もう迷わない!関東で絶景夜景が楽しめる展望室15選

日本の首都・東京を有する関東エリアは展望室の数や規模も日本一。そこで今回は東京に限らず、千葉・神奈川も含めたおすすめの絶景夜景を観賞できる展望室をセレクト。東京や横浜を観光したついでに立ち寄ってみて下さいね。

1. 六本木ヒルズ 東京シティビュー

海抜250mの高さから望むスケール感ある東京夜景
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)
東京タワーとお台場方面の夜景を望む(南東方向)

東京を代表する夜景スポットの1つ。海抜250mの高さから、東京タワーを中心に東京都心の夜景が360度見渡せます。展望フロアは照明が控えめで、夜景がとても見やすく、天井が高いため、開放感もあります。東京タワー方面は混雑していることが多いので、渋谷・新宿方面のフロアも狙い目ですよ。別料金になりますが、スカイデッキからの夜景も夜風を浴びながら楽しめてオススメです。

■所在地:東京都港区6-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~日10:00~22:00(最終入館 21:30)
■入場料金など:大人1名:2,000円 学生(高・大学生):1,200円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/roppongihillscity/

2. サンシャイン60展望台

都内トップクラスの高さを誇る高層ビルの展望台
遠くに富士山を望む
遠くに富士山を望む

都庁が完成する1990年までは日本一の高さを誇る高層ビル。60階の最上階が展望台になっていて、360度の東京夜景を楽しめ、その夜景の美しさは都内最大級。2016年4月に展望台がリニューアルされてからはエンターテイメント施設となり、VRなどの最新技術も楽しめますよ。

■所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00 ※当日券の発売は21:00まで
■入場料金など:大人1名:1200円(当日券) 大人1名:1100円(WEBチケット)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunshine60/

3. 東京スカイツリー天望デッキ

迫力ある東京夜景を観賞できる高さ350mの展望台
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)
隅田川を中心とした東京下町エリアの夜景(北西方向)

自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(R)。高さ350mの天望デッキからは東京タワーや東京ゲートブリッジが見渡せるほど視界が広く、まさに絶景が楽しめます。天望デッキからさらに100m上には「天望回廊」があり、入場は別料金になりますが、450mの高さから大パノラマが楽しめますよ。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台 8:00~21:00(最終入場 20:00)
■入場料金など:天望デッキ(大人1名): 平日:2,100円 休日:2,300円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skytree_1st/

4. 東京ソラマチ 30F スカイツリービュー

東京スカイツリーを間近で観賞できる穴場夜景スポット
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)
東京スカイツリーのライティングを間近で望む(西方向)

東京ソラマチの30階と31階にはレストランフロア「スカイツリービュー」があり、夜景とディナーが楽しめるお店があります。レストランの横にある展望ロビーからは正面にライティングされた東京スカイツリーが見渡せ、間近で眺める東京スカイツリーの美しさに誰もが驚くことでしょう。またエレベーターホールからも東京下町の夜景を眺められるので、ディナーと合わせて訪問してみてはいかがでしょうか。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:11:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/solamachi_30f/

5. 東京タワー 大展望台

東京を代表するシンボルから眺める迫力ある東京夜景
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)
浜松町・新橋方面を望む(北東方向)

東京タワーが2018年3月3日からリニューアルされ、名称も「大展望台」から「メインデッキ」に変わるようです。大展望台は地上145mと150mの2フロアに分かれており、東京都心の大パノラマが広がり、六本木ヒルズやレインボーブリッジなどが見渡せます。東京タワーを眺めるのも楽しめますが、展望台からの夜景も素晴らしいので、是非楽しんでみてください。

■所在地:東京都港区芝公園4-2-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
■入場料金など:大人1人:1,200円(トップデッキは別料金)
■注意点:混雑状況により早めに券売が終了する場合もあるようです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyo_tower1/

6. 都庁北展望室

地上202mの展望室から東京夜景を一望
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)
パークハイアット方面の夜景を望む(南方向)

外国人観光客にも絶大な人気がある都庁の展望室。北展望室と南展望室の2つありますが、北展望室が休室している日は南展望室から夜景が楽しめます。週末には荷物検査の入場ゲート前に大行列ができるほどの混雑ぶりで、夜景撮影にあたって三脚や暗幕が使えないのもわかる気がします。 高さ202mの展望室からの眺めは絶景で、天気が良ければ富士山のシルエットが浮かび上がり、街の夜景と自然の調和が楽しめます。正面に見渡せるパークハイアットや住友ビルなどの超高層ビルも迫力があります。 レストランからも夜景が見えるので、混雑を避けて食事やお酒と一緒に夜景を楽しむデートプランもおすすめ。

■所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで (第2及び第4月曜日は休室)
■注意点:入場前に荷物検査があります。三脚の利用不可。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyoprefnorth/

7. キャロットタワー

東京郊外と神奈川方面の夜景を一望できる雰囲気に優れた展望ビル
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに世田谷通りを中心とした夜景を望む(西方向)

ニンジン色に見えるレンガ調の外壁が特徴的なキャロットタワー。最上階に無料開放された展望スペースがあり、世田谷通りを中心に西向きをメインとした夜景が楽しめます。郊外の夜景となるため、他の都心の展望室に比べるとやや光量が控えめですが、向かいにあるレストランからは東京タワーや東京スカイツリーが見渡せます。また、展望スペースに隣接するバー&カフェからは手頃な価格でコーヒーやお酒も楽しめるので、デートにもオススメ!

■所在地:東京都世田谷区太子堂4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:30~23:00まで 休館日 第2水曜日、年末年始
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/carrot_tower/

8. 練馬区役所 展望ロビー

富士山・スカイツリーも眺められる無料開放された展望ロビー
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)
トワイライトタイムに八王子方面の夜景を望む(西方向)

本庁舎20階に無料開放された展望ロビーがあり、天気が良ければ富士山も見渡せる絶景スポット。周囲に大きな建物が少ないためか、見晴らしが良く大パノラマが視界一面に広がります。展望ロビーが明るいためか、映り込みが少し気になりますが、訪れる人が少ないためか、静かに夜景を楽しめるのが嬉しいところ。同じフロアにある展望レストランからは東京タワー・東京スカイツリーも見渡せるので、夜景ディナーも心ゆくまで楽しめそう!

■所在地:東京都練馬区豊玉北6-12-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで ※毎月第4日曜日、12月29日~1月3日は閉庁日
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nerimacity/

9. 文京シビックセンター 展望ラウンジ

新宿の高層ビルや富士山方面を一望できる人気の展望室
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)
池袋・サンシャインシティ方面の夜景(北西方向)

新宿副都心方面を中心に東京都心の夜景が楽しめる定番スポット。高さは142mあり、都内の区役所では最も高いとか。展望ロビーからは270度の視界が広がり、天気が良ければ夕暮れに富士山のシルエットも見渡せ、東向きには東京スカイツリーも見渡せます。窓ガラスが斜めになっていて、室内の反射が押さえられており、夜景観賞者に配慮されているのも嬉しいポイント。公共施設の展望ロビーではテッパンと言える展望レストランもあるので、要チェック!

■所在地:東京都文京区春日1-16-21  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~20:30 ※年末年始(12月29日~1月3日)・5月第3日曜日は休館
■注意点:展望ラウンジでは三脚の利用が禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/civiccenter/

10. タワーホール船堀

東京スカイツリーも眺められ、360度の眺望が開けた展望室
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)
トワイライトタイムに都心方向の夜景を望む(南西方向)

都内の無料展望室の中で夜景写真家・岩崎が大絶賛する夜景スポット。東京都心から少し離れていますが、都営新宿線船堀駅から徒歩1分と好アクセスで、高さ115mの展望室からは360度の大パノラマが広がります。都心の展望室に比べて東京スカイツリーが近く、東京ゲートブリッジも良く見渡せます。周囲に大きな建物が無いためか見晴らしが良く、無料で入場できるのが信じられないほど。タワーホール船堀からの夜景を見るためだけに、都心から足を運ぶ価値は十分にありますよ。

■所在地:東京都江戸川区船堀4-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:30まで
■注意点:暴風など、天候により運行を停止する場合があります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/towerhall/

11. 横浜ランドマークタワー スカイガーデン

東日本一の高層ビルに設けられた360度の視界が広がる展望台
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)
日没後にみなとみらいの夜景を望む(東方向)

まさに横浜みなとみらいを代表するテッパンの夜景スポット。大阪のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高い超高層ビルで、69階に「スカイガーデン」と呼ばれる展望台があります。360度全方向の夜景が見渡せ、夕暮れには天気が良ければ富士山のシルエットが綺麗に浮かび上がります。特に人気があるのはみなとみらいエリアを見下ろせる東方向のロビーで、遠くには空気が澄んでたら東京タワーや東京スカイツリーが見えるほど視界の広さに誰もが驚きます。

■所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:通常営業は10:00~21:00(最終入場:20:30) 延長営業は10:00~22:00(最終入場:21:30) ※毎週土曜日・月曜日が休みの場合の前日日曜日
■入場料金など:大人1,000円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/landmark_tower/

12. 横浜マリンタワー

地上106mから横浜夜景を眺められる展望台
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)
本牧ふ頭・横浜ベイブリッジを望む(東方向)

【2022年3月31日まで全館休業との情報あり】 横浜港の開港100周年を記念してオープンした横浜マリンタワー。2009年5月にリニューアルオープンしてからお洒落な夜景デートスポットに生まれ変わりました。展望台からはみなとみらいエリアを中心に360度の夜景が広がり、横浜ベイブリッジも良く見えます。室内の照明が控えめで、それほど混雑感も無く、大人が落ち着いて夜景デートを楽しめるのもポイント。1階にはお洒落なカフェレストランがあるので、夜景観賞の後にディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:神奈川県横浜市中区山下町15番地  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:30まで(最終受付22:00)
■入場料金など:大人1名:750円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/marine_tower/

13. 江の島シーキャンドル

江の島・湘南エリアのシンボルとして有名な観光・デートスポット
展望室内の雰囲気
展望室内の雰囲気

関東三大イルミネーションでもお馴染みの展望灯台。屋外と屋内に展望台があり、江の島大橋を中心に藤沢市内の夜景が見渡せます。展望台はムードもあり、夜景を眺めながら語り合うようなデートにもおすすめ。毎年冬になるとイルミネーションも楽しめるので、冬の訪問が特におすすめ。

■所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:20:00まで(最終入場19:30)
■入場料金など:大人500円 (江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
■注意点:荒天時等は営業を中止する場合あり
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/enoshimaseacandle/

14. 千葉ポートタワー

千葉港を中心とした夜景を楽しめる展望タワー
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)
千葉ポートパークを見下ろす(東方向)

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念にオープンした展望タワー。展望フロアの高さは100m以上あり、360度の大パノラマが見渡せます。室内は照明が控えめで夜景が見やすく、天気の良い日であれば夕暮れに富士山も見渡せるでしょう。無料駐車場も完備されていて、ドライブデートとの相性も抜群。なお、恋人の聖地にも認定された「サンセットプロムナード」では、南京錠を取り付けることもできますよ。

■所在地:千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6月~9月は9:00~21:00 10月~5月は月〜金 9:00~19:00/土日祝 9:00~20:00 ※強風等により臨時休業する場合あり 休館日:12月28日~31日、1月1日~1月4日
■入場料金など:大人1名:420円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chibaport_tower/

15. アイ・リンクタウン展望施設

江戸川を中心とした夜景を楽しめる無料開放された展望ビル
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)
葛飾・松戸方面の夜景(北西方向)

市川駅に隣接する高層マンション「ザ ・タワーズ・ウエスト」の45階に展望施設があり、地上150mの高さから360度の夜景が楽しめます。観賞場所は屋外の展望デッキと、屋内の展望ロビーがあり、季節に応じて観賞場所を使い分けるのも良いでしょう。景観は江戸川や東京スカイツリーが中心で、無料の施設とは思えないほど見応えがあります。

■所在地:千葉県市川市市川南1-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(展望デッキは21:00まで) ※毎月第1月曜(祝日に当たる時は直後の平日)、 年末年始(12月29日~1月3日)は休館 天候不良で予告なく閉鎖する場合あり
■注意点:三脚の利用は禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ilink/

東京や横浜には数え切れないほど夜景スポットがありますが、ここでは紹介していない展望室もたくさんあるので、時間があればデートや観光ついでに足を運んで下さいね!



















【無料!】関西の夜景が美しい公園夜景スポット10選

関西エリアには無料できれいな夜景が楽しめる公園が数多くあります。 今回は、大阪・神戸を中心に美しい夜景を楽しめる公園をピックアップ。ドライブやデートで訪問してはいかが?

1. 灘丸山公園

灘区の郊外に位置する静かな展望公園
展望広場までの階段と神戸の夜景
展望広場までの階段と神戸の夜景

六甲山・摩耶山まで登らなくても絶景夜景スポットが豊富にあるのが神戸の魅力。灘区の閑静な住宅街にある灘丸山公園は全国的に見ても、公園として名のつく夜景スポットの中ではトップクラスの夜景が観賞できます。 公園からの眺めは素晴らしく、神戸市内を中心とした大パノラマが広がり、天気が良ければ和歌山方面まで見渡せます。1組限定のベンチもあり、夜景を見ながら語り合うようなシチュエーションにもおすすめ。 駐車場も整備されていて、狭い道の運転に慣れている方であればアクセスしやすいのがポイント。なお、猪が出没することもあるようなので、訪問時は注意しましょう。

■所在地:兵庫県神戸市灘区五毛  [ 地図 ]
■注意点:公園内にイノシシが出没することがあるので注意して下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nadamaruyama_park/

2. 彩都なないろ公園

大阪平野を一望できる時期限定の展望公園
大阪平野を一望する(南方向)
大阪平野を一望する(南方向)

茨木市と箕面市にまたがる新興住宅地に整備された展望公園。見晴らしが良く、大阪平野の大パノラマ夜景が見渡せます。雰囲気も良く、デートにもおすすめですが、閉園時間が早いので、夜景観賞時期が限られるのが惜しいところ。

■所在地:大阪府箕面市彩都粟生北 2丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:19時~翌朝9時まで立入不可
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/saitonanairo_park/

3. 山手台北公園

宝塚の丘陵地の展望公園から望む癒しのパノラマ夜景
ベンチから眺める大阪平野の夜景(南東方向)
ベンチから眺める大阪平野の夜景(南東方向)

【騒音を出したり、ゴミのポイ捨て、深夜の訪問などは控え、夜景スポットでは観賞マナーを守って下さい。】 宝塚市内の夜景が見える公園の中でも雰囲気・美しさがトップクラスの展望公園。大阪平野を中心に伊丹空港も見渡せ、眺望の良さも抜群。ベンチや階段に座ってゆったりと夜景を見ながら語り合うシーンもおすすめ。ただし、付近には駐車場がないため、阪急バス「山手台北公園前」で下車して5~6分ぐらい歩くルートがおすすめ。

■所在地:兵庫県宝塚市山手台東4丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/yamatedaikita_park/

4. 岡本北小公園

高級住宅街の中にある夜景が美しい小さな公園
公園の雰囲気
公園の雰囲気

岡本エリアは御影と並んで神戸屈指の高級住宅街として知られています。岡本桜坂のデザイナーハウスの先にある小さな公園からは東灘区を中心に大阪方面の夜景まで見渡せ、神戸郊外の夜景スポットとしては雰囲気も美しさもハイレベル。ただし、公園までの道のりは少々険しく、運転に慣れている人向けの夜景スポットと言えます。また、住宅街に隣接しているため、深夜の訪問は控えましょう。

■所在地:兵庫県神戸市東灘区岡本7丁目  [ 地図 ]
■注意点:深夜の訪問は近隣住民の迷惑となるため、控えましょう
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/okamotokita/

5. 摂津峡公園 展望デッキ

高槻市内の夜景を観賞できる北摂エリアの名景勝地
樟葉・八幡市方面の夜景(東方向)
樟葉・八幡市方面の夜景(東方向)

山林地帯に作られた自然豊かな公園。桜の名所としても知られていますが、夜景スポットとしてはそれほど知られていません。展望デッキは3ヶ所ありますが、公園入口から最も遠い展望デッキからの夜景が最もきれいに見えます。

■所在地:大阪府高槻市塚原  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/settsukyou_deck/

6. きんもくせい公園

大阪平野を一望できる雰囲気の優れた公園
山手台を中心とした夜景(南方向)
山手台を中心とした夜景(南方向)

【騒音を出したり、ゴミのポイ捨て、深夜の訪問などは控え、夜景スポットでは観賞マナーを守って下さい。】 山手台北公園の裏手にあり、2015年6月に開園した新しい公園。視界が広く、大阪平野の大パノラマを見渡せます。公園内は夜間も明るいため雰囲気が良く、ゆったりと夜景が楽しめます。付近には駐車場がないため、阪急バス「宝塚山手台北公園前」で下車して、10分近く歩くと良いでしょう。

■所在地:兵庫県宝塚市山手台東5丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kinmokusei_park/

7. ポートアイランド北公園

神戸の海岸夜景を一望できるトップレベルの展望公園
ライトアップされた神戸大橋
ライトアップされた神戸大橋

神戸大橋を眺められる絶好のロケーション。対岸には六甲山系の山々を背景にメリケンパークや神戸ハーバーランドなど神戸ベイエリアの街明かりが視界一面に広がります。休日でも混雑感なく、開放感ある公園でゆったりと夜景が楽しめます。 神戸大橋の歩道や隣接する”ぽーあいしおさい公園”からも夜景が楽しめるので、合わせての訪問もおすすめ。大型客船が停泊する日や特別日にはブルーのレーザーでライトアップするようなので、ライトアップのタイミングを狙っての訪問も良さそう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区中央区港島2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/portisland_north_park/

8. ポーアイしおさい公園

神戸のベイエリアを一望できる雰囲気に優れた新スポット
公園の雰囲気
公園の雰囲気

ポートアイランド西公園は愛称「ポーアイしおさい公園」で知られる有名な夜景スポット。神戸港開港140年にあたる2007年にオープン。開放感ある空間は雰囲気も良く、遠くに神戸ハーバーランドやメリケンパークの夜景が見渡せます。神戸空港やポートアイランド北公園と合わせての訪問がおすすめ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区港島1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/portshiosai_park/

9. 網干なぎさ公園

ダイセル化学工業方面の迫力ある工場夜景を眺められる公園
ダイセル化学工業の夜景(北方向)
ダイセル化学工業の夜景(北方向)

姫路を代表する工場夜景スポット。公園の小高い丘からダイセルを中心とした化学工場の夜景が見渡せます。駐車場から丘をスルーして東方向に向かうと奥の方に運河があり、運河の手前からはさらに近づいて工場が見渡せます。公園内は街灯が少ないので、懐中電灯をお忘れなく。雰囲気を重視するなら対岸のエコパークあぼしもおすすめ。

■所在地:兵庫県姫路市網干区新在家246-2  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aboshi_park/

10. 中之島公園 剣先地区

天満橋や天神橋のライトアップが観賞できる歴史ある公園
天神橋と北浜の高層ビル(南西方向)
天神橋と北浜の高層ビル(南西方向)

明治24年に完成した大阪初の公園。公園内は街灯で照らされていて雰囲気が良く、展望デッキからは天満橋や八軒家浜方面の夜景が見渡せます。デッキ手前の広場からは黄色くライトアップされた天神橋も眺められます。なにわ橋駅や天満橋駅からも徒歩圏にあるので、お散歩デートにもおすすめ。

■所在地:大阪府大阪市北区中之島  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/nakanoshima_kensaki/

関西エリアにはここで紹介している公園以外にも夜景がきれいな場所がたくさんあるので、詳しくは「夜景INFO」も参考にして下さいね。
















絶景夜景が目の前に!関西のおすすめ夜景展望室10選

関西は全国屈指の夜景スポットが数多くありますが、関西の夜景=六甲山・生駒山などのイメージが強く、車が無いと行きづらい場所が多い印象があります。そこで、関西に観光で訪れた時に一緒に訪れたい展望室を厳選!公共交通機関(五老スカイタワーを除く)で訪問しやすい場所を中心に大阪・神戸・京都の夜景名所をセレクトしました。

1. ハルカス300(展望台)

大阪夜景を360度眺望できる日本一の超高層ビル
トワイライトタイムに大阪ベイエリア方向を望む(西方向)
トワイライトタイムに大阪ベイエリア方向を望む(西方向)

日本一高いビルとして知られるあべのハルカス。58階~60階が展望台になっており、360度の大パノラマ夜景が見渡せます。光量も美しさもスケールも他の夜景スポットに比べて圧倒的。特に夕暮れ~トワイライトタイムにかけての西向きの眺望はおすすめ。

■所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~22:00(年中無休) ※当日券の販売は8:50~21:20
■入場料金など:当日券:1,500円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/abenoharukas/

2. 梅田スカイビル 空中庭園展望台

大阪を代表する地上170mの高さを誇る屋上展望台
西梅田・中ノ島方面を望む(南方向)
西梅田・中ノ島方面を望む(南方向)

大阪・梅田で最も知られた夜景スポット。地上170mの高さを誇る超高層ビルの屋上が展望台になっており、大阪市内を中心に360度の絶景が広がります。他の展望ビルと異なり、屋外から夜風を浴びながら夜景を楽しめるが嬉しいところ。寒い時期は屋内の展望ロビーからも夜景を観賞できるので、季節を問わず夜景を楽しめるのもポイント。

■所在地:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:30(最終入場22:00) ※季節によって異なる場合あり
■入場料金など:大人1名:1,500円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skybldg/

3. 大阪府咲洲庁舎展望台

西日本一の高さを誇る展望タワーから望む大パノラマ夜景
展望ロビーの雰囲気
展望ロビーの雰囲気

大阪府咲洲庁舎(旧WTCコスモタワー)に展望台が整備されており、地上252mの高さを誇る展望台からは360度の大パノラマが見渡せます。大阪ベイエリアを眼下に、天気が良ければ明石海峡大橋や神戸の夜景も見渡せるほど。 窓ガラスが斜めになっていて、映り込みを気にせず夜景を楽しめ、混雑感もなくゆったりと夜景を楽しめるのも魅力。

■所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1-14-16  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:営業時間 11時〜22時(最終入場21:30) 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日振替)
■入場料金など:入場料:大人 800円 中学生・小学生 500円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/wtc_osaka/

4. 堺市役所

堺市内を中心に360度の夜景を一望できる展望ロビー
遠くにあべのハルカスを望む(北方向)
遠くにあべのハルカスを望む(北方向)

堺市内を中心に360度の夜景が見渡せる展望ロビー。休日でも混雑感なく、ゆったりと夜景を楽しめるのが嬉しい。遠くは神戸方面、あべのハルカスなども見渡せます。展望ロビーには堺の歴史や文化が学べる展示も充実しており、カフェ「ミエール」も営業していて、ゆったり寛げるのもポイント。

■所在地:大阪府堺市堺区南瓦町3-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:21:00まで(年中無休)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sakaicity/

5. 東大阪市役所 22階展望ロビー

東大阪JCの迫力ある夜景を観賞できる展望ロビー
東大阪JCTとあべのハルカスを望む(西方向)
東大阪JCTとあべのハルカスを望む(西方向)

無料の展望施設とは思えないほど、夜景が美しい人気スポット。東大阪市内を中心に大阪の夜景を大パノラマで楽しめます。特に東大阪ジャンクションが見える西向きは大人気。公共施設でありながら、24時まで開放されているので、時間を気にせずゆっくりを楽しめるのも嬉しい。展望レストラン「スカイラウンジ22」もあるので、夜景ディナーも心ゆくまで楽しめる。

■所在地:大阪府東大阪市荒本北1-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24:00まで(年末年始は休業)
■注意点:展望ロビーからの撮影が一部の方角を除いて、原則禁止になっています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/higasiosaka/

6. 泉大津PA

年中開放された展望フロアから望む湾岸夜景
関空・りんくう方面を望む
関空・りんくう方面を望む

阪神高速湾岸線の上下線に設けられたパーキングエリアで、上り側のビルに展望ロビーが設けられており、22時まで無料開放されています。眼下には湾岸線を走る車が見え、遠くは関空・りんくう方面が見渡せるほどの視界の広さが特徴です。ソファも設けられており、ゆっくりと寛げるのも嬉しいポイント。ドライブ途中の休憩ついでに、立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:大阪府泉大津市なぎさ町6-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:2019年8月17日より24時間開放
■注意点:上下線両方からビルの展望フロアに入ることができます。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/izumi/

7. 神戸ポートタワー

神戸のシンボルから望む360度の夜景
神戸市街地を望む(北方向)
神戸市街地を望む(北方向)

神戸を代表するシンボルの1つである神戸ポートタワーはハーバーランドやメリケンパークが立地する神戸ベイエリアにあり、赤色の独特のパイプ構造が特徴で、「鉄塔の美女」とも呼ばれているとか。夜はイルミネーションでライトアップされ、時間帯によってLEDパターンの変化も楽しめるため、建物自体を眺めるのもおすすめです。4階と5階に展望室があり、神戸ベイエリアを中心に360度の眺望が広がります。どの方角も美しく、ずっと眺めていると時間が経つのを忘れてしまうほど。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3月~11月 9:00~21:00(最終入場 20:30) 12月~2月 9:00~19:00(最終入場 18:30)
■入場料金など:大人1名:700円
■注意点:詳細な営業時間・料金は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/port_tower/

8. 神戸市役所 展望ロビー

南北の展望ロビーから神戸の中心部を望む
神戸ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)
神戸ポートアイランドと神戸大橋を望む(南方向)

神戸では屋内から無料で夜景を楽しめる貴重な展望ロビー。市役所1号館の24階に上がるとポートアイランド方面と三ノ宮方面が見渡せるロビーがあり、南側のロビーは神戸大橋や美しい高層マンションのまばゆい光が視界一面に広がります。JRや阪急の三宮駅から徒歩圏にあるにも関わらず、特に平日は訪問者も少なく、ソファに座ってゆったりと寛げます。同フロアには展望レストランがあり、夜景を眺めながらの食事も楽しめるのも嬉しいポイント。なお、ルミナリエの点灯時期は展望ロビーが大混雑するので、ご注意を。

■所在地:兵庫県神戸市中央区加納町6−5−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日 8:15~22:00 土日祝 10:00~22:00 休館日:年末年始(12月29日から1月3日)・設備点検日
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobecity/

9. 京都タワー展望室

地上100mの展望室から360度の大パノラマ夜景を観賞
展望室の雰囲気
展望室の雰囲気

京都タワーの展望室は地上100mの高さにあり、京都盆地の大パノラマを360度見渡せます。天気の良い日は大阪方面もキレイに見渡せ、あべのハルカスが見える日もあるほど。展望室内は雰囲気も良く、京都らしい落ち着きある夜景が楽しめます。京都観光の締めに是非立ち寄ってみて下さいね。

■所在地:京都府京都市下京区烏丸七条下‎東塩小路町721-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~21:00(最終入場20:40)
■入場料金など:大人1名:800円
■注意点:季節によって営業時間が変更される場合があります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kyoto_tower/

10. 五老スカイタワー

舞鶴市街地の夜景が見渡せる展望タワー
夕暮れに舞鶴西港を望む(南西方向)
夕暮れに舞鶴西港を望む(南西方向)

関西で日本海側にある唯一の展望施設。展望室の高さは地上28.2mと低く感じられますが、山の上にあるため海抜では300mを超える高さに位置します。リアス式海岸と市街地の夜景が美しく、夕暮れから訪れるとより美しい景色が楽しめます。夜間に入場できる時期は限られているため、公式サイトを確認すると良いでしょう。

■所在地:京都府舞鶴市上安237  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:4月〜11月 平日 9:00〜19:00 / 土日祝 9:00〜21:00 12月〜3月 平日/土日祝 9:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※年中無休
■入場料金など:大人1名:200円(高校生以上)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/goro-sky/

関西の展望室は関東圏に比べて数は少ないですが、東京にも負けないほどのスケールが自慢の展望室が数多くあります。関西に来られた際は是非、夜景も楽しんで下さいね。
















川崎だけじゃない!?横浜でオススメの工場夜景スポット5選

関東(神奈川)の工場夜景と言えば誰もが”川崎”を第一にイメージしますが、もちろん関東で最大規模の工場夜景は川崎であるものの、横浜にも意外と工場夜景のキレイなスポットがあります。そこで、今回は横浜でJXエネルギー根岸製油所などの工場夜景を観賞できるスポットを5ヶ所紹介。電車で行きにく場所も多いので、ドライブデートのコースに入れてみては?

1. 本牧山頂公園 本牧荒井西口

迫力ある根岸エリアの工場夜景を眺められる静かな公園
JXエネルギー根岸製油所を望む
JXエネルギー根岸製油所を望む

近隣住民の憩いの場として親しまれている公園で、昼夜を問わず犬の散歩をする人の姿を見かけます。工場夜景スポットとしてはほとんど知られていませんが、2010年10月に「本牧荒井の丘」がオープンしてからは、丘の上からJXエネルギー根岸製油所が見渡せます。工場とは距離がありますが、雰囲気が良いので、芝生に座って夜景を見ながら語り合うシーンにも使えそうです。なお、駐車場はJR山手駅付近にありますが、少し距離が離れているのが難点でしょうか。

■所在地:神奈川県横浜市中区本牧荒井  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/honbokuarainooka/

2. 新磯子町

製油工場を中心とした夜景を車内からも眺められる海岸沿いの道路
JXエネルギー製油所のプラントとオイルタンク群を見渡す(北方向)
JXエネルギー製油所のプラントとオイルタンク群を見渡す(北方向)

横浜の代表的な工場夜景スポット。車で観賞ポイントまでアクセスでき、対岸に見えるJXエネルギー根岸製油所のプラントの明かりが美しい。工場とは距離がありますが、安全を確認した上で、車を停車させて夜景を楽しむこともできるので、ドライブデートとの相性も良いですよ。

■所在地:神奈川県横浜市磯子区新磯子町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinisogotown/

3. 本牧臨海公園

根岸エリアの工場夜景を観賞できる穴場スポット
JX日鉱日石エネルギー根岸製油所方面の夜景(南西方向)
JX日鉱日石エネルギー根岸製油所方面の夜景(南西方向)

本牧市民公園に隣接した本牧臨海公園には展望エリアがあり、フェンス越しになりますが、JXエネルギーの製油所を比較的近い距離で観賞できます。ベンチもありますが、目の前が茂みになっていて、座っての観賞ができないのはちょっと残念。上り坂が多いので、歩きやすい服装がオススメ。

■所在地:神奈川県横浜市中区本牧元町386-1  [ 地図 ]
■注意点:上り坂(階段)が多いため、運動しやすい服装で
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/honmoku_rinkai/

4. 磯子・海の見える公園

磯子エリアの工場夜景を観賞できる海に面した公園
内山アドバンス・関東宇部コンクリート工業方面の工場夜景
内山アドバンス・関東宇部コンクリート工業方面の工場夜景

2007年に開園した比較的新しい公園で、ポンプ場の上に整備されています。階段またはスロープを上ると広場があり、ヨットハーバーやセメント工場が見渡せます。開園時間が限られているため、秋~冬限定の夜景スポットと言えそうです。

■所在地:神奈川県横浜市磯子区磯子1丁目4  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3~5月 午前8:00~午後6:00 6~8月 午前7:00~午後7:00 9~11月 午前8:00~午後6:00 12~2月 午前8:00~午後5:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/uminomieru_park/

5. 根岸加曽台七曲り坂

根岸の製油工場と住宅街の夜景を一望できる穴場スポット
JXエネルギー根岸製油所を望む(西方向)
JXエネルギー根岸製油所を望む(西方向)

住宅街の外れにある穴場スポット。坂の途中が観賞ポイントで、JXエネルギー根岸製油所を中心に住宅街も見渡せます。工場との距離が比較的近いため、それなりに見応えのある夜景が楽しめます。付近にコインパーキングあり。

■所在地:神奈川県横浜市中区根岸加曽台  [ 地図 ]
■注意点:住宅街付近のため、深夜の訪問は控えましょう
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/negishikasodai/

今回は横浜に特化した工場夜景スポットを紹介しましたが、工場夜景スポットを詳しく知りたい方には「工場夜景ガイド」もおすすめ!









隅田川の東京スカイツリーが美しい夜景スポット12選

東京スカイツリーが見渡せる場所は都内に限らず関東一円に多数ありますが、最も観賞スポットが充実しているのは隅田川周辺。隅田川テラスや橋の歩道から東京スカイツリーの夜景が見渡せる場所を厳選。アクセスしやすい場所が多いので、デートや写真撮影にもオススメですよ。

1. 桜橋

東京スカイツリーを観賞できる特徴的な橋梁
ライティングされた東京スカイツリーと桜橋
ライティングされた東京スカイツリーと桜橋

隅田川に架かる歩行者専用の橋がビューポイント。X字型の珍しい形をした橋で、東京スカイツリーの見晴らしも抜群。浅草駅から15分以上離れているためか、地元の住民がジョギングを楽しむようなゆったりした空間で夜景が楽しめます。休日に混雑を避けて夜景を楽しむのも良さそう。

■所在地:東京都台東区今戸1-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sakura_bridge/

2. 言問橋

東京スカイツリーを見渡せる橋の歩道
年始限定カラーの東京スカイツリーを中心に望む
年始限定カラーの東京スカイツリーを中心に望む

隅田川に架けられた橋の1つで正面に東京スカイツリーが見渡せます。ゆっくりと観賞を楽しむなら隅田公園がおすすめですが、散歩コースに入れて、東京スカイツリーを眺めるのも良いでしょう。

■所在地:東京都台東区花川戸2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kototoi_bridge/

3. 隅田公園

東京スカイツリーのライトアップを間近で眺められる公園
日没後に東京スカイツリーを望む
日没後に東京スカイツリーを望む

浅草駅北改札口から歩いてすぐの場所にある隅田川沿いの公園で、東京スカイツリーを見渡せる有名スポットの1つ。平日・休日問わず多くの観光客やカップルで賑わい、遊歩道を散歩したり、ベンチに座ってゆったりするのもおすすめ。浅草駅から離れるほど混雑感がなくなるので、ちょっと離れた場所から観賞してみては?

■所在地:東京都台東区花川戸  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_park/

4. 汐入公園

東京スカイツリーをゆったりと眺められる開放感ある公園
東京スカイツリーを望む(南方向)
東京スカイツリーを望む(南方向)

2006年に開園した比較的新しい公園で、隅田川に隣接していて、開放感があります。園内にはベンチが設けられ、座ってゆっくり夜景を楽しんだり、散歩をしながら東京スカイツリーの夜景が楽しめます。街灯もあるため、夜間も安心して訪問できる雰囲気です。南千住駅から徒歩15分ほど離れていますが、散歩ついでに立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都荒川区南千住八丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shioiri_park/

5. 瑞光橋

東京スカイツリーを橋の歩道から観賞できるビューポイント
東京スカイツリーを望む(南方向)
東京スカイツリーを望む(南方向)

瑞光橋公園に隣接する橋で開放感もあり、高層マンションや東京スカイツリーを眺められます。車の通行量も少なめで、ゆったりと夜景を眺められること間違いなし。汐入公園と合わせての訪問をおすすめ。

■所在地:東京都荒川区南千住  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/zuikou_bridge/

6. 駒形橋

東京スカイツリーを眺められる穴場スポット
ライティングされた東京スカイツリーを望む
ライティングされた東京スカイツリーを望む

駒形橋は1927年に竣工された歴史ある橋。車道の両側に歩道があり、北側の歩道は東京スカイツリーやアサヒビールタワー、南側の歩道は両国駅方面が見渡せます。吾妻橋よりも浅草駅から離れていることから、訪問者が少なくて混雑しにくいのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都台東区雷門2丁目 付近  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/komagata_bridge/

7. 中央大橋

東京スカイツリーと永代橋を観賞できる橋の歩道
東京スカイツリーと永代橋のライトアップ(北東方向)
東京スカイツリーと永代橋のライトアップ(北東方向)

中央区のシンボルとして親しまれている中央大橋は1993年に開通と新しく、フランスのデザイン会社が設計したオシャレな造りになっています。歩道にはメッセンジャー象があり、ここから東京スカイツリーや永代橋が見渡せます。東京スカイツリーは距離が離れていますが、歩道の雰囲気が良く、デートにもおすすめ。ベンチに座ってゆっくりと夜景を眺めるなら、佃公園や石川島公園も合わせて訪れて見てくださいね。

■所在地:東京都中央区佃  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chuo_bridge/

8. 吾妻橋

東京スカイツリーを眺められる名所
ライティングされた東京スカイツリーを望む
ライティングされた東京スカイツリーを望む

1774年の江戸時代に架けられた歴史ある橋。フラムドールのモニュメントがあるアサヒビール本社とビルに挟まれた東京スカイツリーが見渡せます。車や人の通りが多いので、落ち着いての夜景観賞には向きませんが、浅草駅から近いのでアクセスは抜群。お散歩デートにも最適。

■所在地:東京都台東区雷門2丁目 付近  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/azuma_bridge/

9. 隅田川テラス 蔵前エリア(蔵前橋)

東京スカイツリーを眺められる雰囲気の良いテラス
厩橋(うまやばし)とライティングされた東京スカイツリー(北東方向)
厩橋(うまやばし)とライティングされた東京スカイツリー(北東方向)

隅田川テラスの中でも雰囲気の良さはトップクラスの蔵前エリア。厩橋(うまやばし)の奥に東京スカイツリーが見渡せ、フットライトで照らされたテラスを散歩デートしながら夜景を楽しめる。浅草駅から10分以上歩きますが、休日でも混雑を気にせず夜景を楽しめるのはポイントが高い。

■所在地:東京都台東区蔵前  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_kuramae/

10. 白鬚橋

東京スカイツリーを観賞できる橋の歩道
ライティングされた東京スカイツリーを望む(南方向)
ライティングされた東京スカイツリーを望む(南方向)

過去に渡船場があったことで知られ、住民が基金を募って作られた橋。歩道は幅が狭いものの、通行者は少なく、東京スカイツリーの夜景をゆったりと観賞できます。反対側の歩道は南千住駅付近の高層マンション群が眺められます。

■所在地:東京都台東区橋場2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shirahige_bridge/

11. 両国橋

東京スカイツリーを観賞できる歴史ある橋
ライティングされた東京スカイツリーを望む(北東方向)
ライティングされた東京スカイツリーを望む(北東方向)

江戸時代に武蔵国と下総国の国境に位置したことがきっかけで、名付けられた歴史ある橋。歩道は南北にありますが、東京スカイツリーは北側の歩道から見渡せますが、眺める位置によっては東京スカイツリーが隠れてしまうので注意が必要。浅草橋駅などからアクセスが良いので、散歩のルートに入れるのもおすすめ。

■所在地:東京都中央区東日本橋2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ryogoku_bridge/

12. 隅田川大橋 北側

清洲橋と東京スカイツリーが見渡せる橋の歩道
トワイライトタイムの東京スカイツリーと清洲橋
トワイライトタイムの東京スカイツリーと清洲橋

夜景撮影スポットとしても人気のある隅田川大橋。南北に歩道があり、南側は永代橋+リバーシティ、北側は清洲橋+東京スカイツリーが眺められます。車通りが多いため、騒音が少し気になります。落ち着いて夜景を眺めるなら西側の隅田川テラスがおすすめ。

■所在地:東京都江東区佐賀2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_bridge_north/

東京スカイツリーは毎日0時までライティングされており、日によってライティングのカラーが異なるため、何度訪問しても楽しめます。隅田川以外にも東京スカイツリーの観賞スポットはたくさんあるので、お気に入りの場所を探してみてくださいね。詳細は「夜景INFO」も参考にして下さいね。


















東京観光で迷ったらココ!東京23区の定番夜景スポット15選

東京に初めて旅行で来られる方や「東京で夜景を見たいけど、どこに行けば良いかわからない!」という方向けに東京で定番の夜景スポットをセレクトしました。車が無くても電車だけでアクセスしやすい夜景スポットを15ヶ所厳選!

1. 東京スカイツリー天望デッキ

迫力ある東京夜景を観賞できる高さ350mの展望台
東京都心・富士山方面の夜景(西方向)
東京都心・富士山方面の夜景(西方向)

自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(R)。高さ350mの天望デッキからは東京タワーや東京ゲートブリッジが見渡せるほど視界が広く、まさに絶景が楽しめます。天望デッキからさらに100m上には「天望回廊」があり、入場は別料金になりますが、450mの高さから大パノラマが楽しめますよ。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:展望台 8:00~21:00(最終入場 20:00)
■入場料金など:天望デッキ(大人1名): 平日:2,100円 休日:2,300円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/skytree_1st/

2. 東京ソラマチ 31F スカイツリービュー

隅田川を中心に東京下町エリアの夜景を観賞できるロビー
隅田川・荒川方面の夜景(北方向)
隅田川・荒川方面の夜景(北方向)

東京ソラマチの30階と31階にはレストランフロアがあり、31階のエレベーターホール横と30階の西側に展望ロビーがあります。31階の展望ロビーからは隅田川を中心に荒川・桜橋・曳舟方面の街明かりが広範囲に見渡せ、かなりの迫力があります。東京スカイツリーを間近で眺めたい方は30階の展望ロビーがおすすめ。もちろん夜景が楽しめるレストランもあるので、夜景ディナーを楽しんでみてはいかが。

■所在地:東京都墨田区押上1丁目1-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:11:00~23:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/solamachi_31f/

3. 隅田公園

東京スカイツリーのライトアップを間近で眺められる公園
日没後に東京スカイツリーを望む
日没後に東京スカイツリーを望む

浅草駅北改札口から歩いてすぐの場所にある隅田川沿いの公園で、東京スカイツリーを見渡せる有名スポットの1つ。平日・休日問わず多くの観光客やカップルで賑わい、遊歩道を散歩したり、ベンチに座ってゆったりするのもおすすめ。浅草駅から離れるほど混雑感がなくなるので、ちょっと離れた場所から観賞してみては?

■所在地:東京都台東区花川戸  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sumida_park/

4. 東京タワー 大展望台

東京を代表するシンボルから眺める迫力ある東京夜景
浜松町方面の夜景を望む(東方向)
浜松町方面の夜景を望む(東方向)

東京タワーが2018年3月3日からリニューアルされ、名称も「大展望台」から「メインデッキ」に変わるようです。大展望台は地上145mと150mの2フロアに分かれており、東京都心の大パノラマが広がり、六本木ヒルズやレインボーブリッジなどが見渡せます。東京タワーを眺めるのも楽しめますが、展望台からの夜景も素晴らしいので、是非楽しんでみてください。

■所在地:東京都港区芝公園4-2-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
■入場料金など:大人1人:1,200円(トップデッキは別料金)
■注意点:混雑状況により早めに券売が終了する場合もあるようです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyo_tower1/

5. 港区立芝公園

東京タワーのライトアップ夜景を間近で観賞できる公園
ライトアップされた東京タワーを望む
ライトアップされた東京タワーを望む

都立芝公園と並んで人気の夜景スポット。東京タワー方面の視界を遮るものがなく、写真撮影のスポットとしても定評。開放感ある公園内は犬の散歩やジョギングを楽しむ人で賑わっています。ベンチに座って東京タワーを眺めながら会話を楽しむのもおすすめ。東京タワーから夜景を眺めた後に立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都港区四丁目8番4号  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/minato_shiba/

6. 六本木ヒルズ 東京シティビュー

海抜250mの高さから望むスケール感ある東京夜景
渋谷・新宿方面の夜景(北西方向)
渋谷・新宿方面の夜景(北西方向)

東京を代表する夜景スポットの1つ。海抜250mの高さから、東京タワーを中心に東京都心の夜景が360度見渡せます。展望フロアは照明が控えめで、夜景がとても見やすく、天井が高いため、開放感もあります。東京タワー方面は混雑していることが多いので、渋谷・新宿方面のフロアも狙い目ですよ。別料金になりますが、スカイデッキからの夜景も夜風を浴びながら楽しめてオススメです。

■所在地:東京都港区6-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~日10:00~22:00(最終入館 21:30)
■入場料金など:大人1名:2,000円 学生(高・大学生):1,200円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/roppongihillscity/

7. サンシャイン60展望台

都内トップクラスの高さを誇る高層ビルの展望台
新宿方面を望む(南西方向)
新宿方面を望む(南西方向)

都庁が完成する1990年までは日本一の高さを誇る高層ビル。60階の最上階が展望台になっていて、360度の東京夜景を楽しめ、その夜景の美しさは都内最大級。2016年4月に展望台がリニューアルされてからはエンターテイメント施設となり、VRなどの最新技術も楽しめますよ。

■所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:10:00~22:00 ※当日券の発売は21:00まで
■入場料金など:大人1名:1200円(当日券) 大人1名:1100円(WEBチケット)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/sunshine60/

8. 都庁北展望室

地上202mの展望室から東京夜景を一望
トワイライトタイムにパークハイアット方面の夜景を望む(南方向)
トワイライトタイムにパークハイアット方面の夜景を望む(南方向)

外国人観光客にも絶大な人気がある都庁の展望室。北展望室と南展望室の2つありますが、北展望室が休室している日は南展望室から夜景が楽しめます。週末には荷物検査の入場ゲート前に大行列ができるほどの混雑ぶりで、夜景撮影にあたって三脚や暗幕が使えないのもわかる気がします。 高さ202mの展望室からの眺めは絶景で、天気が良ければ富士山のシルエットが浮かび上がり、街の夜景と自然の調和が楽しめます。正面に見渡せるパークハイアットや住友ビルなどの超高層ビルも迫力があります。 レストランからも夜景が見えるので、混雑を避けて食事やお酒と一緒に夜景を楽しむデートプランもおすすめ。

■所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで (第2及び第4月曜日は休室)
■注意点:入場前に荷物検査があります。三脚の利用不可。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tokyoprefnorth/

9. KITTE 屋上庭園

東京駅や丸ノ内の高層ビル街を観賞できる屋上庭園
東京駅のターミナルと丸の内エリアを望む
東京駅のターミナルと丸の内エリアを望む

2013年に開業した商業施設で日本郵便が手掛けており、現在は名古屋や博多にも同名の施設があります。屋上庭園が夜景スポットとして有名で、平日・休日問わず多くのカップルや観光客で賑わいます。庭園は雰囲気が良く、ライトアップされた東京駅や丸ビルを見渡せます。夜景を楽しむだけでなく、待ち合わせスポットとしても使えそうですね。

■所在地:東京都千代田区丸の内2丁目7-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:月~土・祝前日は23時まで 日・祝は22時まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kitte/

10. デックス東京ビーチ

レインボーブリッジを中心に東京湾夜景を一望できるデート名所
レインボーカラーのレインボーブリッジと屋形船
レインボーカラーのレインボーブリッジと屋形船

お台場で最も有名な夜景スポット。ゆりかもめの「お台場海浜公園駅」からも歩いて数分でアクセスでき、デッキの雰囲気も抜群で正面にレインボーブリッジや東京タワーを見渡せます。もみの木のイルミネーションも美しく、記念撮影を楽しまれるカップルや観光客の姿も目立ちます。テラス席のあるレストランからも夜景が楽しめるのも嬉しいところ。ただし、週末は団体の観光客でかなり賑わうので、静かに夜景を眺めたい方はマリンハウスなどへ移動すると良いでしょう。

■所在地:東京都港区台場1-6-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/odaibadecks/

11. アクアシティお台場

レインボーブリッジや東京タワーを観賞できる人気スポット
自由の女神とレインボーブリッジを望む
自由の女神とレインボーブリッジを望む

デックスと並んでお台場を代表する夜景スポット。プロムナードやテラスからレインボーブリッジの夜景が楽しめ、自由の女神の近くで記念撮影する観光客の姿が目立ちます。レストランからも夜景が楽しめるので、夜景観賞の前後にディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:東京都港区台場1丁目7番1号  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:屋外デッキは終日開放 物販店舗 21:00まで 飲食店舗 23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/aquacity/

12. フジテレビ球体展望室「はちたま」

レインボーブリッジ・東京湾の夜景を一望できる展望室
日没直後にレインボーブリッジと東京タワーを望む(北西方向)
日没直後にレインボーブリッジと東京タワーを望む(北西方向)

お台場のランドマークとして親しまれているフジテレビの本社ビル。時間が経つことに変化するビルのライトアップも色鮮やかで、外からの眺めも楽しめます。展望室は18時までと営業時間が限られますが、冬場であればレインボーブリッジを中心に東京ベイエリアの夜景が見渡せ、特に夕方からトワイライトタイムにかけての眺めはまさに絶景。展望室で夜景を楽しんだ後、お台場海浜公園やマリンハウスに立ち寄るプランもオススメですよ。

■所在地:東京都港区台場2-4-8  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:18:00まで ※入館は17:30まで 毎週月曜は休館(当日が祝日の場合は翌日)
■入場料金など:大人1名:700円 ※イベント開催により、料金・営業時間などが変更される場合あり
■注意点:営業終了時間が早いため、夏期は夜景が観賞できません。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/fujitvhachitama/

13. 文京シビックセンター 展望ラウンジ

新宿の高層ビルや富士山方面を一望できる人気の展望室
トワイライトタイムに新宿方面を望む(南西方向)
トワイライトタイムに新宿方面を望む(南西方向)

新宿副都心方面を中心に東京都心の夜景が楽しめる定番スポット。高さは142mあり、都内の区役所では最も高いとか。展望ロビーからは270度の視界が広がり、天気が良ければ夕暮れに富士山のシルエットも見渡せ、東向きには東京スカイツリーも見渡せます。窓ガラスが斜めになっていて、室内の反射が押さえられており、夜景観賞者に配慮されているのも嬉しいポイント。公共施設の展望ロビーではテッパンと言える展望レストランもあるので、要チェック!

■所在地:東京都文京区春日1-16-21  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:9:00~20:30 ※年末年始(12月29日~1月3日)・5月第3日曜日は休館
■注意点:展望ラウンジでは三脚の利用が禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/civiccenter/

14. 羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ

国際線の滑走路と東京夜景が眺められる羽田の新名所
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む

3つのターミナルにある展望デッキの中でも唯一24時間開放されているのが、国際線の展望デッキ。国内線と異なり、様々な国や地域の機体を眺められ、雰囲気も抜群。北東方向の視界が広がることから、東京都心も見渡せ、東京スカイツリーや東京タワーも見えるほど。時間を気にせず、ドライブデートの途中に気軽に訪問できるのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24時間営業(通常時)
■注意点:展望デッキは特別な行事などがある際に閉館する場合があるそうです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport3/

15. 恵比寿ガーデンプレイスタワースカイラウンジ

東京都心の夜景を一望できる無料開放された展望ロビー
東京タワー・六本木ヒルズ方面の夜景(東方向)
東京タワー・六本木ヒルズ方面の夜景(東方向)

恵比寿ガーデンプレイスタワーの37階と38階に展望スペースがあり、2016年10月にSKY LOUNGEとしてリニューアルオープン。雰囲気も良く、東京タワー・六本木ヒルズ方面を中心に東京都心の夜景が見渡せます。無料系の夜景スポットは思えないほど夜景が美しく、夜景観賞目的に訪れる価値も十分にあります。レストランからも美しい夜景が見えるので、夜景ディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■所在地:東京都渋谷区恵比寿4−20−3  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/gardenplace/

今回は東京の定番スポットを中心に紹介しましたが、東京には穴場スポットもたくさんあり、夜景スポットが無数にあります。「夜景INFO」では東京の夜景スポットを約300ヶ所紹介しているので、夜景スポット探しにご活用下さい!



















デートで行きたい!東京ベイエリアの夜景ドライブスポット10選

東京の夜景スポットは電車で行ける場所が大半ですが、ドライブデートとなると、都心ほど駐車場探しに苦労したり、人混みが気になったりするもの。東京の夜景ドライブと言えば、誰もが首都高をイメージしますが、車を停めてゆったりと夜景を楽しみたい時もあるはず。 そこで、今回は車で訪問しやすい東京ベイエリアの夜景ドライブスポットを厳選して紹介。近くに駐車場がある夜景スポットを中心に、車を停車させて夜景を楽しめる穴場までピックアップしました。

1. 若洲海浜公園

東京ゲートブリッジのライトアップを眺められる広大な公園
日没後の東京ゲートブリッジと富士山(北西方向)
日没後の東京ゲートブリッジと富士山(北西方向)

東京ゲートブリッジを間近に眺められる絶好のロケーション。公園の北側と南側で東京ゲートブリッジの見える景観が異なり、南側から写真撮影や夜景観賞を楽しむ人の姿も目立ちます。空気が澄んでいる日は夕暮れに富士山のシルエットが見えるほどで、ライトアップ前の夕景も楽しめますよ。公園で夜景を眺めた後は東京ゲートブリッジのドライブを楽しんでみてはいかが?そのままお台場方面へ抜けて夜景ディナーを楽しむコースもおすすめ。

■所在地:東京都江東区若洲3丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/wakasu_park/

2. 晴海ふ頭客船ターミナル

東京湾を一望できる雰囲気に優れた湾岸沿いのデッキ
トワイライトタイムに東京タワー方面を望む(北西方向)
トワイライトタイムに東京タワー方面を望む(北西方向)

撮影スポットとしても鑑賞スポットとしても都内を代表する人気の夜景スポット。ターミナルからは見晴らしが良く、レインボーブリッジを正面に月島や東京タワー方面も見渡せるほど眺望の良さが特徴。雰囲気も良く、散歩をしながらデートや語らいも楽しめます。なお、ターミナルビルが開いている時間は展望室からも夜景が眺められるので、寒い時期にも良さそう。

■所在地:東京都中央区晴海5-7-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放 展望施設 春:4月1日~7月19 平日9:00~17:00 土日祝9:00~20:00 夏:7月20日~8月31日 9:00~20:00 秋:9月1日~10月31日 平日9:00~17:00 土日祝9:00~20:00 冬:11月1日~3月31日 平日9:00~17:00 土日祝9:00~19:00
■注意点:展望施設の営業時間は季節や曜日により異なります。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/harumiterminal/

3. 品川埠頭

レインボーブリッジを車内から眺められる穴場スポット
ライトアップされたレインボーブリッジを望む(北東方向)
ライトアップされたレインボーブリッジを望む(北東方向)

日本で最初のコンテナ埠頭として整備され、レインボーブリッジを正面に見渡せます。レインボーブリッジとの距離も近く、迫力があるものの、フェンスが視界を遮っているのはやや惜しいところ。ただし、車を停車させてフロントガラス越しに夜景を眺められるので、ドライブデートにもおすすめ。

■所在地:東京都港区港南5丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/shinagawa_futou/

4. お台場海浜公園・マリンハウス

レインボーブリッジの夜景が見える穴場スポット
タワーマンション群を写す
タワーマンション群を写す

お台場に何度も来たことがある人でも意外と知らない穴場スポット。夜景撮影で数え切れないほどお台場に来ている私もなかなか気付かなかったほどです。デックスからデッキを渡り、階段を降りると左右両側に展望台があります。目の前にレインボーブリッジや東京タワーが見渡せ、特に団体の観光客が訪れることも少ないので週末でもゆったりと夜景が楽しめますよ。

■所在地:東京都港区台場1-4-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/odaiba_marine/

5. 豊洲ぐるり公園

レインボーブリッジや晴海埠頭を見渡せる公園
遊歩道と東京都心の夜景
遊歩道と東京都心の夜景

2017年7月に部分開園した都内屈指の夜景公園。広大な公園からはレインボーブリッジを中心に東京タワーや晴海埠頭、東京スカイツリーが見渡せるほど視界が広く、撮影にもデートにもおすすめ。駐車場もあるため、ドライブ途中で立ち寄るデートプランにも最適。休日でも混雑が少ないので、お台場を抜けて豊洲ぐるり公園で夜景を楽しむのもおすすめ。

■所在地:東京都江東区豊洲6丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/toyosu_gururi/

6. 竹芝桟橋

レインボーブリッジや豊海埠頭方面を一望できる遊歩道
トワイライトタイムにレインボーブリッジを望む(南方向)
トワイライトタイムにレインボーブリッジを望む(南方向)

都内の離島向けのフェリーやクルーズ船が運航する竹芝客船ターミナルに隣接するデッキがビューポイント。南方向にベイブリッジが見渡せ、視界が遮るものがないため、見晴らしは抜群。フットライトで照らされたデッキも雰囲気が良く、まさに夜景を眺めながら語り合うのにベストなロケーション。ゆりかもめ・竹芝駅から歩いてすぐという好立地もポイント。

■所在地:東京都港区海岸1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/takeshibasanbashi/

7. 羽田空港 国際線ターミナル 展望デッキ

国際線の滑走路と東京夜景が眺められる羽田の新名所
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む
ANAの飛行機と第1旅客ターミナル方面を望む

3つのターミナルにある展望デッキの中でも唯一24時間開放されているのが、国際線の展望デッキ。国内線と異なり、様々な国や地域の機体を眺められ、雰囲気も抜群。北東方向の視界が広がることから、東京都心も見渡せ、東京スカイツリーや東京タワーも見えるほど。時間を気にせず、ドライブデートの途中に気軽に訪問できるのも嬉しいポイント。

■所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:24時間営業(通常時)
■注意点:展望デッキは特別な行事などがある際に閉館する場合があるそうです。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/haneda_airport3/

8. 辰巳第二PA

豊洲の高層マンションや東京タワーを眺望できるパーキング
豊洲の高層マンションと東京タワー方面を望む
豊洲の高層マンションと東京タワー方面を望む

新木場から箱崎方面に向かう途中にあるパーキングエリア。レストランやカフェはありませんが、駐車場周辺からは豊洲の高層マンション群や東京タワーが見渡せ、まさに東京らしい夜景が楽しめます。夜景ドライブの途中に休憩がてら立ち寄ってみてはいかが?

■所在地:東京都江東区辰巳3丁目2-11  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tatsumi2_pa/

9. 城南島海浜公園

羽田空港やお台場方面の夜景を観賞できる海岸沿いの公園
羽田空港方面を望む(南方向)
羽田空港方面を望む(南方向)

大田区城南島にある広大な公園。対岸には羽田空港が見渡せ、昼間は多くの人で賑わいますが、夜になると訪れる人は少なくなります。空港に離着陸する飛行機を眺めたり、お散歩デートを楽しむのも良さそうです。

■所在地:東京都大田区城南島4-2-2  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/jounan_park/

10. 葛西臨海公園

東京ベイエリアの夜景を一望できる広大な公園
東京タワーを中心に望む(西方向)
東京タワーを中心に望む(西方向)

都内で最大スケールの公園で、水族館や観覧車などが有名。日中は家族連れで賑わいますが、夜になると訪れる人もまばらで、遊歩道を歩きながら夜景散歩が楽しめます。街明かりは遠目ですが、東京タワーやお台場の観覧車も見えます。公園内は暗い場所が多いので、懐中電灯があると安心。駐車料金も手頃(1時間200円・2018年1月確認)なのも嬉しいですね。

■所在地:東京都江戸川区臨海町6-2  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:終日開放(毎週水曜日は施設が休館となります)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kasairinkai_park/

今回は東京ベイエリアに限定して夜景スポットを紹介させて頂きましたが、夜景ディナーも楽しむならお台場がおすすめ。東京ゲートブリッジや晴海埠頭の夜景ドライブを楽しんだ後にお台場でディナーをすると自然な流れでデートができますよ。締めに羽田空港国際線で夜景を眺めてる帰るプランもオススメ。
















デートで行きたい!千葉で雰囲気抜群の夜景スポット12選

関東でも有数のドライブスポットや観光地、海産物を中心としたグルメが充実している千葉県。アクアライン開通後は東京や神奈川からのアクセスが飛躍的に向上し、休日にはアクアラインが大渋滞することもしばしば。今回は、広大な千葉県内でデートやドライブにおすすめしたい雰囲気の優れた夜景スポットをピックアップ。定番の展望室からインスタ映え間違い無しの江川海岸まで幅広く紹介します。

1. 海ほたるPA

木更津方面・川崎方面の夜景を眺められるテラスから
アクアラインを走る車の光跡
アクアラインを走る車の光跡

アクアライン上にあるパーキングエリア。レストラン・お土産店・コンビニなどの施設が充実しており、休日には入場待ちになることもあるほど人気。展望デッキが木更津側と東京湾側にあり、アクアラインの道路が見渡せる木更津側の方が夜景が美しい。ドライブやレジャーの帰りに夜景観賞を楽しむプランもおすすめ。

■所在地:千葉県木更津市中島地先海ほたる  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/umihotaru_pa/

2. アイ・リンクタウン展望施設

江戸川を中心とした夜景を楽しめる無料開放された展望ビル
江戸川を中心とした夜景(西方向)
江戸川を中心とした夜景(西方向)

市川駅に隣接する高層マンション「ザ ・タワーズ・ウエスト」の45階に展望施設があり、地上150mの高さから360度の夜景が楽しめます。観賞場所は屋外の展望デッキと、屋内の展望ロビーがあり、季節に応じて観賞場所を使い分けるのも良いでしょう。景観は江戸川や東京スカイツリーが中心で、無料の施設とは思えないほど見応えがあります。

■所在地:千葉県市川市市川南1-10-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:22:00まで(展望デッキは21:00まで) ※毎月第1月曜(祝日に当たる時は直後の平日)、 年末年始(12月29日~1月3日)は休館 天候不良で予告なく閉鎖する場合あり
■注意点:三脚の利用は禁止されています。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ilink/

3. 千葉ポートタワー

千葉港を中心とした夜景を楽しめる展望タワー
展望ロビーの雰囲気
展望ロビーの雰囲気

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念にオープンした展望タワー。展望フロアの高さは100m以上あり、360度の大パノラマが見渡せます。室内は照明が控えめで夜景が見やすく、天気の良い日であれば夕暮れに富士山も見渡せるでしょう。無料駐車場も完備されていて、ドライブデートとの相性も抜群。なお、恋人の聖地にも認定された「サンセットプロムナード」では、南京錠を取り付けることもできますよ。

■所在地:千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:6月~9月は9:00~21:00 10月~5月は月〜金 9:00~19:00/土日祝 9:00~20:00 ※強風等により臨時休業する場合あり 休館日:12月28日~31日、1月1日~1月4日
■入場料金など:大人1名:420円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/chibaport_tower/

4. きみさらずタワー

木更津市内を中心に360度の景観が楽しめる夜景名所
木更津市街地を中心に望む(西方向)
木更津市街地を中心に望む(西方向)

木更津を代表する夜景スポット。夜景愛好家の間では「西の湘南平、東の太田山」と呼ばれるほど夜景の名所として親しまれており、展望台からは木更津市内を中心に君津・袖ヶ浦方面までパノラマ感ある夜景が楽しめます。遠くは東京湾方面の街明かりも見渡せ、ドライブやデートとの相性も抜群。アクアラインが渋滞している時に、ここで夜景を見て時間をずらすのも良さそう。

■所在地:千葉県木更津市太田2-16-2  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kimisarazu_tower/

5. 成田国際空港 展望デッキ

離着陸する飛行機とライトアップされた滑走路を眺められる展望デッキ
展望デッキの雰囲気
展望デッキの雰囲気

日本の玄関とも言われている成田空港。羽田空港に次ぐ旅客者数で、ターミナルは第1~3まで3つに分かれており、夜景観賞にオススメは第1ターミナルの展望デッキとなります。展望デッキからは滑走路や飛行機を間近に見渡せ、フットライトで照らされたデッキは雰囲気もグッド。銚子方面でドライブを楽しんだ後に、デートのシメに立ち寄っても良さそうですね。

■所在地:千葉県成田市東三里塚  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:7:00~21:00
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/narita_airport/

6. 飯岡刑部岬

東洋のドーバーとも呼ばれる屏風ケ浦からの美しい夜景
日没後の旭市内の夜景(北西方向)
日没後の旭市内の夜景(北西方向)

関東の富士見百景にも選定された景勝地で、屏風ケ浦(びょうぶがうら)の絶壁に展望台があります。漁港を中心とした港の明かりが正面に見渡せ、遠くは九十九里浜沿いの街明かりが広がります。西向きに視界が広がることから、夕景も期待でき、「日本の夕陽百選」にも選ばれているほど。雰囲気も良く、ドライブデートにもイチオシのスポットです。

■所在地:千葉県旭市上永井1309-1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:開館時間 9:00~16:30 3階「光と風のデッキ」は終日利用可能 休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/iiokagyoubusaki/

7. 銚子ポートタワー

銚子の漁港や利根川まで視界が広がる展望タワー
利根川を中心としたトワイライトタイムの夜景(西方向)
利根川を中心としたトワイライトタイムの夜景(西方向)

平成3年に完成した展望施設。タワーの3階と4階から銚子市内を中心とした夜景が見渡せます。360度の大パノラマが広がりますが、夕日の沈む西向きは特に美しい景観が楽しめます。営業時間が限られているため、夜景を見られる時期は年間を通じて限られますが、銚子に来たら是非立ち寄ってみて下さいね。

■所在地:千葉県銚子市川口町2丁目6385-267  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:午前8時30分~午後5時30分 ※4月から9月の土曜日・日曜日・祝日および8月 午前8時30分~午後6時30分
■入場料金など:大人:420円
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/choshi_porttower/

8. 魚見塚展望台

鴨川市内の夜景が視界一面に広がる整備された展望台
鴨川市中心部の夜景(北東方向)
鴨川市中心部の夜景(北東方向)

漁師たちが沖合いにくる魚の群れを見張っていたことが、名前の由来。公衆トイレ横にある駐車場から徒歩3分ぐらい上ると展望台があり、鴨川市を中心とした夜景が見渡せます。光量は控えめですが、展望台は街灯で照らされていて雰囲気も良く、デートとの相性も抜群。南京錠を架けて二人で愛を誓うのもおすすめ。鴨川シーワールドで遊んだ後に夕暮れから立ち寄るドライブプランもおすすめ。

■所在地:千葉県鴨川市貝渚3277  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/uomizuka/

9. 牧の原公園

印西市の夜景を見渡せる雰囲気抜群の展望台
滝野地区の住宅街を望む(東方向)
滝野地区の住宅街を望む(東方向)

印西市は「住みよさランキング」の総合評価1位に選ばれている人気の街。牧の原公園は住宅街の中心にある広大な公園で、ひょうたん山から印西市内の夜景を360度見渡せます。フットライトで照らされた公園は雰囲気が良く、カップルはもちろん、家族連れでも安心して訪問できそうな雰囲気です。地元向けの公園と思いきや、駐車場も完備されていて、多少遠い場所からでも訪れる価値は十分にありますよ。

■所在地:千葉県印西市牧の原5丁目 付近  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/makinohara_park/

10. 江川海岸

海に続く電柱と製鉄所の明かりが幻想的な海岸
トワイライトタイムに製鉄所を望む(1)
トワイライトタイムに製鉄所を望む(1)

潮干狩りで有名な海岸ですが、最近はインスタ映えスポットとしても人気があり、平日・休日問わず夕暮れには多くのカップルや写真愛好家で賑わっています。海中に電柱が埋められた様子が幻想的で、遠くには製鉄所が見渡せます。真っ暗な時間より日没後からトワイライトタイムにかけての時間が最もきれいな写真が撮れますよ。

■所在地:千葉県木更津市江川  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/egawa_coast/

11. 明治百年記念展望塔

東京湾の街明かりや夕日が見渡せる絶景スポット
展望塔を見上げる
展望塔を見上げる

「関東の富士見百景」にも選ばれていて、夕日の名所としてカップルや観光客に人気があります。富津岬の尖端にある特徴的な展望塔は五葉松を模っていて、展望塔の階段を上ると東京湾の大パノラマが広がります。街明かりが遠いため、夜景スポットとしては少々寂しいものがありますが、夕景からトワイライトタイムにかけては美しい景色が楽しめますよ。

■所在地:千葉県富津市富津  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/meiji100/

12. さくらの山

成田空港と飛行機を間近で見られる公園
飛行機の光跡
飛行機の光跡

成田空港の北側に隣接する公園で、空港に離着陸する飛行機を近い距離から眺められ、昼夜問わずカップルや家族連れで賑わいます。 公園は23時まで開放されており、駐車場もあるので、ドライブデートとの相性も抜群。冬になると「うなりくんイルミネーション」も点灯するようなので、イルミと飛行機の夜景を楽しむなら冬がオススメ。

■所在地:千葉県成田市駒井野1338番地1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23時まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/narita_sakura/

千葉県内にはここで紹介した場所以外にも夜景スポットが豊富にあり、養老川臨海公園や袖ヶ浦海浜公園など工場夜景の名所もあるので、ドライブついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。なお、夕日を見るなら「館山夕日桟橋」もオススメですよ!


















電車でも行ける!神戸ベイエリア&市街地の夜景スポット10選

全国屈指の夜景観光都市である神戸には六甲山から住宅街、ベイエリアまで様々なシチュエーションから夜景が楽しめますが、電車だけでアクセスできる夜景スポットは限られています。そこで、車を持たないカップルや遠方からの観光客におすすめしたい、電車だけで訪問しやすい夜景スポットをベイエリア・市街地を中心に10ヶ所セレクト。

1. 神戸ハーバーランドumie

神戸を代表する夜景デートスポット
神戸ポートタワー・海洋博物館・ノートルダム神戸方面を望む
神戸ポートタワー・海洋博物館・ノートルダム神戸方面を望む

神戸ベイエリアを代表する夜景デートスポット。レストランやショッピングなど商業施設が充実していて、外のデッキから眺める神戸ポートタワーやメリケンパークオリエンタルホテルの明かりが美しい。雰囲気も良く、ゆったりと夜景を楽しめる。

■所在地:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目6-1  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_mosaic/

2. メリケンパーク

モザイクガーデンのライトアップが最も綺麗に見える公園
神戸みなと温泉 蓮と神戸大橋
神戸みなと温泉 蓮と神戸大橋

神戸ハーバーランドと並んで神戸ベイエリアを代表するデートスポット。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館などの観光施設が充実していますが、海沿いの遊歩道を散歩しながら対岸のモザイクや観覧車を見渡せます。さらに、メリケンパークオリエンタルホテルに続くデッキからは一段高い場所から夜景を眺められ、雰囲気も抜群。対岸の神戸ハーバーランドと合わせて訪れると良いでしょう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/meriken_park/

3. はねっこ広場

ハーバーランド内のライトアップされた静かな広場
高層マンションとはね橋を見上げる
高層マンションとはね橋を見上げる

ハーバーランド広場の中央にある”はねっこ広場”からはライトアップされた”はね橋”を中心に煉瓦倉庫や観覧車が見渡せます。雰囲気も抜群で夜のお散歩デートにおすすめ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/hanekko/

4. 神戸ポートタワー

神戸のシンボルから望む360度の夜景
海洋博物館とホテルオークラを望む(東方向)
海洋博物館とホテルオークラを望む(東方向)

神戸を代表するシンボルの1つである神戸ポートタワーはハーバーランドやメリケンパークが立地する神戸ベイエリアにあり、赤色の独特のパイプ構造が特徴で、「鉄塔の美女」とも呼ばれているとか。夜はイルミネーションでライトアップされ、時間帯によってLEDパターンの変化も楽しめるため、建物自体を眺めるのもおすすめです。4階と5階に展望室があり、神戸ベイエリアを中心に360度の眺望が広がります。どの方角も美しく、ずっと眺めていると時間が経つのを忘れてしまうほど。

■所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:3月~11月 9:00~21:00(最終入場 20:30) 12月~2月 9:00~19:00(最終入場 18:30)
■入場料金など:大人1名:700円
■注意点:詳細な営業時間・料金は公式サイトを参考にして下さい。
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/port_tower/

5. 神戸市役所 展望ロビー

南北の展望ロビーから神戸の中心部を望む
摩耶・六甲アイランド方面を望む(東方向)
摩耶・六甲アイランド方面を望む(東方向)

神戸では屋内から無料で夜景を楽しめる貴重な展望ロビー。市役所1号館の24階に上がるとポートアイランド方面と三ノ宮方面が見渡せるロビーがあり、南側のロビーは神戸大橋や美しい高層マンションのまばゆい光が視界一面に広がります。JRや阪急の三宮駅から徒歩圏にあるにも関わらず、特に平日は訪問者も少なく、ソファに座ってゆったりと寛げます。同フロアには展望レストランがあり、夜景を眺めながらの食事も楽しめるのも嬉しいポイント。なお、ルミナリエの点灯時期は展望ロビーが大混雑するので、ご注意を。

■所在地:兵庫県神戸市中央区加納町6−5−1  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:平日 8:15~22:00 土日祝 10:00~22:00 休館日:年末年始(12月29日から1月3日)・設備点検日
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobecity/

6. ハーバーウォーク

神戸ハーバーランドの整備された海岸沿いの遊歩道
ライトアップされた神戸煉瓦倉庫
ライトアップされた神戸煉瓦倉庫

神戸ハーバーランドの開業に合わせて整備された遊歩道。煉瓦倉庫のライトアップが美しく、温かみのある光に包まれて夜景散歩が楽しめる。モザイクから少し離れた場所にあることから休日でも混雑感が少なく、ゆったりと過ごせますよ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/harbor_walk/

7. 高浜岸壁

神戸ベイエリアを見渡せる定番のデートスポット
神戸ポートタワー・海洋博物館方面を望む
神戸ポートタワー・海洋博物館方面を望む

神戸在住の人でも「高浜岸壁」の名前を聞いて、すぐに場所を答えられない人も多いはず。モザイクの手前にある遊歩道一帯が高浜岸壁と呼ばれており、神戸ポートタワーや海洋博物館などメリケンパーク方面を見渡せます。結婚式場「ノートルダム神戸」がオープンしてからは神戸ベイエリアがより華やかになり、夜景も一段と美しさが増しました。岸壁の散歩を楽しんだり、モザイクで夜景を眺めながらディナーを楽しんでみてはいかが?

■所在地:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_takahama/

8. ハーバーウォーク

閑静で落ち着いた雰囲気のHAT神戸の散歩道
トワイライトタイムのハーバーウォーク
トワイライトタイムのハーバーウォーク

神戸市の東部副都心として開発されたHAT神戸は高層マンションや商業施設が建ち並び、運河沿いは遊歩道として整備されています。ハーバーウォークからは高層マンション群が見渡せ、落ち着きのある街明かりを眺めながら、ゆったりと夜景散歩が楽しめます。三宮から離れているため、休日でも混雑感が少なく、まったりとできますよ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/harbour_walk/

9. ポートアイランド北公園

神戸の海岸夜景を一望できるトップレベルの展望公園
ライトアップされた神戸大橋
ライトアップされた神戸大橋

神戸大橋を眺められる絶好のロケーション。対岸には六甲山系の山々を背景にメリケンパークや神戸ハーバーランドなど神戸ベイエリアの街明かりが視界一面に広がります。休日でも混雑感なく、開放感ある公園でゆったりと夜景が楽しめます。 神戸大橋の歩道や隣接する”ぽーあいしおさい公園”からも夜景が楽しめるので、合わせての訪問もおすすめ。大型客船が停泊する日や特別日にはブルーのレーザーでライトアップするようなので、ライトアップのタイミングを狙っての訪問も良さそう。

■所在地:兵庫県神戸市中央区中央区港島2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/portisland_north_park/

10. 神戸空港 展望庭園

神戸夜景を見渡せる開放感ある展望庭園
神戸市街地と神戸ポートアイランドを見渡す
神戸市街地と神戸ポートアイランドを見渡す

愛称「マリンエア」で親しまれている神戸空港。スカイマークが主に運航しています。神戸市が運営する小規模な地方空港ですが、屋上階には展望庭園があり、街明かりと距離はあるものの、北向きは神戸市街地の夜景、南向きは間近に滑走路や飛行機が見渡せます。寒い時期は3Fにあるスカイコートからの観賞もおすすめ。

■所在地:兵庫県神戸市中央区神戸空港1丁目  [ 地図 ]
■営業・観賞時間:23:00まで
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kobe_airport/

神戸の夜景スポットはここで紹介している以外にも数多くあり、夜景INFOでも70ヶ所以上紹介しています。舞子方面など電車でアクセスしやすい場所がまだまだあるので、「夜景INFO」の情報も参考にして下さいね!
















大阪最大級の絶景!信貴生駒スカイラインの夜景ドライブスポットまとめ

大阪を代表する夜景ドライブコースと言えば信貴生駒スカイライン。展望台から望む大パノラマは関西でも最大級の美しさ。夜景デートにもおすすめのスポットから、車内で夜景観賞を楽しめるスポットまで紹介します。なお、信貴生駒スカイラインの通行時間や料金などは公式サイトを参考にしてくださいね。 ※鐘の鳴る展望台などへアクセスできる聖天口~信貴山門の往復料金は1,940円。夕日駐車場へアクセスできる聖天口~生駒山上は往復料金720円(2018年1月調査時点)。

1. 鐘の鳴る展望台

カップルに勧めたいスカイライン最大級の夜景スポット
大阪平野の夜景を一望する(西方向)
大阪平野の夜景を一望する(西方向)

信貴生駒スカイラインを代表する夜景スポット。カップルから根強い人気があり、高さ12mの展望台に上がると大阪方面・奈良方面の両方の景色が見渡せ、雰囲気も抜群。二人で希望の鐘を鳴らし、幸せをお祈りするのもおすすめ。南京錠(予め用意)を取り付けられるモニュメントもあり、とてもロマンチックな雰囲気の中で夜景が楽しめます。展望台の最上階は2組ぐらいしか上るスペースが無いため、平日の方がゆったりと夜景を楽しめると思います。

■所在地:奈良県平群町櫟原  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/kanenonaru/

2. 山頂展望台(十三峠駐車場)

大阪平野のパノラマ夜景を一望できる展望台
夜景を楽しむカップル
夜景を楽しむカップル

鐘の鳴る展望台と並んで有名な夜景スポット。広大な駐車場の向かいが展望広場になっており、ベンチに座って大阪平野が一望できます。昔に比べて木々の成長で視界は狭くなっていますが、それでも十分に見応えのある夜景が楽しめることでしょう。

■所在地:大阪府八尾市神立  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/santyou/

3. 立石越え

車内から大阪平野を一望できるスカイラインの夜景
車を停めて夜景を観賞
車を停めて夜景を観賞

信貴生駒スカイラインの夜景スポットの中でも聖天口料金所から最も遠い場所にあるため、混雑感なく、夜景を楽しめます。駐車場が空いている時であれば、車を斜め向きに駐車させれば、フロントガラス越しに夜景を楽しめるのも嬉しいポイント。鐘の鳴る展望台などが混雑している時にこちらを訪れても良さそうですね。

■所在地:奈良県平群町久安寺  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/tateishi/

4. パノラマ駐車場

大阪・奈良方面の両方を見渡せる整備された展望公園
公園内の雰囲気
公園内の雰囲気

信貴生駒スカイラインの夜景スポットの中で奈良方面の視界が優れた公園。大阪平野の夜景に比べると光量は控えめですが、落ち着きのある夜景が楽しめますよ。

■所在地:大阪府東大阪市豊浦町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ikoma_south_parking/

5. 夕日駐車場

車内から大阪平野の夜景を一望できる激戦区スポット
車内から夜景を楽しむ
車内から夜景を楽しむ

夕日駐車場は鐘の鳴る展望台や山頂展望台と異なり、聖天口料金所から往復720円で通行できることから、特に混雑しやすい場所です。視界は他の夜景スポットに比べてそれほど広くありませんが、車窓から夜景を楽しめることもあり、カップルに人気があります。夕暮れの早い時間からベストポジションをキープすると良いでしょう。

■所在地:大阪府大東市上石切町2丁目  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/daiichi/

6. 朝日第一駐車場

奈良方面の夜景を車内から観賞できる穴場スポット
駐車場の雰囲気
駐車場の雰囲気

パノラマ駐車場から南下してすぐ左手に見える小さな駐車場からは奈良方面の夜景が視界一面に広がります。車窓からも夜景が楽しめ、混雑感も少ないので、ゆったりと夜景を観賞できます。

■所在地:奈良県生駒市西畑町  [ 地図 ]
■詳細URL: https://www.nightview.info/yakei/detail/ikoma_south_parking2/

信貴生駒スカイラインに限らず、生駒山周辺には夜景スポットが数多くあり、実は無料で夜景が楽しめる場所もあります。無料の夜景スポットは「【無料!】ドライブデートにも使える生駒エリアの夜景スポット10選」でも紹介しているので、合わせて参考にして下さいね。