千鳥橋の工場夜景スポット

MENU

工場夜景ガイド

千鳥橋

ちどりばし(Chidori Bridge)
ランキング [   全国   ]  130/202位
エリア ]  17/21位

水江町方面が写せる超難関撮影スポット

 最終更新日:2016-09-07

基本情報

Basic information
気象条件
本日の日の入りタイム:16:29
本日の夜景ベストタイム:16:56
所在地
神奈川県川崎市川崎区夜光2丁目
地図
ロケーション 道路・橋上

環境
夜景INFO 「千鳥橋」の夜景スポット情報

評価

Evaluation
  • 美しさ
  • 雰囲気
  • アクセス
  • 撮影難易度
  • 総合評価

    昼夜を問わず大型車両の交通量が多く、足場が常に揺れているため難易度が高いが、望遠レンズで遠くの製油所を狙う構図は綺麗な写真が撮れる。

詳細レポート

Detailed report

千鳥町エリアで貨物ヤード前に次ぐ有名スポット。片側2車線の短い橋ですが、東西両側に歩道が設けられており、工場夜景が撮影できるのは西側の歩道になります。歩道からは遠くに千鳥町・夜光の化学工場、水江町の製油所が見渡せ、視界は広いものの撮影の難易度は全国の工場夜景スポットの中で屈指の高さを誇ります。

車道は常に大型トラックやバスが通行しており、足場が非常に揺れます。工場との距離があるため、望遠レンズが必須となり、三脚を使ってもブレずに撮るにはタイミングの見極めが重要になります。どうしても揺れが気になる場合はISO感度を高め(400~1600程度)に設定しましょう。広角レンズで写すと作例のように手前のパイプラインが写り込んでしまい、望遠レンズ専用の撮影スポットであることを実感させられます。

路線バスでアクセスはしやすいですが、いきなりカメラ初心者が訪問するにはハードルが高いので、貨物ヤード前や東扇島で撮影を楽しんだ後に立ち寄る流れがおすすめです。付近に駐車場が無いため、路線バスでの訪問が良いでしょう。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めは全国の書店にて!(2017年11月22日発売)

詳細はこちら
 

アクセス情報

Access information
駐車場 無し
アクセス方法 [電車・バス]
JR「川崎駅」から市営バス「川04/05/07系」乗車 「日本触媒前」下車 徒歩3分
近隣の駅 (1) JR南武線「川崎駅」バス乗車0

工場夜景スポットの地図

Factory night view map
緯度:35.523485/経度:139.752137
マップコードを確認

※カーナビでマップコード(MAPCODE)を利用するにはDENSO製の「Navicon」をインストールして下さい。

近隣の工場夜景スポット(直線距離順)

Neighborhood Factory night view
 

千鳥橋の工場夜景スポット情報に関するFAQ

  • Q: 現地へは公共交通機関(電車・バス等)で訪問できますか?

    A: 「JR南武線」の「川崎駅」が最寄り駅となります。 最寄り駅からバスやタクシー等で移動が必要な場合もあります。

  • Q: 工場夜景撮影におすすめのレンズの種類を教えて下さい。

    A: 「望遠ズームレンズ」 がおすすめです。単焦点レンズは使用頻度が少ない傾向となります。

  • Q: 本日(12月10日)の夜景ベストタイムは?

    A: 16:56前後の「トワイライトタイム」と呼ばれる空に青みが残る時間帯になります。日没の16:29頃を目安に訪問すると空の色の変化も楽しめます。 ただし、工場夜景は深夜でも光量が落ちにくいため、一般的な街の夜景ほど時間帯を気にしなくて大丈夫です。