富士山+夜景が美しいスポット12選(静岡・山梨・神奈川編)

富士山が見えるビュースポットは関東・静岡県・山梨県等に数え切れないほどありますが、夜景と一緒に見える場所となると数は限られます。そこで今回は、静岡県・山梨県・神奈川県で富士山と夜景をキレイに見渡せるスポットを厳選して紹介します。

1. ふじのくに田子の浦みなと公園

富士山のシルエットと漁港の夜景が楽しめる公園
富士山のシルエットと田子の浦港の夜景(北方向)
富士山のシルエットと田子の浦港の夜景(北方向)

田子の浦の漁港近くに整備された公園で、富士市を代表する工場夜景スポットとしても高い認知度を誇ります。展望台からは天気が良ければ富士山を中心にセメント工場や製紙工場の明かりも見渡せます。休日の夕方は混雑することが多いので、平日が狙い目。

■所在地:静岡県富士市前田  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tagonoura/

2. 日本平ホテル スカイテラス

トワイライトタイムの富士山と夜景が美しいテラス
富士山と清水区の夜景を望む(北東方向)
富士山と清水区の夜景を望む(北東方向)

静岡市の観光名所である日本平にある日本平ホテルは2012年10月に全面リニューアルされ、美術館のような雰囲気のホテルになっています。ホテルの6階にあるスカイテラスからは富士山と清水港を見渡せ、雰囲気も抜群。ホテルのレストランからも富士山が眺められるので、絶景と共に食事を楽しむプランも良さそう。

■所在地:静岡県静岡市清水区馬走1500-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:19時頃(不定)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nihondaira_hotel/

3. 薩捶峠

富士山と光跡夜景を眺められる絶景ポイント
遠くに富士山を望む
遠くに富士山を望む

東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置する峠で知られており、東名高速道路と国道1号線が交差する交通の要になっています。さった峠には展望台があり、天気が良ければ富士山と往来する車を観賞できます。写真撮影スポットとしても人気があり、富士山が見える日は写真愛好家で混雑しますが、真っ暗になると混雑感は無くなるはずです。なお、駐車場までは険しい道が続くので、初心者ドライバーは特に注意して運転しましょう。

■所在地:静岡県静岡市清水区由比西倉澤  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/satta_touge/

4. 無線塔下駐車場

車内から沼津市や駿河湾方面の夜景を楽しめる穴場スポット
富士山と沼津方面の夜景(西方向)
富士山と沼津方面の夜景(西方向)

伊豆スカイラインの無線塔下駐車場は、案内板が無いため見落としてしまいそうな場所にありますが、駐車場からの眺めが良く、沼津市内を中心とした夜景と天気が良ければ富士山も見渡せます。車内からも夜景を楽しめるので、夕暮れから訪れて富士山と夜景を楽しむのもおすすめ。

■所在地:静岡県熱海市熱海  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/musentou_parking/

5. 三国峠

芦ノ湖スカイラインで最も視界が開ける展望台
富士山と御殿場市方面の夜景(北西方向)
富士山と御殿場市方面の夜景(北西方向)

1962年に開通した芦ノ湖スカイラインは富士山を見渡せるドライブウェイとして人気があり、三国峠やフジビューから駿河湾の夜景と富士山を見渡せます。なお、営業時間が早いため、訪問する場合は日没の時間を確認してからでかけましょう。

■所在地:静岡県裾野市深良  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/mikunitouge/

6. 誓いの丘

富士山のシルエットと小山町の夜景が美しい整備された丘
富士山と誓いの鐘(北西方向)
富士山と誓いの鐘(北西方向)

「金太郎ふじみライン」に富士山が見渡せるポイントがいくつかあり、富士山の撮影スポットとしても知られる誓いの丘は特におすすめです。広場には誓いの鐘が設置されていて、カップル向けのスポットとも言えます。駐車スペースからも夜景が見えるので、プライベート空間で夜景を楽しむのも良さそうですね。

■所在地:静岡県小山町竹之下  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chikai_hills/

7. 乙女峠

富士山と御殿場の夜景が楽しめる峠道
御殿場方面の夜景(西方向)
御殿場方面の夜景(西方向)

静岡県御殿場市と神奈川県箱根町の境に位置する乙女峠からは、天気が良ければ御殿場方面の街明かりと富士山のシルエットが楽しめます。車を停めて数分程度、暗い道を歩く必要があるため、できるだけ夕暮れから訪れ、懐中電灯を忘れないようにしましょう。

■所在地:静岡県御殿場市深沢  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/otometouge/

8. 新倉山浅間公園

富士山と富士吉田市の夜景を観賞できる絶景スポット
忠霊塔と富士山を望む(南西方向)
忠霊塔と富士山を望む(南西方向)

桜の名所としても知られる新倉山浅間公園ですが、天気が良ければ正面に富士山が見えることから、外国人観光客にも写真愛好家にも人気があるようで、週末は大変混雑します。日没後の忠霊塔のライトアップと富士山のシルエットが美しく、遠くからでも訪れる価値が十分にあります。

■所在地:山梨県富士吉田市新倉3353-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakura_sengen/

9. パノラマ台

富士山と山中湖を見渡せる絶景ビュースポット
富士山と山中湖を望む(西方向)
富士山と山中湖を望む(西方向)

パノラマ台は、富士山と山中湖を眺望できる絶好のロケーションで、特に休日は多くの写真・カメラ愛好家で賑わいます。街明かりは少ないものの、天気が良い日は富士山がきれいに見えます。

■所在地:山梨県山中湖村平野  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fuji_panorama/

10. チェックメイトC.C.

神奈川県内トップレベルの夜景が観賞できる穴場スポット
富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)
富士山のシルエットと山北町の夜景(西方向)

チェックメイトカントリークラブへ向かう途中の道路がビューポイント。大井町や小田原方面の夜景が視界一面に広がり、車を停めて夜景を楽しむカップルの姿が目立ちます。パノラマ系の夜景スポットの中では県下最大級で、週末にもなると大勢の人であふれかえるほど。神奈川で夜景ドライブをするなら一度は訪問しておきたい。

■所在地:神奈川県松田町松田惣領3033-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/checkmatecc/

11. ヤビツ峠 菜の花台

秦野・松田町を中心に夜景が見渡せる定番の夜景スポット
夕暮れに富士山を望む
夕暮れに富士山を望む

神奈川県内では「湘南平」「チェックメイトC.C.付近」に並んで有名な夜景スポット。平日・週末問わず夜景を目的に若者グループやカップルが訪れ、思い思いに夜景を楽しんでいます。秦野・伊勢原方面が中心ですが、視界が広く、県内最大級のパノラマ夜景に誰もが圧倒されます。駐車場からも夜景が見えるので、寒い時期でも安心。天気が良い日であれば、富士山もキレイに見えます。

■所在地:神奈川県秦野市羽根1079-5  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nanohanadai/

12. 引法山公園 権現山 公園展望台

標高235mの山から眺める県内トップクラスの穴場スポット
富士山のシルエットと街明かりを写す
富士山のシルエットと街明かりを写す

浅間山、権現山、弘法山の3つの山一帯に整備された公園。桜の名所としても有名ですが、富士山のビューポイントとしても有名。駐車場から暗い道を歩いた先にある展望台からは秦野市街地を中心に、横浜・藤沢方向の夜景も見渡せます。ただし、公園内は真っ暗なので懐中電灯を忘れずに。昼間の下見もしておくとより安心ですよ。

■所在地:神奈川県秦野市南矢名  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/koubouyamagongenyamaview/

今回は、静岡県・山梨県・神奈川県のスポットを紹介しましたが、東京都や千葉県にも富士山が見えるスポットは多数あるので、富士山と夜景のコラボを色々な場所から楽しんでみて下さいね。














マニア必見!東京の夜景ジャンクション12選!

一時期、ジャンクションの観賞や撮影がブームになりましたが、今でもジャンクションは撮影ジャンルとして人気があり、特に東京や大阪に有名スポットが点在します。そこで、今回は東京都内に特化してジャンクションの名所から穴場まで厳選して紹介します。

1. 新都橋

迫力ある有明ジャンクションを眺められる歩道
東京タワーと有明JCTを望む
東京タワーと有明JCTを望む

有明ジャンクションを見渡せ、ジャンクション愛好家にも有名な歩道。東京タワーや高層マンションも見渡せ、ジャンクションだけでなく、これらの建物と一緒に観賞できます。訪問するなら特にトワイライトタイムがおすすめ。

■所在地:東京都江東区台場2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinto_bridge/

2. 荒川河川敷(江北橋付近)

五色桜大橋を観賞できる河川敷の公園
江北ジャンクションを見上げて写す
江北ジャンクションを見上げて写す

江北橋付近の河川敷からは江北ジャンクションを正面から眺めたり、見上げるように観賞できます。五色桜大橋のライトアップも楽しめ、撮影だけでなく、散歩デートにもおすすめ。

■所在地:東京都足立区江北  [ 地図 ]
■注意点:五色桜大橋のライトアップは22時まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kasenjiki/

3. 西新宿ジャンクション

高層ビルとジャンクションのコラボが楽しめる場所
東京オペラシティビルと西新宿ジャンクションを写す
東京オペラシティビルと西新宿ジャンクションを写す

東京都内のジャンクションの中でも、新宿副都心に近いことから、都会的なイメージが漂い、パークハイアット東京や東京オペラシティビルと一緒にジャンクションを観賞できます。人通りが多いため、落ち着いての観賞は難しいですが、アクセスの良さは魅力です。

■所在地:東京都新宿区初台1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nishishinjuku_jct/

4. 辰巳ジャンクション

辰巳駅を降りてすぐの場所にあるジャンクション
渡橋の雰囲気
渡橋の雰囲気

辰巳駅の出口を出てすぐの場所にある歩道橋からは辰巳ジャンクションの夜景を楽しめます。ジャンクションの出口を正面に眺めたり、見上げたりして様々な角度の景観を楽しめます。

■所在地:東京都江東区辰巳2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tatsumi_jct/

5. 東雲ジャンクション

見上げても見下ろしても楽しめるジャンクション
首都高湾岸線の車の光跡を写す
首都高湾岸線の車の光跡を写す

東雲ジャンクションは2009年2月に供用された比較的新しいジャンクションで、角乗り橋の歩道から見上げて楽しむのもはもちろん、フェンス越しになりますが、車の往来と共にジャンクションを眺める楽しみ方もあります。

■所在地:東京都江東区有明3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinonome_jct/

6. 箱崎ジャンクション

東西両横綱とも称される東京を代表するジャンクション
箱崎ジャンクションを写す(南東方向)
箱崎ジャンクションを写す(南東方向)

1980年2月に供用開始された歴史あるジャンクションで、見た目のインパクトがすごく、ヤマタノオロチと揶揄されることも。そのインパクトは東京どころか東日本を代表すると言っても過言ではありません。水天宮駅から降りてすぐの好立地にあり、隅田川の夜景と一緒に楽しむのもおすすめ。

■所在地:東京都中央区日本橋箱崎町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hakosaki_jct/

7. 両国ジャンクション

曲線美の美しいジャンクションが見渡せる公園
屋形船の光跡と両国ジャンクション
屋形船の光跡と両国ジャンクション

箱崎ジャンクション等の有名スポットに比べて、知名度はありませんが、隅田川の両側のテラスから夜景を楽しめます。高層マンションの明かりや新大橋のライトアップも一緒に楽しんでみては?

■所在地:東京都中央区日本橋浜町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hamacho_park/

8. 荒川河川敷

葛西ジャンクションや東京スカイツリーを見渡せる河川敷
葛西臨海公園の観覧車と葛西ジャンクションを写す
葛西臨海公園の観覧車と葛西ジャンクションを写す

葛西ジャンクション付近の荒川河川敷はアクセスがしづらい場所にありますが、葛西臨海公園の観覧車や東京スカイツリーと合わせてジャンクションの夜景を楽しめます。

■所在地:東京都江戸川区臨海町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kasai/

9. 荒川河口橋

葛西ジャンクションを一段高い場所から見渡せる橋
葛西ジャンクションを写す
葛西ジャンクションを写す

荒川河口橋の北側の歩道橋(自転車も通行可)がビューポイントで、正面に葛西ジャクソンを見渡せます。遠くには東京スカイツリーも見渡せますが、自転車の通行も多いため、落ち着いて夜景を楽しむには少し不向きかもしれません。

■所在地:東京都江戸川区臨海町6丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_kakou_bridge/

10. 浜崎橋ジャンクション

首都高の中でも特に歴史あるジャンクション
浜崎橋ジャンクションと東京ポートシティ竹芝を写す
浜崎橋ジャンクションと東京ポートシティ竹芝を写す

首都高の中でも、創設期からの歴史がある浜崎橋ジャンクションは、外観からも古さを感じますが、その反面、周囲は高層ビルに囲まれており、過去と未来が調和した不思議な感覚の中で夜景を楽しめます。

■所在地:東京都港区海岸1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hamasaki_bridge/

11. 荒川河川敷(堀切小橋)

ゆったりジャンクション鑑賞を楽しめる緑地公園
正面に堀切ジャンクションを写す
正面に堀切ジャンクションを写す

東京のジャンクションが見える夜景スポットの中でも、特にマイナーな場所ですが、ゆったりと散歩をしながらジャンクションや東京スカイツリーを観賞できます。京成電鉄「 堀切菖蒲園駅」からも徒歩圏にあり、気軽に訪問しやすい場所です。

■所在地:東京都葛飾区堀切4丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/arakawa_horikiri_jct/

12. 両国ジャンクション

両国ジャンクションを見渡せる穴場スポット
両国ジャンクションを写す
両国ジャンクションを写す

両国ジャンクションは隅田川の両側から観賞でき、浜町公園の対岸の隅田川テラスからも夜景を楽しめます。浜町公園以上に訪問者が少ないので、周りを気にせずゆったりと夜景を観賞できます。

■所在地:東京都墨田区両国2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumidagawa_ryogoku/

東京に限らず、横浜や他の地方都市にもジャンクション撮影や観賞が楽しめる場所はあるので、地図などを参考にお気に入りのポイントを見つけてみてはいかが?


















カップル必見!湘南・江の島・平塚の夜景デートスポット10選

湘南・江ノ島エリアにはオーシャンビューも楽しめる夕景・夜景スポットが充実! ドライブやデートにオススメしたいスポットを神奈川県在住の夜景写真家が厳選!

1. 湘南平

神奈川県内トップレベルの人気を誇る夜景撮影&デートの王道スポット
平塚市内の街明かりを画面一杯に写す(北東方向)
平塚市内の街明かりを画面一杯に写す(北東方向)

神奈川県内では横浜みなとみらいエリアを除いて最も有名な夜景スポット。カップルの聖地とも言えるほど、夜景を眺めるカップルが多く、ドライブデートスポットとしても絶大な人気を誇る。平塚方面の夜景が美しいのはもちろん、雰囲気も良いため、長居するカップルも多い。告白やプロポーズにもおすすめ。

■所在地:神奈川県平塚市万田790  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台は21:30まで(電波塔は終日開放)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/syonandaira/

2. 江の島シーキャンドル

江の島・湘南エリアのシンボルとして有名な観光・デートスポット
トワイライトタイムに江の島大橋を望む(北東方向)
トワイライトタイムに江の島大橋を望む(北東方向)

関東三大イルミネーションでもお馴染みの展望灯台。屋外と屋内に展望台があり、江の島大橋を中心に藤沢市内の夜景が見渡せます。展望台はムードもあり、夜景を眺めながら語り合うようなデートにもおすすめ。毎年冬になるとイルミネーションも楽しめるので、冬の訪問が特におすすめ。

■所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで(最終入場19:30)
■入場料金など:大人500円 (江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
■注意点:荒天時等は営業を中止する場合あり
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/enoshimaseacandle/

3. マイアミビーチ広場

江の島大橋を中心とした夜景が眺められる展望広場
広場に設けられたベンチ
広場に設けられたベンチ

江の島サムエル・コッキング苑内にあるマイアミビーチと呼ばれる広場からも、江ノ島大橋や江ノ島ヨットハーバーが見渡せます。灯台に比べると高さはありませんが、ベンチに座ってゆったりと夜景を楽しめるのがポイントです。併設されたカフェも景色が楽しめることから人気のようです。

■所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで(最終入場19:30)
■入場料金など:大人200円(江の島サムエル・コッキング苑の入場料)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/maiamibeach/

4. 伊勢山公園 かざはや広場

藤沢市内の住宅街夜景が見渡せる公園
稲荷・本藤沢方面の夜景(北方向)
稲荷・本藤沢方面の夜景(北方向)

「かながわの花の名所100選」にも選ばれている桜の名所。 小田急線藤沢本町駅西口が最寄り駅で、近くにはコインパーキングもあります。稲荷・本藤沢方面の夜景がメインで、住宅街の街明かりが落ち着かさせてくれそうです。

■所在地:神奈川県藤沢市藤沢4  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/iseyama_kazahaya/

5. 伊勢山公園 江の島が見える見晴台

江ノ島方面の夜景が見渡せる高台の公園
見晴台の雰囲気
見晴台の雰囲気

小田急線藤沢本町駅西口の付近にある公園で、やや険しい階段を上る必要がありますが、展望台からは江ノ島方面の夜景が見渡せます。視界がそれほど広いわけではありませんが、普段見慣れた江ノ島シーキャンドルなども見渡せ、江ノ島に比べて訪問者が少ないので、ゆったりと夜景を楽しめるはずです。

■所在地:神奈川県藤沢市藤沢4丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/iseyama_enoshima/

6. 片瀬山富士見坂

茅ヶ崎方面の夜景が撮影できる富士山のビューポイント
案内版と片瀬地区の夜景(西方向)
案内版と片瀬地区の夜景(西方向)

眺望に優れた住宅地に富士見坂と呼ばれるビューポイントがあり、景観が開けていることから、案内板も設置されています。天気が良ければ富士山がキレイに見えるようで、夜になると片瀬地区の街明かりが広がります。なお、周囲は閑静な住宅街なので、深夜の訪問を控えるなどマナーを守って夜景を楽しみましょう。

■所在地:神奈川県藤沢市片瀬山  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fujimizaka/

7. みどりの広場

ヨットハーバー・七里ヶ浜方面の夜景を観賞&撮影できる展望台
ヨットハーバーを大きく入れて、七里ヶ浜方面の夜景を写す(北東方向)
ヨットハーバーを大きく入れて、七里ヶ浜方面の夜景を写す(北東方向)

シーキャンドルに向かう途中にあるみどりの広場に展望台が整備されていて、ここから江ノ島ヨットハーバー方面の夜景が見渡せます。エスカーに乗車しなければここまでは無料でアクセスでき、手軽に夜景を楽しめるのが嬉しいですね。

■所在地:神奈川県藤沢市江ノ島2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/midorino/

8. 稲村ケ崎

夕暮れの富士山の景勝地としても知られる人気観光スポット
日没後の江ノ島方面の夜景(西方向)
日没後の江ノ島方面の夜景(西方向)

夜景というよりは夕景の名所ですが、冬に近い時期ほど海側に夕日が沈むため、比較的寒い時期に訪問したいスポットです。天気が良ければ富士山のシルエットもキレイに浮かび、波風を浴びながら景色を楽しむのも良いでしょう。

■所在地:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/inamuragasaki/

9. テラスモール湘南 ピクニックテラス

辻堂駅前を中心とした夜景が見渡せるテラス
辻堂駅のバスターミナルの雰囲気(東方向)
辻堂駅のバスターミナルの雰囲気(東方向)

2011年にオープンしたショッピングモールで、4階にあるピクニックテラスからは辻堂駅を中心とした夜景が楽しめます。フードコート内にはシラス丼の名店「とびっちょ」が入っているので、手軽に江ノ島気分も楽しめますよ。

■所在地:神奈川県藤沢市辻堂神台一丁目3番1号  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:テラスモール湘南の公式サイトを参考
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/terracemall/

10. 日向岡

平塚市内の夜景と東海道新幹線の光跡を観賞できる道路
平塚市内の夜景と東海道新幹線の光跡(南東方向)
平塚市内の夜景と東海道新幹線の光跡(南東方向)

平塚といえば湘南平が圧倒的に有名ですが、休日はカップルや家族連れで混雑していることが多く、ちょっと落ち着かないと思う人もいるはず。日向岡は住宅街のハズレにある道路で、平塚市内の夜景が広がります。フェンスが視界を少し遮るのが残念ですが、夜景自体はとてもキレイですよ。

■所在地:神奈川県平塚市日向岡  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hinataoka/

湘南・江ノ島エリアは夜景スポット以外にもデートに使えるレストランなども多いので、合わせて訪れてみて下さいね!
















工場夜景の聖地!川崎の工場夜景ドライブスポット10選

全国の工場夜景都市の中で代表的存在と言える川崎臨海部。 工場夜景の聖地と言われる千鳥町貨物ヤード前を筆頭に、数多くの工場夜景スポットがあります。そこで、本まとめ記事では、車で訪問しやすい工場夜景スポットを10箇所厳選。ドライブやデート、撮影まで幅広いシーンで川崎工場夜景を楽しんでみては?

1. 千鳥町 貨物ヤード前

化学工場を間近で眺められ、聖地とも言われる名所
真新しいプラントと貨物ヤード
真新しいプラントと貨物ヤード

川崎を代表する工場夜景スポットと言えばここ。千鳥町の貨物ヤード付近からは、化学工場・日本触媒のプラントを見渡せます。線路をアクセントに入れて撮影を楽しむ人や、愛車の記念撮影をする人の姿も目立ちます。東扇島と合わせて訪れたい場所です。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区千鳥町  [ 地図 ]
■注意点:線路内と埠頭は立入禁止
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chidoritown/

2. 千鳥町 三菱化学物流前

夜光方面の工場夜景を車内観賞できる穴場スポット
旭化成ケミカルズを望む(北西方向)
旭化成ケミカルズを望む(北西方向)

千鳥町では貴重な車内から工場夜景を眺められるスポット。夜光・小島町方面の視界が広がり、旭化成ケミカルズの工場夜景が見渡せます。工場とほど良い距離感で、運河に反射した工場の明かりも美しいです。なお、付近は立ち入り禁止場所もあるので、案内標識にはくれぐれも注意してください。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区千鳥町1番地  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chidori_chemical/

3. 千鳥町 日本合成樹脂前

化学工場を見渡せる千鳥町の穴場スポット
日本合成樹脂のプラントを望む
日本合成樹脂のプラントを望む

千鳥町の貨物ヤード前から数百メートル前後離れた場所にあり、日本合成樹脂のプラントを間近で観賞できます。貨物ヤード前に比べてスケールは大きくありませんが、訪問者が少ないので、貨物ヤード前が混雑している時などに合わせて訪れてみてはいかが?

■所在地:神奈川県川崎市川崎区千鳥町8丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chidori8/

4. 川崎マリエン

川崎の工場夜景ファンなら一度は訪れたい展望室
扇島のJFEスチール方面を望む(南西方向)
扇島のJFEスチール方面を望む(南西方向)

川崎マリエンのタワー棟10階にある展望室からは、360度の眺望が広がり、東扇島の倉庫群を中心に扇島の製鉄所なども見渡せます。千鳥町や水江町は遠くに見える程度ですが、屋内から夜景が見えるため、冬のドライブにもおすすめ。夕暮れに訪問すると、天気が良ければ富士山と工場を一緒に見渡せるようです。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:21:00まで(入場は20:30まで) 休館日(12/29~1/3)を除く毎日
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kawasakiport/

5. 東扇島東公園

千鳥町・浮島町方面の工場夜景を眺める広大な公園
浮島町方面の製油所を眺める(北東方向)
浮島町方面の製油所を眺める(北東方向)

2008年の春に開園した公園で、イベントや防災拠点として活用されています。海岸沿いの遊歩道がビューポイントで、対岸の浮島町の製油所を見渡せます。工場と距離が離れているため、迫力はそれほどありませんが、フットライトで足元が照らされていて雰囲気も良く、駐車場も整っているのでデートにもおすすめ。まずはここから工場夜景ドライブをスタートしても良さそう。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区東扇島58-1  [ 地図 ]
■注意点:ライブイベントなどで立入が規制される日があります。事前に川崎市のWebサイトの確認をおすすめします
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/higashiougijimaeast_park/

6. 水江運河前

製油所を中心とした工場が眺められるビューポイント
線路跡を挟んで東亜石油の製油所を望む(東方向)
線路跡を挟んで東亜石油の製油所を望む(東方向)

水江町を代表する工場夜景スポット。かつては貨物線が走っていた線路跡がビューポイント。対岸の東亜石油のプラントが美しく、運が良いと明かりの灯った日本精塩のプラントも見渡せます。写真撮影にも人気のスポットですが、道幅広くドライブもしやすいです。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区水江町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/mizuechoumizueungamae/

7. 水江町

東亜石油の工場夜景を眺められる穴場ポイント
東亜石油のプラントを望む
東亜石油のプラントを望む

水江運河前からさらに先に進んだ場所にあるビューポイント。工場が見える範囲は狭いですが、水江運河前よりも近い距離で東亜石油のプラントを観賞できます。水江運河前が混雑しているような時に、先にこちらを訪問しても良さそうですね。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区水江町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/mizue_town/

8. 浮島町 貨物ヤード前

川崎工場夜景の中でトップレベルの迫力がある名所
JXTGエネルギーのプラントを間近で望む
JXTGエネルギーのプラントを間近で望む

浮島町は工場夜景のスケール感は千鳥町と同等以上で、行動から間近で製油所を見渡せるのが特徴です。周囲が工場に囲まれ、SFの世界に引き込まれたような感覚に陥ります。ただし、周辺は駐車場がなく、大型車両の通行もあるので、安全面にはご注意を。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区浮島町  [ 地図 ]
■注意点:私道は立入禁止なので、看板を見落とさないよう注意して下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ukishimatown/

9. 浮島町 JXTGエネルギー前

プラント群を中心とした夜景を楽しめる穴場ポイント
フェンス越しにJXTGエネルギーのプラントを望む
フェンス越しにJXTGエネルギーのプラントを望む

浮島町内では、貨物ヤード前に次いで有名な工場夜景スポット。JXTGエネルギーのプラントがフェンス越しに見渡せ、初めて訪れた人はプラントの迫力に圧倒されるはずです。千鳥町や東扇町と合わせてドライブコースに組み込んではいかが?

■所在地:神奈川県川崎市川崎区浮島町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ukishima_tonen/

10. 浮島町・東亞合成川崎工場前

ガスタンクやプラントが見渡せる工場夜景スポット
セントラル粒子のガスタンク
セントラル粒子のガスタンク

浮島町の工場夜景スポットの中でもマニアックな場所で、貨物ヤード前に向かう途中に見えるセントラル粒子のガスタンクが特徴的です。周囲は照明が明るいため、さほど怖さを感じることなく工場夜景が楽しめます。付近にバス停があり、車が無くてもバスに乗って訪れることも不可能ではありません。

■所在地:神奈川県川崎市川崎区浮島町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ukishima_toa/

川崎臨海部の工場夜景に満足された方は、横浜・富士・神栖・群馬などの工場夜景エリアにも是非足を運んでみてくださいね。
















北関東でドライブ&デートが楽しめる感動の夜景スポット12選

関東の夜景と言えば東京や横浜ばかりが注目されがちですが、茨城県・栃木県・群馬県の北関東エリアにも魅力的な夜景スポットがたくさんあります。そこで今回は、ドライブやデートにおすすめしたい夜景スポットを10ヶ所セレクト!

1. 茨城県庁 展望ロビー

水戸・大洗方面の夜景を一望できる開放感ある展望ロビー
大洗方面の夜景(東方向)
大洗方面の夜景(東方向)

茨城県庁の展望ロビーは地上約100mの高さにあり、水戸市内を中心に大洗町方面まで大パノラマが楽しめます。無料施設とは思えないほど、夜景が美しく、ゆったりと過ごせる空間も魅力です。カップルだけで無く、家族連れにもオススメできますよ。

■所在地:茨城県水戸市笠原町978-6  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで ※毎週水曜日及び金曜日は18:45まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ibaragipref/

2. アートタワー水戸

水戸市内を中心とした夜景が眺められる特徴ある展望室
水戸市街地の夜景
水戸市街地の夜景

アートタワー水戸は劇場やギャラリーが入居する複合施設で、正三角形を組み合わせたような外観が特徴。高さ86.4mの位置に展望室があり、水戸市街地を中心とした夜景を観賞できます。丸い窓から夜景をのぞき込むスタイルになっており、まさに芸術を感じさせる展望室のデザインになっています。

■所在地:茨城県水戸市五軒町 1-6-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日 9:30~18:00 土・日・祝日 9:30~19:00 ※悪天候の際中止・定期的に休館日あり
■入場料金など:大人1名:200円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/art_tower_mito/

3. 大洗マリンタワー

高さ55mの展望室から大洗町の360度の夜景を一望
大洗リゾートアウトレット方面の夜景
大洗リゾートアウトレット方面の夜景

大洗町のシンボルとして親しまれている展望タワー。高さ55mの位置に展望室があり、大洗町を中心とした夜景が視界一面に広がります。360度の眺望は開放感があり、デートに限らず観光にもおすすめ。夜間営業している時期が限られるので、予め公式サイトをチェックしよう。

■所在地:茨城県大洗町港中央10  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:2012年6月23日より18:00閉館 <通常営業> 3月1日~8月末日 9:00~21:00 9月1日~2月末日 9:00~18:00 ※12/22~25 9:00~21:00 ※1/1 5:00~21:00 ※1/2・3 9:00~21:00 ※その他時期によって営業時間が異なる場合があります。臨時休館の日もあります。
■入場料金など:大人1名:340円
■注意点:レストランは営業休止中です。(2014年4月時点)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/oarai_marine_tower/

4. 筑波山

つくば市を中心に関東平野の大パノラマを一望できる夜景名所
つくば市方面の夜景を望む(南方向)
つくば市方面の夜景を望む(南方向)

男体山(標高871m)と女体山(標高877m)の2つの山からなる筑波山。「西の富士、東の筑波」と称されるほど有名で、時期限定でロープウェイが夜間運行され、展望広場からは関東平野の大パノラマが広がります。天気が良ければ東京都心や東京スカイツリーも見えるほど。カップルから家族連れまで幅広い層が楽しめそう。

■所在地:茨城県つくば市筑波  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:主に10月~2月の週末に夜間運行しています。 詳細は公式ホームページにて。
■入場料金など:ロープウェイの運賃(大人): 片道630円/往復1,120円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tsukubasan/

5. 砂山都市緑地

鹿島臨海工業地帯の工場夜景を一望できる緑地公園
三菱化学を中心に工場夜景を望む(北西方向)
三菱化学を中心に工場夜景を望む(北西方向)

津波などの災害発生時の避難拠点として整備された砂山都市緑地は、高台になっていることから見晴らしが良く、広場からは三菱化学や鹿島石油を中心に工場夜景のパノラマが広がります。工場との距離も適度で、迫力ある工場夜景を楽しめることから、写真愛好家にも工場夜景ファンにも人気があるようです。神栖まで訪れる機会は無いと思いますが、一度は見ておいて損は無いでしょう。

■所在地:茨城県神栖市東和田21-2  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunayama_city_forest/

6. 赤城山パノラマ展望台

群馬県内の夜景を一望できる迫力の展望台
群馬県内の夜景を一望する
群馬県内の夜景を一望する

大パノラマ夜景展望台という名前の通り、美しい夜景が期待できそうな展望台ですが、伊勢崎市を中心に関東平野の夜景が視界一面に広がります。天気が良ければ、池袋のサンシャイン60も見渡せるようで、夜景ドライブにもおすすめ。

■所在地:群馬県前橋市苗ヶ島町  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日可能(冬期は道が閉鎖される場合があります)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/daipanorama/

7. 群馬県庁 展望ホール

北関東最大級の高さを誇る県庁の展望ロビーからの夜景
大手町・本町方面の夜景
大手町・本町方面の夜景

群馬県庁の展望ホールは32階の高さにあり、照明が控えめになっていて、前橋市を中心とした大パノラマが楽しめます。ただ、街明かりが広がるだけでなく、利根川や橋がアクセントになっており、特徴的な景観が楽しめます。夜景のレベルも高いので、訪れる価値は十分にありますよ。

■所在地:群馬県前橋市大手町1-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで ※入館は21:40まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/gunmapref/

8. 富士見峠

高崎市・前橋市方面を車内から眺められる貴重な夜景スポット
高崎市方面の夜景(南方向)
高崎市方面の夜景(南方向)

富士見峠と呼ばれる峠は全国に多数ありますが、群馬県にある富士見峠は夜景スポットとしては有名で、週末にもなると地元ナンバーの車で訪問した人たちが夜景を楽しんでいる姿が目立ちます。車内からゆっくり夜景を楽しむのにおすすめ。

■所在地:群馬県榛東村上野原  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fujimitouge/

9. 織姫公園

関東平野を一望できる雰囲気に優れた展望公園
足利市駅方面の夜景(南方向)
足利市駅方面の夜景(南方向)

北関東の中でも雰囲気が特に優れた夜景スポットで、カップルが夜景を楽しむ姿が目立ちます。展望広場からは関東平野を一望でき、ゆったりと夜景を楽しめます。デートにもオススメですよ。

■所在地:栃木県足利市西宮町3889  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/orihime_park/

10. 栃木県庁 展望ロビー

地上65mの高さの展望ロビーから宇都宮市街地の夜景を一望
宇都宮市役所方面を望む(南方向)
宇都宮市役所方面を望む(南方向)

栃木県庁の本館15階に展望ロビーがあり、宇都宮市内を中心に360度の夜景が見渡せます。街との距離も近く、見応えも十分。ゆったりと夜景を楽しみながら、会話を楽しむのもおすすめ。展望レストランで食事を楽しむのも良さそう。

■所在地:栃木県宇都宮市塙田1-1-20  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:21:00まで ※県庁舎の閉館日と年末年始は閉館
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tochigipref/

11. 太平山神社

栃木市内の夜景を一望できる整備された神社の展望台
栃木市内の夜景を望む
栃木市内の夜景を望む

太平山神社の展望台からは栃木市内の夜景が見渡せ、「一千両の夜景」とも言われるほどの美しい街明かりが広がります。ゆったりと夜景が楽しめることもあってか、カップルに人気で、週末は混雑感があります。駐車場から展望台まで1分ぐらいで着くので、初心者も訪問しやすいのが嬉しいですね。

■所在地:栃木県栃木市平井町659  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ohirasanjinja/

12. 宇都宮市役所

宇都宮市内の夜景を一望できる無料開放された展望室
宇都宮市街地の夜景(南東方向)
宇都宮市街地の夜景(南東方向)

宇都宮市内の夜景スポットとしては栃木県庁の方が有名ですが、宇都宮市役所にも無料開放された展望ロビーがあり、宇都宮市街地を間近に見渡せます。利用時間は限られていますが、カウンターテーブル越しにゆったりと夜景を楽しめるので、デートにもおすすめ。

■所在地:栃木県宇都宮市旭1丁目1-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:19時まで(開庁日のみ)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/utsunomiya_city/

北関東の夜景は屋内で眺める場所より、山や高台から眺める場所が多く、無料で観賞できる場所が充実しています。「夜景INFO」でも北関東でオススメの夜景スポットをたっぷり紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!


















もう迷わない!関東で絶景夜景が楽しめる展望室15選

日本の首都・東京を有する関東エリアは展望室の数や規模も日本一。そこで今回は東京に限らず、千葉・神奈川も含めたおすすめの絶景夜景を観賞できる展望室をセレクト。東京や横浜を観光したついでに立ち寄ってみて下さいね。

1. 六本木ヒルズ 東京シティビュー

海抜250mの高さから望むスケール感ある東京夜景
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)

東京を代表する夜景スポットの1つ。海抜250mの高さから、東京タワーを中心に東京都心の夜景が360度見渡せます。展望フロアは照明が控えめで、夜景がとても見やすく、天井が高いため、開放感もあります。東京タワー方面は混雑していることが多いので、渋谷・新宿方面のフロアも狙い目ですよ。別料金になりますが、スカイデッキからの夜景も夜風を浴びながら楽しめてオススメです。

■所在地:東京都港区6-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~日10:00~22:00(最終入館 21:30)
■入場料金など:大人1名:2,000円 学生(高・大学生):1,200円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/roppongihillscity/

2. サンシャイン60展望台

都内トップクラスの高さを誇る高層ビルの展望台
遠くに富士山を望む
遠くに富士山を望む

都庁が完成する1990年までは日本一の高さを誇る高層ビル。60階の最上階が展望台になっていて、360度の東京夜景を楽しめ、その夜景の美しさは都内最大級。2016年4月に展望台がリニューアルされてからはエンターテイメント施設となり、VRなどの最新技術も楽しめますよ。

■所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00 ※当日券の発売は21:00まで
■入場料金など:大人1名:1200円(当日券) 大人1名:1100円(WEBチケット)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunshine60/

3. 東京スカイツリー天望デッキ

迫力ある東京夜景を観賞できる高さ350mの展望台
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)

自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(R)。高さ350mの天望デッキからは東京タワーや東京ゲートブリッジが見渡せるほど視界が広く、まさに絶景が楽しめます。天望デッキからさらに100m上には「天望回廊」があり、入場は別料金になりますが、450mの高さから大パノラマが楽しめますよ。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台 8:00~21:00(最終入場 20:00)
■入場料金など:天望デッキ(大人1名): 平日:2,100円 休日:2,300円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skytree_1st/

4. 東京ソラマチ 30F スカイツリービュー

東京スカイツリーを間近で観賞できる穴場夜景スポット
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)

東京ソラマチの30階と31階にはレストランフロア「スカイツリービュー」があり、夜景とディナーが楽しめるお店があります。レストランの横にある展望ロビーからは正面にライティングされた東京スカイツリーが見渡せ、間近で眺める東京スカイツリーの美しさに誰もが驚くことでしょう。またエレベーターホールからも東京下町の夜景を眺められるので、ディナーと合わせて訪問してみてはいかがでしょうか。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:11:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/solamachi_30f/

5. 東京タワー 大展望台

東京を代表するシンボルから眺める迫力ある東京夜景
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)

東京タワーが2018年3月3日からリニューアルされ、名称も「大展望台」から「メインデッキ」に変わるようです。大展望台は地上145mと150mの2フロアに分かれており、東京都心の大パノラマが広がり、六本木ヒルズやレインボーブリッジなどが見渡せます。東京タワーを眺めるのも楽しめますが、展望台からの夜景も素晴らしいので、是非楽しんでみてください。

■所在地:東京都港区芝公園4-2-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
■入場料金など:大人1人:1,200円(トップデッキは別料金)
■注意点:混雑状況により早めに券売が終了する場合もあるようです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyo_tower1/

6. 都庁北展望室

地上202mの展望室から東京夜景を一望
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)

外国人観光客にも絶大な人気がある都庁の展望室。北展望室と南展望室の2つありますが、北展望室が休室している日は南展望室から夜景が楽しめます。週末には荷物検査の入場ゲート前に大行列ができるほどの混雑ぶりで、夜景撮影にあたって三脚や暗幕が使えないのもわかる気がします。 高さ202mの展望室からの眺めは絶景で、天気が良ければ富士山のシルエットが浮かび上がり、街の夜景と自然の調和が楽しめます。正面に見渡せるパークハイアットや住友ビルなどの超高層ビルも迫力があります。 レストランからも夜景が見えるので、混雑を避けて食事やお酒と一緒に夜景を楽しむデートプランもおすすめ。

■所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで (第2及び第4月曜日は休室)
■注意点:入場前に荷物検査があります。三脚の利用不可。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyoprefnorth/

7. キャロットタワー

東京郊外と神奈川方面の夜景を一望できる雰囲気に優れた展望ビル
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)

ニンジン色に見えるレンガ調の外壁が特徴的なキャロットタワー。最上階に無料開放された展望スペースがあり、世田谷通りを中心に西向きをメインとした夜景が楽しめます。郊外の夜景となるため、他の都心の展望室に比べるとやや光量が控えめですが、向かいにあるレストランからは東京タワーや東京スカイツリーが見渡せます。また、展望スペースに隣接するバー&カフェからは手頃な価格でコーヒーやお酒も楽しめるので、デートにもオススメ!

■所在地:東京都世田谷区太子堂4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:30~23:00まで 休館日 第2水曜日、年末年始
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/carrot_tower/

8. 練馬区役所 展望ロビー

富士山・スカイツリーも眺められる無料開放された展望ロビー
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)

本庁舎20階に無料開放された展望ロビーがあり、天気が良ければ富士山も見渡せる絶景スポット。周囲に大きな建物が少ないためか、見晴らしが良く大パノラマが視界一面に広がります。展望ロビーが明るいためか、映り込みが少し気になりますが、訪れる人が少ないためか、静かに夜景を楽しめるのが嬉しいところ。同じフロアにある展望レストランからは東京タワー・東京スカイツリーも見渡せるので、夜景ディナーも心ゆくまで楽しめそう!

■所在地:東京都練馬区豊玉北6-12-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで ※毎月第4日曜日、12月29日~1月3日は閉庁日
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nerimacity/

9. 文京シビックセンター 展望ラウンジ

新宿の高層ビルや富士山方面を一望できる人気の展望室
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)

新宿副都心方面を中心に東京都心の夜景が楽しめる定番スポット。高さは142mあり、都内の区役所では最も高いとか。展望ロビーからは270度の視界が広がり、天気が良ければ夕暮れに富士山のシルエットも見渡せ、東向きには東京スカイツリーも見渡せます。窓ガラスが斜めになっていて、室内の反射が押さえられており、夜景観賞者に配慮されているのも嬉しいポイント。公共施設の展望ロビーではテッパンと言える展望レストランもあるので、要チェック!

■所在地:東京都文京区春日1-16-21  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~20:30 ※年末年始(12月29日~1月3日)・5月第3日曜日は休館
■注意点:展望ラウンジでは三脚の利用が禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/civiccenter/

10. タワーホール船堀

東京スカイツリーも眺められ、360度の眺望が開けた展望室
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)

都内の無料展望室の中で夜景写真家・岩崎が大絶賛する夜景スポット。東京都心から少し離れていますが、都営新宿線船堀駅から徒歩1分と好アクセスで、高さ115mの展望室からは360度の大パノラマが広がります。都心の展望室に比べて東京スカイツリーが近く、東京ゲートブリッジも良く見渡せます。周囲に大きな建物が無いためか見晴らしが良く、無料で入場できるのが信じられないほど。タワーホール船堀からの夜景を見るためだけに、都心から足を運ぶ価値は十分にありますよ。

■所在地:東京都江戸川区船堀4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで
■注意点:暴風など、天候により運行を停止する場合があります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/towerhall/

11. 横浜ランドマークタワー スカイガーデン

東日本一の高層ビルに設けられた360度の視界が広がる展望台
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)

まさに横浜みなとみらいを代表するテッパンの夜景スポット。大阪のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高い超高層ビルで、69階に「スカイガーデン」と呼ばれる展望台があります。360度全方向の夜景が見渡せ、夕暮れには天気が良ければ富士山のシルエットが綺麗に浮かび上がります。特に人気があるのはみなとみらいエリアを見下ろせる東方向のロビーで、遠くには空気が澄んでたら東京タワーや東京スカイツリーが見えるほど視界の広さに誰もが驚きます。

■所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:通常営業は10:00~21:00(最終入場:20:30) 延長営業は10:00~22:00(最終入場:21:30) ※毎週土曜日・月曜日が休みの場合の前日日曜日
■入場料金など:大人1,000円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/landmark_tower/

12. 横浜マリンタワー

地上106mから横浜夜景を眺められる展望台
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)

横浜港の開港100周年を記念してオープンした横浜マリンタワー。2009年5月にリニューアルオープンしてからお洒落な夜景デートスポットに生まれ変わりました。展望台からはみなとみらいエリアを中心に360度の夜景が広がり、横浜ベイブリッジも良く見えます。室内の照明が控えめで、それほど混雑感も無く、大人が落ち着いて夜景デートを楽しめるのもポイント。1階にはお洒落なカフェレストランがあるので、夜景観賞の後にディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:神奈川県横浜市中区山下町15番地  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:30まで(最終受付22:00)
■入場料金など:大人1名:750円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/marine_tower/

13. 江の島シーキャンドル

江の島・湘南エリアのシンボルとして有名な観光・デートスポット
展望室内の雰囲気
展望室内の雰囲気

関東三大イルミネーションでもお馴染みの展望灯台。屋外と屋内に展望台があり、江の島大橋を中心に藤沢市内の夜景が見渡せます。展望台はムードもあり、夜景を眺めながら語り合うようなデートにもおすすめ。毎年冬になるとイルミネーションも楽しめるので、冬の訪問が特におすすめ。

■所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで(最終入場19:30)
■入場料金など:大人500円 (江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
■注意点:荒天時等は営業を中止する場合あり
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/enoshimaseacandle/

14. 千葉ポートタワー

千葉港を中心とした夜景を楽しめる展望タワー
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念にオープンした展望タワー。展望フロアの高さは100m以上あり、360度の大パノラマが見渡せます。室内は照明が控えめで夜景が見やすく、天気の良い日であれば夕暮れに富士山も見渡せるでしょう。無料駐車場も完備されていて、ドライブデートとの相性も抜群。なお、恋人の聖地にも認定された「サンセットプロムナード」では、南京錠を取り付けることもできますよ。

■所在地:千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6月~9月は9:00~21:00 10月~5月は月〜金 9:00~19:00/土日祝 9:00~20:00 ※強風等により臨時休業する場合あり 休館日:12月28日~31日、1月1日~1月4日
■入場料金など:大人1名:420円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chibaport_tower/

15. アイ・リンクタウン展望施設

江戸川を中心とした夜景を楽しめる無料開放された展望ビル
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)

市川駅に隣接する高層マンション「ザ ・タワーズ・ウエスト」の45階に展望施設があり、地上150mの高さから360度の夜景が楽しめます。観賞場所は屋外の展望デッキと、屋内の展望ロビーがあり、季節に応じて観賞場所を使い分けるのも良いでしょう。景観は江戸川や東京スカイツリーが中心で、無料の施設とは思えないほど見応えがあります。

■所在地:千葉県市川市市川南1-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(展望デッキは21:00まで) ※毎月第1月曜(祝日に当たる時は直後の平日)、 年末年始(12月29日~1月3日)は休館 天候不良で予告なく閉鎖する場合あり
■注意点:三脚の利用は禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ilink/

東京や横浜には数え切れないほど夜景スポットがありますが、ここでは紹介していない展望室もたくさんあるので、時間があればデートや観光ついでに足を運んで下さいね!



















川崎だけじゃない!?横浜でオススメの工場夜景スポット5選

関東(神奈川)の工場夜景と言えば誰もが”川崎”を第一にイメージしますが、もちろん関東で最大規模の工場夜景は川崎であるものの、横浜にも意外と工場夜景のキレイなスポットがあります。そこで、今回は横浜でJXエネルギー根岸製油所などの工場夜景を観賞できるスポットを5ヶ所紹介。電車で行きにく場所も多いので、ドライブデートのコースに入れてみては?

1. 本牧山頂公園 本牧荒井西口

迫力ある根岸エリアの工場夜景を眺められる静かな公園
JXエネルギー根岸製油所を望む
JXエネルギー根岸製油所を望む

近隣住民の憩いの場として親しまれている公園で、昼夜を問わず犬の散歩をする人の姿を見かけます。工場夜景スポットとしてはほとんど知られていませんが、2010年10月に「本牧荒井の丘」がオープンしてからは、丘の上からJXエネルギー根岸製油所が見渡せます。工場とは距離がありますが、雰囲気が良いので、芝生に座って夜景を見ながら語り合うシーンにも使えそうです。なお、駐車場はJR山手駅付近にありますが、少し距離が離れているのが難点でしょうか。

■所在地:神奈川県横浜市中区本牧荒井  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/honbokuarainooka/

2. 新磯子町

製油工場を中心とした夜景を車内からも眺められる海岸沿いの道路
JXエネルギー製油所のプラントとオイルタンク群を見渡す(北方向)
JXエネルギー製油所のプラントとオイルタンク群を見渡す(北方向)

横浜の代表的な工場夜景スポット。車で観賞ポイントまでアクセスでき、対岸に見えるJXエネルギー根岸製油所のプラントの明かりが美しい。工場とは距離がありますが、安全を確認した上で、車を停車させて夜景を楽しむこともできるので、ドライブデートとの相性も良いですよ。

■所在地:神奈川県横浜市磯子区新磯子町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinisogotown/

3. 本牧臨海公園

根岸エリアの工場夜景を観賞できる穴場スポット
JX日鉱日石エネルギー根岸製油所方面の夜景(南西方向)
JX日鉱日石エネルギー根岸製油所方面の夜景(南西方向)

本牧市民公園に隣接した本牧臨海公園には展望エリアがあり、フェンス越しになりますが、JXエネルギーの製油所を比較的近い距離で観賞できます。ベンチもありますが、目の前が茂みになっていて、座っての観賞ができないのはちょっと残念。上り坂が多いので、歩きやすい服装がオススメ。

■所在地:神奈川県横浜市中区本牧元町386-1  [ 地図 ]
■注意点:上り坂(階段)が多いため、運動しやすい服装で
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/honmoku_rinkai/

4. 磯子・海の見える公園

磯子エリアの工場夜景を観賞できる海に面した公園
内山アドバンス・関東宇部コンクリート工業方面の工場夜景
内山アドバンス・関東宇部コンクリート工業方面の工場夜景

2007年に開園した比較的新しい公園で、ポンプ場の上に整備されています。階段またはスロープを上ると広場があり、ヨットハーバーやセメント工場が見渡せます。開園時間が限られているため、秋~冬限定の夜景スポットと言えそうです。

■所在地:神奈川県横浜市磯子区磯子1丁目4  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3~5月 午前8:00~午後6:00 6~8月 午前7:00~午後7:00 9~11月 午前8:00~午後6:00 12~2月 午前8:00~午後5:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/uminomieru_park/

5. 根岸加曽台七曲り坂

根岸の製油工場と住宅街の夜景を一望できる穴場スポット
JXエネルギー根岸製油所を望む(西方向)
JXエネルギー根岸製油所を望む(西方向)

住宅街の外れにある穴場スポット。坂の途中が観賞ポイントで、JXエネルギー根岸製油所を中心に住宅街も見渡せます。工場との距離が比較的近いため、それなりに見応えのある夜景が楽しめます。付近にコインパーキングあり。

■所在地:神奈川県横浜市中区根岸加曽台  [ 地図 ]
■注意点:住宅街付近のため、深夜の訪問は控えましょう
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/negishikasodai/

今回は横浜に特化した工場夜景スポットを紹介しましたが、工場夜景スポットを詳しく知りたい方には「工場夜景ガイド」もおすすめ!









隅田川の東京スカイツリーが美しい夜景スポット12選

東京スカイツリーが見渡せる場所は都内に限らず関東一円に多数ありますが、最も観賞スポットが充実しているのは隅田川周辺。隅田川テラスや橋の歩道から東京スカイツリーの夜景が見渡せる場所を厳選。アクセスしやすい場所が多いので、デートや写真撮影にもオススメですよ。

1. 桜橋

東京スカイツリーを観賞できる特徴的な橋梁
ライティングされた東京スカイツリーと桜橋
ライティングされた東京スカイツリーと桜橋

隅田川に架かる歩行者専用の橋がビューポイント。X字型の珍しい形をした橋で、東京スカイツリーの見晴らしも抜群。浅草駅から15分以上離れているためか、地元の住民がジョギングを楽しむようなゆったりした空間で夜景が楽しめます。休日に混雑を避けて夜景を楽しむのも良さそう。

■所在地:東京都台東区今戸1-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sakura_bridge/

2. 言問橋

東京スカイツリーを見渡せる橋の歩道
年始限定カラーの東京スカイツリーを中心に望む
年始限定カラーの東京スカイツリーを中心に望む

隅田川に架けられた橋の1つで正面に東京スカイツリーが見渡せます。ゆっくりと観賞を楽しむなら隅田公園がおすすめですが、散歩コースに入れて、東京スカイツリーを眺めるのも良いでしょう。

■所在地:東京都台東区花川戸2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kototoi_bridge/

3. 隅田公園

東京スカイツリーのライトアップを間近で眺められる公園
日没後に東京スカイツリーを望む
日没後に東京スカイツリーを望む

浅草駅北改札口から歩いてすぐの場所にある隅田川沿いの公園で、東京スカイツリーを見渡せる有名スポットの1つ。平日・休日問わず多くの観光客やカップルで賑わい、遊歩道を散歩したり、ベンチに座ってゆったりするのもおすすめ。浅草駅から離れるほど混雑感がなくなるので、ちょっと離れた場所から観賞してみては?

■所在地:東京都台東区花川戸  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_park/

4. 汐入公園

東京スカイツリーをゆったりと眺められる開放感ある公園
東京スカイツリーを望む(南方向)
東京スカイツリーを望む(南方向)

2006年に開園した比較的新しい公園で、隅田川に隣接していて、開放感があります。園内にはベンチが設けられ、座ってゆっくり夜景を楽しんだり、散歩をしながら東京スカイツリーの夜景が楽しめます。街灯もあるため、夜間も安心して訪問できる雰囲気です。南千住駅から徒歩15分ほど離れていますが、散歩ついでに立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都荒川区南千住八丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shioiri_park/

5. 瑞光橋

東京スカイツリーを橋の歩道から観賞できるビューポイント
東京スカイツリーを望む(南方向)
東京スカイツリーを望む(南方向)

瑞光橋公園に隣接する橋で開放感もあり、高層マンションや東京スカイツリーを眺められます。車の通行量も少なめで、ゆったりと夜景を眺められること間違いなし。汐入公園と合わせての訪問をおすすめ。

■所在地:東京都荒川区南千住  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/zuikou_bridge/

6. 駒形橋

東京スカイツリーを眺められる穴場スポット
ライティングされた東京スカイツリーを望む
ライティングされた東京スカイツリーを望む

駒形橋は1927年に竣工された歴史ある橋。車道の両側に歩道があり、北側の歩道は東京スカイツリーやアサヒビールタワー、南側の歩道は両国駅方面が見渡せます。吾妻橋よりも浅草駅から離れていることから、訪問者が少なくて混雑しにくいのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都台東区雷門2丁目 付近  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/komagata_bridge/

7. 中央大橋

東京スカイツリーと永代橋を観賞できる橋の歩道
東京スカイツリーと永代橋のライトアップ(北東方向)
東京スカイツリーと永代橋のライトアップ(北東方向)

中央区のシンボルとして親しまれている中央大橋は1993年に開通と新しく、フランスのデザイン会社が設計したオシャレな造りになっています。歩道にはメッセンジャー象があり、ここから東京スカイツリーや永代橋が見渡せます。東京スカイツリーは距離が離れていますが、歩道の雰囲気が良く、デートにもおすすめ。ベンチに座ってゆっくりと夜景を眺めるなら、佃公園や石川島公園も合わせて訪れて見てくださいね。

■所在地:東京都中央区佃  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chuo_bridge/

8. 吾妻橋

東京スカイツリーを眺められる名所
ライティングされた東京スカイツリーを望む
ライティングされた東京スカイツリーを望む

1774年の江戸時代に架けられた歴史ある橋。フラムドールのモニュメントがあるアサヒビール本社とビルに挟まれた東京スカイツリーが見渡せます。車や人の通りが多いので、落ち着いての夜景観賞には向きませんが、浅草駅から近いのでアクセスは抜群。お散歩デートにも最適。

■所在地:東京都台東区雷門2丁目 付近  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/azuma_bridge/

9. 隅田川テラス 蔵前エリア(蔵前橋)

東京スカイツリーを眺められる雰囲気の良いテラス
厩橋(うまやばし)とライティングされた東京スカイツリー(北東方向)
厩橋(うまやばし)とライティングされた東京スカイツリー(北東方向)

隅田川テラスの中でも雰囲気の良さはトップクラスの蔵前エリア。厩橋(うまやばし)の奥に東京スカイツリーが見渡せ、フットライトで照らされたテラスを散歩デートしながら夜景を楽しめる。浅草駅から10分以上歩きますが、休日でも混雑を気にせず夜景を楽しめるのはポイントが高い。

■所在地:東京都台東区蔵前  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_kuramae/

10. 白鬚橋

東京スカイツリーを観賞できる橋の歩道
ライティングされた東京スカイツリーを望む(南方向)
ライティングされた東京スカイツリーを望む(南方向)

過去に渡船場があったことで知られ、住民が基金を募って作られた橋。歩道は幅が狭いものの、通行者は少なく、東京スカイツリーの夜景をゆったりと観賞できます。反対側の歩道は南千住駅付近の高層マンション群が眺められます。

■所在地:東京都台東区橋場2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shirahige_bridge/

11. 両国橋

東京スカイツリーを観賞できる歴史ある橋
ライティングされた東京スカイツリーを望む(北東方向)
ライティングされた東京スカイツリーを望む(北東方向)

江戸時代に武蔵国と下総国の国境に位置したことがきっかけで、名付けられた歴史ある橋。歩道は南北にありますが、東京スカイツリーは北側の歩道から見渡せますが、眺める位置によっては東京スカイツリーが隠れてしまうので注意が必要。浅草橋駅などからアクセスが良いので、散歩のルートに入れるのもおすすめ。

■所在地:東京都中央区東日本橋2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ryogoku_bridge/

12. 隅田川大橋 北側

清洲橋と東京スカイツリーが見渡せる橋の歩道
トワイライトタイムの東京スカイツリーと清洲橋
トワイライトタイムの東京スカイツリーと清洲橋

夜景撮影スポットとしても人気のある隅田川大橋。南北に歩道があり、南側は永代橋+リバーシティ、北側は清洲橋+東京スカイツリーが眺められます。車通りが多いため、騒音が少し気になります。落ち着いて夜景を眺めるなら西側の隅田川テラスがおすすめ。

■所在地:東京都江東区佐賀2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_bridge_north/

東京スカイツリーは毎日0時までライティングされており、日によってライティングのカラーが異なるため、何度訪問しても楽しめます。隅田川以外にも東京スカイツリーの観賞スポットはたくさんあるので、お気に入りの場所を探してみてくださいね。詳細は「夜景INFO」も参考にして下さいね。


















東京観光で迷ったらココ!東京23区の定番夜景スポット15選

東京に初めて旅行で来られる方や「東京で夜景を見たいけど、どこに行けば良いかわからない!」という方向けに東京で定番の夜景スポットをセレクトしました。車が無くても電車だけでアクセスしやすい夜景スポットを15ヶ所厳選!

1. 東京スカイツリー天望デッキ

迫力ある東京夜景を観賞できる高さ350mの展望台
東京都心・富士山方面の夜景(西方向)
東京都心・富士山方面の夜景(西方向)

自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(R)。高さ350mの天望デッキからは東京タワーや東京ゲートブリッジが見渡せるほど視界が広く、まさに絶景が楽しめます。天望デッキからさらに100m上には「天望回廊」があり、入場は別料金になりますが、450mの高さから大パノラマが楽しめますよ。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台 8:00~21:00(最終入場 20:00)
■入場料金など:天望デッキ(大人1名): 平日:2,100円 休日:2,300円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skytree_1st/

2. 東京ソラマチ 31F スカイツリービュー

隅田川を中心に東京下町エリアの夜景を観賞できるロビー
隅田川・荒川方面の夜景(北方向)
隅田川・荒川方面の夜景(北方向)

東京ソラマチの30階と31階にはレストランフロアがあり、31階のエレベーターホール横と30階の西側に展望ロビーがあります。31階の展望ロビーからは隅田川を中心に荒川・桜橋・曳舟方面の街明かりが広範囲に見渡せ、かなりの迫力があります。東京スカイツリーを間近で眺めたい方は30階の展望ロビーがおすすめ。もちろん夜景が楽しめるレストランもあるので、夜景ディナーを楽しんでみてはいかが。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:11:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/solamachi_31f/

3. 隅田公園

東京スカイツリーのライトアップを間近で眺められる公園
日没後に東京スカイツリーを望む
日没後に東京スカイツリーを望む

浅草駅北改札口から歩いてすぐの場所にある隅田川沿いの公園で、東京スカイツリーを見渡せる有名スポットの1つ。平日・休日問わず多くの観光客やカップルで賑わい、遊歩道を散歩したり、ベンチに座ってゆったりするのもおすすめ。浅草駅から離れるほど混雑感がなくなるので、ちょっと離れた場所から観賞してみては?

■所在地:東京都台東区花川戸  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_park/

4. 東京タワー 大展望台

東京を代表するシンボルから眺める迫力ある東京夜景
浜松町方面の夜景を望む(東方向)
浜松町方面の夜景を望む(東方向)

東京タワーが2018年3月3日からリニューアルされ、名称も「大展望台」から「メインデッキ」に変わるようです。大展望台は地上145mと150mの2フロアに分かれており、東京都心の大パノラマが広がり、六本木ヒルズやレインボーブリッジなどが見渡せます。東京タワーを眺めるのも楽しめますが、展望台からの夜景も素晴らしいので、是非楽しんでみてください。

■所在地:東京都港区芝公園4-2-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
■入場料金など:大人1人:1,200円(トップデッキは別料金)
■注意点:混雑状況により早めに券売が終了する場合もあるようです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyo_tower1/

5. 港区立芝公園

東京タワーのライトアップ夜景を間近で観賞できる公園
ライトアップされた東京タワーを望む
ライトアップされた東京タワーを望む

都立芝公園と並んで人気の夜景スポット。東京タワー方面の視界を遮るものがなく、写真撮影のスポットとしても定評。開放感ある公園内は犬の散歩やジョギングを楽しむ人で賑わっています。ベンチに座って東京タワーを眺めながら会話を楽しむのもおすすめ。東京タワーから夜景を眺めた後に立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都港区四丁目8番4号  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/minato_shiba/

6. 六本木ヒルズ 東京シティビュー

海抜250mの高さから望むスケール感ある東京夜景
渋谷・新宿方面の夜景(北西方向)
渋谷・新宿方面の夜景(北西方向)

東京を代表する夜景スポットの1つ。海抜250mの高さから、東京タワーを中心に東京都心の夜景が360度見渡せます。展望フロアは照明が控えめで、夜景がとても見やすく、天井が高いため、開放感もあります。東京タワー方面は混雑していることが多いので、渋谷・新宿方面のフロアも狙い目ですよ。別料金になりますが、スカイデッキからの夜景も夜風を浴びながら楽しめてオススメです。

■所在地:東京都港区6-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~日10:00~22:00(最終入館 21:30)
■入場料金など:大人1名:2,000円 学生(高・大学生):1,200円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/roppongihillscity/

7. サンシャイン60展望台

都内トップクラスの高さを誇る高層ビルの展望台
新宿方面を望む(南西方向)
新宿方面を望む(南西方向)

都庁が完成する1990年までは日本一の高さを誇る高層ビル。60階の最上階が展望台になっていて、360度の東京夜景を楽しめ、その夜景の美しさは都内最大級。2016年4月に展望台がリニューアルされてからはエンターテイメント施設となり、VRなどの最新技術も楽しめますよ。

■所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00 ※当日券の発売は21:00まで
■入場料金など:大人1名:1200円(当日券) 大人1名:1100円(WEBチケット)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunshine60/

8. 都庁北展望室

地上202mの展望室から東京夜景を一望
トワイライトタイムにパークハイアット方面の夜景を望む(南方向)
トワイライトタイムにパークハイアット方面の夜景を望む(南方向)

外国人観光客にも絶大な人気がある都庁の展望室。北展望室と南展望室の2つありますが、北展望室が休室している日は南展望室から夜景が楽しめます。週末には荷物検査の入場ゲート前に大行列ができるほどの混雑ぶりで、夜景撮影にあたって三脚や暗幕が使えないのもわかる気がします。 高さ202mの展望室からの眺めは絶景で、天気が良ければ富士山のシルエットが浮かび上がり、街の夜景と自然の調和が楽しめます。正面に見渡せるパークハイアットや住友ビルなどの超高層ビルも迫力があります。 レストランからも夜景が見えるので、混雑を避けて食事やお酒と一緒に夜景を楽しむデートプランもおすすめ。

■所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで (第2及び第4月曜日は休室)
■注意点:入場前に荷物検査があります。三脚の利用不可。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyoprefnorth/

9. KITTE 屋上庭園

東京駅や丸ノ内の高層ビル街を観賞できる屋上庭園
東京駅のターミナルと丸の内エリアを望む
東京駅のターミナルと丸の内エリアを望む

2013年に開業した商業施設で日本郵便が手掛けており、現在は名古屋や博多にも同名の施設があります。屋上庭園が夜景スポットとして有名で、平日・休日問わず多くのカップルや観光客で賑わいます。庭園は雰囲気が良く、ライトアップされた東京駅や丸ビルを見渡せます。夜景を楽しむだけでなく、待ち合わせスポットとしても使えそうですね。

■所在地:東京都千代田区丸の内2丁目7-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~土・祝前日は23時まで 日・祝は22時まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kitte/

10. デックス東京ビーチ

レインボーブリッジを中心に東京湾夜景を一望できるデート名所
レインボーカラーのレインボーブリッジと屋形船
レインボーカラーのレインボーブリッジと屋形船

お台場で最も有名な夜景スポット。ゆりかもめの「お台場海浜公園駅」からも歩いて数分でアクセスでき、デッキの雰囲気も抜群で正面にレインボーブリッジや東京タワーを見渡せます。もみの木のイルミネーションも美しく、記念撮影を楽しまれるカップルや観光客の姿も目立ちます。テラス席のあるレストランからも夜景が楽しめるのも嬉しいところ。ただし、週末は団体の観光客でかなり賑わうので、静かに夜景を眺めたい方はマリンハウスなどへ移動すると良いでしょう。

■所在地:東京都港区台場1-6-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/odaibadecks/

11. アクアシティお台場

レインボーブリッジや東京タワーを観賞できる人気スポット
自由の女神とレインボーブリッジを望む
自由の女神とレインボーブリッジを望む

デックスと並んでお台場を代表する夜景スポット。プロムナードやテラスからレインボーブリッジの夜景が楽しめ、自由の女神の近くで記念撮影する観光客の姿が目立ちます。レストランからも夜景が楽しめるので、夜景観賞の前後にディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:東京都港区台場1丁目7番1号  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:屋外デッキは終日開放 物販店舗 21:00まで 飲食店舗 23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aquacity/

12. フジテレビ球体展望室「はちたま」

レインボーブリッジ・東京湾の夜景を一望できる展望室
日没直後にレインボーブリッジと東京タワーを望む(北西方向)
日没直後にレインボーブリッジと東京タワーを望む(北西方向)

お台場のランドマークとして親しまれているフジテレビの本社ビル。時間が経つことに変化するビルのライトアップも色鮮やかで、外からの眺めも楽しめます。展望室は18時までと営業時間が限られますが、冬場であればレインボーブリッジを中心に東京ベイエリアの夜景が見渡せ、特に夕方からトワイライトタイムにかけての眺めはまさに絶景。展望室で夜景を楽しんだ後、お台場海浜公園やマリンハウスに立ち寄るプランもオススメですよ。

■所在地:東京都港区台場2-4-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:18:00まで ※入館は17:30まで 毎週月曜は休館(当日が祝日の場合は翌日)
■入場料金など:大人1名:700円 ※イベント開催により、料金・営業時間などが変更される場合あり
■注意点:営業終了時間が早いため、夏期は夜景が観賞できません。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fujitvhachitama/

13. 文京シビックセンター 展望ラウンジ

新宿の高層ビルや富士山方面を一望できる人気の展望室
トワイライトタイムに新宿方面を望む(南西方向)
トワイライトタイムに新宿方面を望む(南西方向)

新宿副都心方面を中心に東京都心の夜景が楽しめる定番スポット。高さは142mあり、都内の区役所では最も高いとか。展望ロビーからは270度の視界が広がり、天気が良ければ夕暮れに富士山のシルエットも見渡せ、東向きには東京スカイツリーも見渡せます。窓ガラスが斜めになっていて、室内の反射が押さえられており、夜景観賞者に配慮されているのも嬉しいポイント。公共施設の展望ロビーではテッパンと言える展望レストランもあるので、要チェック!

■所在地:東京都文京区春日1-16-21  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~20:30 ※年末年始(12月29日~1月3日)・5月第3日曜日は休館
■注意点:展望ラウンジでは三脚の利用が禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/civiccenter/

14. 羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ

国際線の滑走路と東京夜景が眺められる羽田の新名所
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む

3つのターミナルにある展望デッキの中でも唯一24時間開放されているのが、国際線の展望デッキ。国内線と異なり、様々な国や地域の機体を眺められ、雰囲気も抜群。北東方向の視界が広がることから、東京都心も見渡せ、東京スカイツリーや東京タワーも見えるほど。時間を気にせず、ドライブデートの途中に気軽に訪問できるのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24時間営業(通常時)
■注意点:展望デッキは特別な行事などがある際に閉館する場合があるそうです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport3/

15. 恵比寿ガーデンプレイスタワースカイラウンジ

東京都心の夜景を一望できる無料開放された展望ロビー
東京タワー・六本木ヒルズ方面の夜景(東方向)
東京タワー・六本木ヒルズ方面の夜景(東方向)

恵比寿ガーデンプレイスタワーの37階と38階に展望スペースがあり、2016年10月にSKY LOUNGEとしてリニューアルオープン。雰囲気も良く、東京タワー・六本木ヒルズ方面を中心に東京都心の夜景が見渡せます。無料系の夜景スポットは思えないほど夜景が美しく、夜景観賞目的に訪れる価値も十分にあります。レストランからも美しい夜景が見えるので、夜景ディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■所在地:東京都渋谷区恵比寿4−20−3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/gardenplace/

今回は東京の定番スポットを中心に紹介しましたが、東京には穴場スポットもたくさんあり、夜景スポットが無数にあります。「夜景INFO」では東京の夜景スポットを約300ヶ所紹介しているので、夜景スポット探しにご活用下さい!



















デートで行きたい!東京ベイエリアの夜景ドライブスポット10選

東京の夜景スポットは電車で行ける場所が大半ですが、ドライブデートとなると、都心ほど駐車場探しに苦労したり、人混みが気になったりするもの。東京の夜景ドライブと言えば、誰もが首都高をイメージしますが、車を停めてゆったりと夜景を楽しみたい時もあるはず。 そこで、今回は車で訪問しやすい東京ベイエリアの夜景ドライブスポットを厳選して紹介。近くに駐車場がある夜景スポットを中心に、車を停車させて夜景を楽しめる穴場までピックアップしました。

1. 若洲海浜公園

東京ゲートブリッジのライトアップを眺められる広大な公園
日没後の東京ゲートブリッジと富士山(北西方向)
日没後の東京ゲートブリッジと富士山(北西方向)

東京ゲートブリッジを間近に眺められる絶好のロケーション。公園の北側と南側で東京ゲートブリッジの見える景観が異なり、南側から写真撮影や夜景観賞を楽しむ人の姿も目立ちます。空気が澄んでいる日は夕暮れに富士山のシルエットが見えるほどで、ライトアップ前の夕景も楽しめますよ。公園で夜景を眺めた後は東京ゲートブリッジのドライブを楽しんでみてはいかが?そのままお台場方面へ抜けて夜景ディナーを楽しむコースもおすすめ。

■所在地:東京都江東区若洲3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/wakasu_park/

2. 晴海ふ頭客船ターミナル

東京湾を一望できる雰囲気に優れた湾岸沿いのデッキ
トワイライトタイムに東京タワー方面を望む(北西方向)
トワイライトタイムに東京タワー方面を望む(北西方向)

撮影スポットとしても鑑賞スポットとしても都内を代表する人気の夜景スポット。ターミナルからは見晴らしが良く、レインボーブリッジを正面に月島や東京タワー方面も見渡せるほど眺望の良さが特徴。雰囲気も良く、散歩をしながらデートや語らいも楽しめます。なお、ターミナルビルが開いている時間は展望室からも夜景が眺められるので、寒い時期にも良さそう。

■所在地:東京都中央区晴海5-7-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放 展望施設 春:4月1日~7月19 平日9:00~17:00 土日祝9:00~20:00 夏:7月20日~8月31日 9:00~20:00 秋:9月1日~10月31日 平日9:00~17:00 土日祝9:00~20:00 冬:11月1日~3月31日 平日9:00~17:00 土日祝9:00~19:00
■注意点:展望施設の営業時間は季節や曜日により異なります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/harumiterminal/

3. 品川埠頭

レインボーブリッジを車内から眺められる穴場スポット
ライトアップされたレインボーブリッジを望む(北東方向)
ライトアップされたレインボーブリッジを望む(北東方向)

日本で最初のコンテナ埠頭として整備され、レインボーブリッジを正面に見渡せます。レインボーブリッジとの距離も近く、迫力があるものの、フェンスが視界を遮っているのはやや惜しいところ。ただし、車を停車させてフロントガラス越しに夜景を眺められるので、ドライブデートにもおすすめ。

■所在地:東京都港区港南5丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinagawa_futou/

4. お台場海浜公園・マリンハウス

レインボーブリッジの夜景が見える穴場スポット
タワーマンション群を写す
タワーマンション群を写す

お台場に何度も来たことがある人でも意外と知らない穴場スポット。夜景撮影で数え切れないほどお台場に来ている私もなかなか気付かなかったほどです。デックスからデッキを渡り、階段を降りると左右両側に展望台があります。目の前にレインボーブリッジや東京タワーが見渡せ、特に団体の観光客が訪れることも少ないので週末でもゆったりと夜景が楽しめますよ。

■所在地:東京都港区台場1-4-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/odaiba_marine/

5. 豊洲ぐるり公園

レインボーブリッジや晴海埠頭を見渡せる公園
遊歩道と東京都心の夜景
遊歩道と東京都心の夜景

2017年7月に部分開園した都内屈指の夜景公園。広大な公園からはレインボーブリッジを中心に東京タワーや晴海埠頭、東京スカイツリーが見渡せるほど視界が広く、撮影にもデートにもおすすめ。駐車場もあるため、ドライブ途中で立ち寄るデートプランにも最適。休日でも混雑が少ないので、お台場を抜けて豊洲ぐるり公園で夜景を楽しむのもおすすめ。

■所在地:東京都江東区豊洲6丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/toyosu_gururi/

6. 竹芝桟橋

レインボーブリッジや豊海埠頭方面を一望できる遊歩道
トワイライトタイムにレインボーブリッジを望む(南方向)
トワイライトタイムにレインボーブリッジを望む(南方向)

都内の離島向けのフェリーやクルーズ船が運航する竹芝客船ターミナルに隣接するデッキがビューポイント。南方向にベイブリッジが見渡せ、視界が遮るものがないため、見晴らしは抜群。フットライトで照らされたデッキも雰囲気が良く、まさに夜景を眺めながら語り合うのにベストなロケーション。ゆりかもめ・竹芝駅から歩いてすぐという好立地もポイント。

■所在地:東京都港区海岸1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/takeshibasanbashi/

7. 羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ

国際線の滑走路と東京夜景が眺められる羽田の新名所
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む

3つのターミナルにある展望デッキの中でも唯一24時間開放されているのが、国際線の展望デッキ。国内線と異なり、様々な国や地域の機体を眺められ、雰囲気も抜群。北東方向の視界が広がることから、東京都心も見渡せ、東京スカイツリーや東京タワーも見えるほど。時間を気にせず、ドライブデートの途中に気軽に訪問できるのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24時間営業(通常時)
■注意点:展望デッキは特別な行事などがある際に閉館する場合があるそうです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport3/

8. 辰巳第二PA

豊洲の高層マンションや東京タワーを眺望できるパーキング
豊洲の高層マンションと東京タワー方面を望む
豊洲の高層マンションと東京タワー方面を望む

新木場から箱崎方面に向かう途中にあるパーキングエリア。レストランやカフェはありませんが、駐車場周辺からは豊洲の高層マンション群や東京タワーが見渡せ、まさに東京らしい夜景が楽しめます。夜景ドライブの途中に休憩がてら立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都江東区辰巳3丁目2-11  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tatsumi2_pa/

9. 城南島海浜公園

羽田空港やお台場方面の夜景を観賞できる海岸沿いの公園
羽田空港方面を望む(南方向)
羽田空港方面を望む(南方向)

大田区城南島にある広大な公園。対岸には羽田空港が見渡せ、昼間は多くの人で賑わいますが、夜になると訪れる人は少なくなります。空港に離着陸する飛行機を眺めたり、お散歩デートを楽しむのも良さそうです。

■所在地:東京都大田区城南島4-2-2  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/jounan_park/

10. 葛西臨海公園

東京ベイエリアの夜景を一望できる広大な公園
東京タワーを中心に望む(西方向)
東京タワーを中心に望む(西方向)

都内で最大スケールの公園で、水族館や観覧車などが有名。日中は家族連れで賑わいますが、夜になると訪れる人もまばらで、遊歩道を歩きながら夜景散歩が楽しめます。街明かりは遠目ですが、東京タワーやお台場の観覧車も見えます。公園内は暗い場所が多いので、懐中電灯があると安心。駐車料金も手頃(1時間200円・2018年1月確認)なのも嬉しいですね。

■所在地:東京都江戸川区臨海町6-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放(毎週水曜日は施設が休館となります)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kasairinkai_park/

今回は東京ベイエリアに限定して夜景スポットを紹介させて頂きましたが、夜景ディナーも楽しむならお台場がおすすめ。東京ゲートブリッジや晴海埠頭の夜景ドライブを楽しんだ後にお台場でディナーをすると自然な流れでデートができますよ。締めに羽田空港国際線で夜景を眺めてる帰るプランもオススメ。