貸切バスで工場夜景スポットを巡る5つのメリット

川崎工場夜景貸切バス(スタジオグラフィックス)スタジオグラフィックス”会員向けの川崎工場夜景撮影会の様子。貸切バスに乗って工場夜景スポットを効率良く回った。三脚をトランクに積み込めるため、座席にもゆとりがあって快適。

工場夜景スポットへのアクセスは難しい!?

夜景撮影ブームの中で今最も熱い”工場夜景”。最近は全国各地で工場夜景クルージングに参加する観光客が増えており、海から眺める工場夜景も素晴らしいものがありますが、撮影となると陸地で三脚を立ててじっくり楽しみたいものです。

ところが、老若男女問わず多くの方から「1人じゃ行きづらい」「アクセスがわからない」「女性だから不安」などの声が多数寄せられます。実際、私が講師として参加した川崎工場夜景の撮影会・ツアーには九州から来られた女性や外国人の方もいらっしゃいました。自家用車があれば、カーナビに目的地をセットするだけでたどり着けますが、工場夜景スポットの多くは公道のため、車を停める場所を探す手間もかかります。周囲にはトイレや自販機、コンビニなども少なく、安全面も含め色々な意味でハードルが高くなります。

そこで結論から言いますが、工場夜景撮影を楽しみたい方には“貸切バスで移動する工場夜景撮影会・ツアー”への参加が最もおすすめです。今回は貸切バスを路線バスや観光バスと徹底比較してみました。

路線バスや観光バスでも工場夜景スポットは回れるが・・・

千鳥町のバス停先日、大手ストックフォトサイト「PIXTA」が主催する”路線バスで巡る工場夜景撮影会 in KAWASAKI”に講師として参加させて頂きました。当日は22名の参加者が集まり、渋谷のPIXTA本社で講義をしたあと、JR川崎駅から川崎市営バスに乗車して工場夜景スポットを3ヶ所回りました。

川崎市営バスは1日IC乗車券(510円 ※2016年9月時点)を発行しているため、1日に3回以上バスに乗るならお得に工場夜景スポットを回れます。撮影会では千鳥町・水江町の工場夜景スポットを回りましたが、路線バスで回れるという意外性が好評でした。ただ、路線によっては夜間の運行が少なくなるため、常に時刻表を気にする必要があり、大勢での移動だったため、特に混雑した車内では三脚など荷物を抱えての移動が少々大変でした。また、路線図から最寄りのバス停やルートを細かく調べる必要があり、事前調査には結構時間が取られます。(調査時間もある意味コストと言えます)

川崎市営バス 路線図(PDF)

一方、工場夜景観賞ツアーの観光バスに乗って工場夜景巡りをするのも一つの方法ですが、夜景撮影をメインで考えた場合、以下の3つのデメリットが考えられます。

  1. ”撮影”ではなく”観賞”がメインとなるため、1ヶ所の滞在時間が短め
  2. 移動中も観賞タイムに含まれる場合があり、車窓からの撮影は困難
  3. 路線バスに比べるとコストがかかる(10倍程度)

最近は旅行会社が工場夜景バスツアーを企画していますが、普段は入れない場所(工場敷地内など)に特別に入れるツアーもあるようです。ロケハンも兼ねてツアーに参加するのであれば十分に価値がありますが、撮影メインとなるとちょっと難しそうです。

貸切バス(撮影会)で巡る5つのメリット

路線バスや観光バス(観賞ツアー)に比べて、貸切バスでの移動が最もスムーズです。貸切バスを個人で借りるのは費用面からも敷居が高いですが、旅行会社が主催する撮影ツアーや写真サークルなど会員向けの撮影会に参加する方法があります。

撮影専門のツアーや撮影会の利点は、費用面では講師代が含まれるため観光ツアーよりも若干高くなりますが(1万円前後)、他の移動手段には無い5つのメリットがあります。

  1. 撮影前に事前講義が受けられる(講義の無いツアーもあり)
  2. 撮影スポットの滞在時間が比較的長い
  3. バスの車種によっては、三脚などをトランクに収納できる
  4. 撮影スポット間を効率良く回れる
  5. 共通の趣味を持った仲間と交流ができる

講義のあるツアー・撮影会であれば撮影経験が浅い方は特に撮影テクニックを基礎から学べ、おすすめの撮影スポットでの作例を解説してもらえることが多いので、カメラ初心者ほどおすすめです。正直、費用面以外はほぼメリットしかありません。

オススメ!貸切バスで回る全国の工場夜景撮影会・ツアー

工場夜景撮影会の様子撮影者向けの工場夜景撮影会・ツアーはニッチなジャンルのため開催数自体が少ないのですが、首都圏や関西圏は比較的充実しています。こちらでは夜景写真家 岩崎 拓哉が講師として参加させて頂く撮影会・ツアー(2016年開催分)をまとめました。

関東発の撮影会・ツアー

[ss url=”http://aska-sg.net/events/eventssg-on-the-road_nightview007/” width=”180″ class=”alignleft” alt=”横浜工場夜景撮影会” rel=”nofollow” ext=0 title=”2016年11月5日(祝)横浜工場夜景撮影会” caption=”スタジオグラフィックスが主催する横浜工場夜景&横浜ベイブリッジ撮影会。参加にはスタジオグラフィックスへの入会(無料)が必要。” hatebu=1 tweets=1 likes=1]

[ss url=”https://tabi.omni7.jp/7tabi/dom_tour/616044/” width=”180″ class=”alignleft” alt=”川崎工場夜景撮影バスツアー” rel=”nofollow” ext=0 title=”2016年11月26日(土)川崎工場夜景撮影バスツアー” caption=”セブン旅netが主催する工場夜景バスツアー。撮影時間をたっぷり用意!三脚無料貸出サービスも受けられる。” hatebu=1 tweets=1 likes=1]

[ss url=”http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour_tmp.aspx?ToCd=TD&p_company_cd=1002000&p_from=800000&p_baitai=945&p_baitai_web=Z997&p_course_no=557913″ width=”180″ class=”alignleft” alt=”富士工場夜景バスツアー” rel=”nofollow” ext=0 title=”2016年12月14日(水)・23日(祝) 富士工場夜景撮影ツアー” caption=”クラブツーリズムが主催する富士工場夜景撮影ツアー。工場夜景サミットの開催に合わせて企画。夕食(お弁当)つき。” hatebu=1 tweets=1 likes=1]

関西発の撮影会・ツアー

[ss url=”http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=08900A3&p_hei=30″ width=”180″ class=”alignleft” alt=”姫路工場夜景バスツアー” rel=”nofollow” ext=0 title=”2016年12月9日(金)・12月10日(土)姫路工場夜景撮影ツアー” caption=”阪急交通社が主催する姫路工場夜景撮影ツアー。関西最大級の工場夜景エリア・姫路の人気スポットを回ります。” hatebu=1 tweets=1 likes=1]

これからの時期は空気が澄んで、夜景がキレイに撮れる日が多いので、機会があれば工場夜景撮影会・ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?