夜景スポットを厳選して紹介しましたが、その他の夜景スポット情報は「夜景INFO」も参考にしてくださいね!なお、夜景INFOのトップページでは西日本と東日本の夜景スポットランキング上位5位を発表しています。
 

エリアで夜景まとめ記事を探す