海芝公園の工場夜景スポット

MENU

工場夜景ガイド

海芝公園

うみしばこうえん(Umishiba Park)
ランキング [   全国   ]  170/202位
エリア ]  7/7位

鶴見つばさ橋や扇町の工場が見渡せる公園

 最終更新日:2016-09-09

基本情報

Basic information
気象条件
本日の日の入りタイム:16:29
本日の夜景ベストタイム:16:56
所在地
神奈川県横浜市鶴見区末広町
地図
ロケーション 公園・山

環境
営業・観賞時間 9:00~20:30まで
入場料金など JRの往復運賃が必要
注意点 東芝側の施設は写真撮影禁止となっています
関連サイト 公園や自然5 横浜市鶴見区
夜景INFO 「海芝公園」の夜景スポット情報

評価

Evaluation
  • 美しさ
  • 雰囲気
  • アクセス
  • 撮影難易度
  • 総合評価

    東芝関係者以外が改札から出られないという珍しさから夜景ファンに限らず、鉄道ファンにも人気。一般開放された海芝公園は工場夜景ファンなら一度は訪れてみたい。

詳細レポート

Detailed report

目の前に海が広がるホーム

夜景マニアだけでなく、鉄道マニアの間でも有名なJR「海芝浦駅」。一見、何ら特徴の無いローカル線の駅らしい雰囲気がありますが、実質東芝関係者専用の駅になっており、一般利用者は駅のホームに降りることはできても、改札から外には出られないため、ホームで帰りの乗車券を購入してUターンする必要があります。

ただUターンするだけだと全く面白くないのですが、駅の隣に東芝が整備した「海芝公園」があり、公園内からライトアップされた鶴見つばさ橋を中心に扇島の東京ガス・扇島パワーなどの工場を見渡せます。遠くには大黒ふ頭や横浜ベイブリッジも見渡せ、西向きに視界が開けているため、トワイライトタイムは絶景が期待できます。

トワイライトタイムに夜空のグラデーションも写すなら標準レンズ、工場や橋をアップで写すなら望遠レンズが必要です。ブレさえ気をつければ特別なテクニックは必要ありません。

なお、川崎臨海部と隣接しているため、タイミングによっては川崎の工場夜景スポットと合わせての訪問も可能です。かなりマニアックな工場夜景スポットですが、工場夜景ファンなら一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めは全国の書店にて!(2017年11月22日発売)

詳細はこちら
 

アクセス情報

Access information
駐車場 無し
アクセス方法 <車での訪問>
JR鶴見線浅野駅付近にある入船公園駐車場に車を停め、海芝浦駅方面に向かう。本数が限られるため、事前に時刻表を要確認。
近隣の駅 (1) JR鶴見線「海芝浦駅」直結0

工場夜景スポットの地図

Factory night view map
緯度:35.485779/経度:139.700164
マップコードを確認

※カーナビでマップコード(MAPCODE)を利用するにはDENSO製の「Navicon」をインストールして下さい。

近隣の工場夜景スポット(直線距離順)

Neighborhood Factory night view
 

海芝公園の工場夜景スポット情報に関するFAQ

  • Q: 現地へは公共交通機関(電車・バス等)で訪問できますか?

    A: 「JR鶴見線」の「海芝浦駅」が最寄り駅となります。 最寄り駅からバスやタクシー等で移動が必要な場合もあります。

  • Q: 工場夜景撮影におすすめのレンズの種類を教えて下さい。

    A: 「望遠ズームレンズ」 がおすすめです。単焦点レンズは使用頻度が少ない傾向となります。

  • Q: 本日(12月5日)の夜景ベストタイムは?

    A: 16:56前後の「トワイライトタイム」と呼ばれる空に青みが残る時間帯になります。日没の16:29頃を目安に訪問すると空の色の変化も楽しめます。 ただし、工場夜景は深夜でも光量が落ちにくいため、一般的な街の夜景ほど時間帯を気にしなくて大丈夫です。